肉芽腫とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > 細胞 > 芽腫 > 肉芽腫の意味・解説 

肉芽腫 [Granuloma]

 肉芽種(にくげしゅ)という用語はかっては肉芽組織から成る腫瘤(しゅりゅう)または腫瘍(しゅよう)を指したが、現在は炎症性のものをいう。普通の肉芽組織がつくる腫瘤マクロファージ(貪食細胞)あるいは類上皮細胞結節状に増殖するものとがある。結核型の肉芽腫では病巣中心壊死(えし)をおこす。

肉芽腫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/04/17 18:17 UTC 版)

肉芽腫(にくがしゅ、慣習的に「にくげしゅ」とも[1]英語: granuloma)は、炎症反応による病変のひとつであり、顕微鏡的に類上皮細胞マクロファージ組織球、巨細胞などの炎症細胞が集合し、この周囲をリンパ球形質細胞と線維組織が取り囲んでいる巣状病変のことである。免疫刺激の少ない異物により惹起される異物性肉芽腫と免疫反応を引き起こす不溶性粒子により惹起される免疫性肉芽腫に分類される。


  1. ^ 日本大腸肛門病学会ホームページ内の用語集(ナ行)
  2. ^ Murray (1999)
  3. ^ 三田村忠行 (1999)。
  4. ^ 山木戸道郎 (1999)。
  5. ^ Sell, Stewart & Wisecarver, James L. (1996), p.585


「肉芽腫」の続きの解説一覧





肉芽腫と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

肉芽腫に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「肉芽腫」の関連用語

肉芽腫のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ミメット鉱

ゆりかもめ

ディレード ヒット

道保川公園のせせらぎと野鳥の声

ツバフウセンタケ

階段

白山国立公園

オレンジエッジ・プレコ L122





肉芽腫のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
微生物管理機構微生物管理機構
Microbes Control Organization Ver 1.0 (C)1999-2017 Fumiaki Taguchi
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの肉芽腫 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS