クラスタとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > クラスタ > クラスタの意味・解説 

クラスター

別名:クラスタ
英語:cluster

クラスターとは、クラスターの意味

クラスターとは、もとはブドウの房の意味であり、そこから転じて、ある属性基づグループ化された集団意味する語のこと。具体的には、年齢性別居住地域どの人統計学基づデータや、趣味生活スタイル思想など心理的側面基づデータからグループ分けした集団を指す。日本語では、「群れ集団、塊、房」と表現する

クラスターの語はIT分野や天文学の分野で使われている

クラスターは、さまざまな分野用いられる用語である。IT分野では、複数コンピュータ統合させて、1つシステムとしてまとめることをクラスターという。「クラスターあたりの空き容量増やす」など、ディスク装置メモリ単位としても使用される

日本の大学においては学部間で関連性のある科目まとめたものをクラスターと呼んでいる。大学におけるクラスター制度とは、さまざまな分野横断的、かつ専門的に学べる仕組みを指す。

天文学においては、星が集合している状態を「スタークラスター」と呼ぶ日本語の「すばる」に当たるものもスタークラスターの1つである。まばらに集まっている星をオープンクラスター、球状丸く集まっている星団をグローブラークラスターという。

クラスターの類語には集団固まりなどがある。英語の cluster類語group である。

新型コロナウィルス感染症(COVID-19)におけるクラスターとは

2020年流行した新型コロナウィルス感染症COVID-19)など、疫学におけるクラスターとは、ある時間、またはある地域内において、疾患障害発生率異常な高さに及ぶ集団をいう。単に患者集団ともいう。特定の場所人々グループにおいてクラスターが発生することを「クラスター化する」という。

クラスター(患者集団)、または1人患者新たなクラスターを作り出すことをクラスター感染という。

クラスター分析は、個人集団意見状況などから共通する目を集めて分析し調査活かす手法のことである。クラスター分析を行うことによって、共通の症状や行動を抽出でき、その後のクラスター発生拡大防止につなげることができる。クラスター分析の手法には、階層クラスター分析」と「非階層クラスター分析」がある。階層クラスター分析は、調査項目樹形図落とし込みそれぞれの項目がどの程近しい距離にあるかを分析する手法である。

項目同士は、低階層ほど近い関係にあり、高階層で結びつくほど遠い関係にあることが分かる。低階層にある近しい関係の目に焦点当てて分析をすることで、クラスターに対応すべき方法導き出すことが可能となる一方で、「非階層クラスター分析」とは、アンケート調査行い回答結果傾向別にクラスターに分けて分析する方法である。回答者1人ひとり傾向や行志向比較できるため、より細かいデータ分析向いているこのようなクラスター分析実施により、クラスター感染経路発生原因二次感染状況における共通項目あぶり出し、クラスター発生拡大防止のための手段を検討できることとなる。

「クラスタ」は特徴の際立って共通する集団のこと

クラスターは集団を表す言葉であるが、単なる集まりというよりも、特徴際立って共通する集団について使われることが多い。例えば、趣味エンターテイメント分野嗜好思想特徴的な仲間同士は「クラスター」から音引き省いて「クラスタ」と呼ばれる用例としては「文学クラスタ」「○○アーティストなど)クラスタ」などがある。


クラスタ

主にネット上良く使われるある人物モノに対して愛着をもっている集団または集団一員意味する語。英語の「cluster」(=集合、房)から生まれた言葉である。クラスタの前に愛着をもつモノの名前をつけて使う。

クラスター

(クラスタ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/04 07:03 UTC 版)

クラスターないしクラスタ (cluster) は、英語の単語で、「」「集団」「群れ」のこと。




「クラスター」の続きの解説一覧

クラスタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/12 07:37 UTC 版)

索引 (データベース)」の記事における「クラスタ」の解説

複数データベース複数テーブル結合される場合、それはクラスタと呼ばれる。(前述のクラスタ化インデックス混同しないこと)クラスタキーの値を共有するテーブルレコードは、同じまたは近くデータブロック一緒に保存されるものとするこれにより一致するレコード一緒に保存され、それらを見つけるために必要なI/O少なくなるため、クラスタキーでのこれらのテーブル結合時の速度改善される。 クラスタ構成は、クラスタの一部であるテーブルのデータレイアウトを定義する。クラスタはB木インデックスまたはハッシュテーブル使用してキー設定する。テーブルレコードが格納されるデータブロックは、クラスタキーの値によって定義される

※この「クラスタ」の解説は、「索引 (データベース)」の解説の一部です。
「クラスタ」を含む「索引 (データベース)」の記事については、「索引 (データベース)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「クラスタ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「クラスタ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



クラスタと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

クラスタのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



クラスタのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2022 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
アライドテレシス株式会社アライドテレシス株式会社
Copyright(c)2022 Allied Telesis K.K. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのクラスター (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの索引 (データベース) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS