マザーボードとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > マザーボードの意味・解説 

マザーボード【motherboard】

読み方:まざーぼーど

CPU主記憶装置など主要な部品装着したパソコン心臓部ともいえるボードメーンボード

「マザーボード」に似た言葉

マザーボード

別名:メインボード
【英】mother board, main board, MB, M/B

マザーボードとは、コンピュータ部品のひとつで、CPUメモリーなどパソコン主要な電子部品搭載したプリント基板のことである。

主な構成部品としては、CPUROMRAMチップセット、クロックジェネレーター、PCIスロット各種コネクターPS/2コネクターUSBコネクターFDDコネクター)などがある。

電子回路のほかの用語一覧
電子回路・電子部品:  コッククロフト-ウォルトン回路  コンパレータ  LPC  マザーボード  メタステーブル  脈流  NLX仕様

マザーボード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/01/06 00:10 UTC 版)

マザーボード (: motherboard) とは、電子機器で使用される最も主要な電子回路基板のこと。MB[1]と略される。メインボード[1][2][3][4][5]システムボード[2]ロジックボード[6][7]とも呼ばれる。


注釈

  1. ^ かつては規格に沿ったマザーボードが単体販売されていたが、現在は組み込み用のOEM向けのみで単体販売はされていない。
  2. ^ かつては規格に沿ったマザーボードが単体販売されていたが、既に撤退しており、現在はIntel NUC向けのみ製造されているものの、マザーボードの単体販売はされていない。
  3. ^ 組み込み用のOEM向けのみで単体販売はされていない。
  4. ^ かつて自作ショップを展開していたTWOTOPの事。1990年代~2000年初め頃にかけてショップ独自設計のマザーボードを発売していた

出典

  1. ^ a b 芹澤正芳、山本倫弘、オンサイト(著):『自作PC完全攻略 Windows 8/8.1対応』、技術評論社、2014年、ISBN 978-4-7741-6731-2、21ページ。
  2. ^ a b 『見やすいカタカナ新語辞典』、三省堂、2014年、ISBN 978-4-385-16047-4、697ページ。
  3. ^ 岡本茂(監修)大島邦夫、堀本勝久(著):『2009-10年版最新パソコンIT用語事典』、技術評論社、2009年、ISBN 978-4-7741-3669-1、1057ページ。
  4. ^ 秀和システム第一出版編集部(編):『最新標準パソコン用語事典 2013-2014年版』、秀和システム、2013年、ISBN 978-4-7980-3758-5、668ページ。
  5. ^ 日経パソコン(編):『日経パソコン用語事典2012』、日経BP社、2011年、ISBN 978-4-8222-6940-1、936ページ。
  6. ^ 秀和システム第一出版編集部(編):『最新標準パソコン用語事典 2013-2014年版』、757ページ。
  7. ^ ロジックボード - ASCII.jpデジタル用語辞典.2013年11月26日閲覧。
  8. ^ インテルNUC”. インテル株式会社. 2019年12月28日閲覧。
  9. ^ 【懐パーツ】デュアルSocket 370初のDDR266対応マザー「Iwill DVD266-R」
  10. ^ いにしえのSOYOブランドを冠したRyzenマザーボード
  11. ^ FREEWAY DESIGN復活! メディアベイ付きの多目的マザーが予約開始
  12. ^ ASUS、24時間365日の連続稼働OKの高耐久マザーボード”. PC Watch (2015年6月20日). 2018年2月24日閲覧。


「マザーボード」の続きの解説一覧

マザーボード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/11 04:51 UTC 版)

PCサーバ」の記事における「マザーボード」の解説

通常のPC1枚のマザーボードに1個のCPU搭載しているのに対して一般的なミドル/ハイエンド向けサーバ用マザーボードは1枚に2個や4個のCPU搭載可能なものが多い。また、2000年代中頃以降にCPUマルチコア化したことで、PCサーバ機用のマザーボードに搭載可能なCPUコアの上限が数十個ほどに上昇した

※この「マザーボード」の解説は、「PCサーバ」の解説の一部です。
「マザーボード」を含む「PCサーバ」の記事については、「PCサーバ」の概要を参照ください。


マザーボード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/29 05:12 UTC 版)

GIGABYTE」の記事における「マザーボード」の解説

日本ではASUSASRockMSI次いで4位シェアを持つ。

※この「マザーボード」の解説は、「GIGABYTE」の解説の一部です。
「マザーボード」を含む「GIGABYTE」の記事については、「GIGABYTE」の概要を参照ください。


マザーボード(図中2)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/21 22:36 UTC 版)

自作パソコン」の記事における「マザーボード(図中2)」の解説

選択したマザーボードの仕様によって、使用可能なCPUメモリー規格および搭載できる量、拡張ボード規格および搭載できる数が決まる。

※この「マザーボード(図中2)」の解説は、「自作パソコン」の解説の一部です。
「マザーボード(図中2)」を含む「自作パソコン」の記事については、「自作パソコン」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「マザーボード」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「マザーボード」の例文・使い方・用例・文例

  • マザーボード
Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「マザーボード」の関連用語

マザーボードのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



マザーボードのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2023 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリマザーボードの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのマザーボード (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのPCサーバ (改訂履歴)、GIGABYTE (改訂履歴)、自作パソコン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS