結節とは?

けっ‐せつ【結節】

[名](スル)

結び合わせること。

結ばれて節(ふし)となること。また、そのもの

皮膚にできる発疹(ほっしん)のうち、丘疹(きゅうしん)よりも大きく腫瘤(しゅりゅう)よりも小さいもの。

解剖学で、盛り上がった肥厚部。


結節

読み方けっせつ
【英】:Tuberculum,Tubercle

周囲から比較的はっきりと区別された肥厚部。骨の表面から飛び出しているが鈍端を呈するもの。比較おおきなものをTuberと呼ぶ。(例:オトガイ結節耳介結節など)

結節

【英】:Nodule

触ると塊状のものを感じる。大きくなる肉眼的に異常な隆起として観察される。膿疱水疱状の柔らかいもの、硬いものがある徐々に肥大することが多い。
マウスラットウサギイヌサル  部位程度形状、数、サイズ

結節

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/02/14 07:56 UTC 版)

結節(けっせつ、nodule)とは直径1cm以上の充実性の隆起。発疹の分類の一つ。丘疹より深く真皮あるいは皮下組織に及ぶ。炎症性細胞、腫瘍細胞の浸潤、代謝産物の蓄積により形成される。




「結節」の続きの解説一覧



結節と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「結節」の関連用語

結節のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



結節のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
船戸和弥のホームページ船戸和弥のホームページ
Copyright (C) 2021 船戸和弥のホームページ All rights reserved.
国立医薬品食品衛生研究所国立医薬品食品衛生研究所
COPYRIGHT (C) 2021 National Institute of Health Sciences ALL RIGHTS RESERVED.
微生物管理機構微生物管理機構
Microbes Control Organization Ver 1.0 (C)1999-2021 Fumiaki Taguchi
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの結節 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS