拡張カードとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 拡張カードの意味・解説 

かくちょう‐カード〔クワクチヤウ‐〕【拡張カード】

読み方:かくちょうかーど

拡張ボード


拡張カード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/12 14:47 UTC 版)

拡張カード(かくちょうカード、: expansion card)、または拡張アダプターとは、コンピュータなどの情報機器で、機能を拡張するための小型のプリント基板を内蔵したカード(アダプター)である。




「拡張カード」の続きの解説一覧

拡張カード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/21 22:36 UTC 版)

自作パソコン」の記事における「拡張カード」の解説

PC/AT互換機主な拡張スロットインターフェースには、ISAPCIPCI Expressがあるが、ISA2000年代前半までにほぼ消滅したまた、ビデオカード向けの拡張バスPCIからAGP経てPCI Express移行している。近年高速なデバイスにはPCI Expressそれ以外PCIと言う棲み分けになっていたが、2017年現在ではPCI一本持たず拡張スロット全てPCI Expressであるマザーボードもある。

※この「拡張カード」の解説は、「自作パソコン」の解説の一部です。
「拡張カード」を含む「自作パソコン」の記事については、「自作パソコン」の概要を参照ください。


拡張カード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/10 07:47 UTC 版)

ラブレター (カードゲーム)」の記事における「拡張カード」の解説

ここではオリジナルバージョン入っている拡張カードのみ紹介することにする。オリジナルバージョンの場合、通常カードの同じ強さカード入れ替えるか、強さ無しの場合は単純に山札追加して使用する強さ7 女侯爵 2枚の手のうち片方がこのカードでかつ強さ合計12以上になったら、必ずこのカード使用しなければならない。但し強さ合計11下の場合使用できないということはなく、その場合でもこちらを使用して良い。このカード使用することによる効果はない。大臣との大きな違い脱落しないことである。オリジナルバージョン強さ7のデフォルトカードは大臣の方でこちらは差し替えカードとなっているが、海外版ではこちらの効果カード強さ7のデフォルトカードとなっている。海外版でなくともこちらの効果カードデフォルトで、大臣効果カードがないもしくは差し替えカードとなっているバージョンも多い。 強さ8 王子 通常の「姫」と同じ効果女性だけでプレーするときに「姫」の代わりに使われる設定上は通常の「姫」の実弟。 姫(眼鏡) このカードを持っているプレイヤー脱落した場合山札から新たにカード1枚引いて復帰することができる。山札が0のときにこのカードを持っているプレイヤー脱落した場合ゲーム開始前裏向き除外したカード復帰する脱落なかったことにするわけではなく、一旦脱落した即座に復帰する効果なので、脱落時に持ってカード全て捨て札に置き、山札から新たに引いたカードから再スタートすることに注意が必要である。通常の「姫」と違い、このカード捨て札としても脱落にはならない。このカード使用することによる効果はない。設定上は通常の「姫」の異母妹次女。 姫(ショート) このカード捨て札としたプレイヤー脱落しその時点でゲーム終了する通常の「姫」と同様、「魔術師」の効果捨てさせられた場合でも脱落しゲームも即終了となる。設定上は通常の「姫」の実妹三女伯爵夫人 このカード使用することはできない最後の強さ比べになったときにこのカードを持っているプレイヤー脱落する。「魔術師」の効果捨てることはでき、脱落にもならないので、「魔術師」は「伯爵夫人」の呪縛から逃れるのに有効になる。但し「伯爵夫人を持って限り勝てないということはなく、他プレイヤー全員脱落させれば勝ちであり、勝利ポイント2を得るための唯一の手段でもある強さ無し 王 このカード手札にしたプレイヤー脱落する最初にこのカード配られ場合脱落である。5人以上でプレーするときのみ入れることが推奨されている。「魔術師」の効果での交換先がこのカード可能性もあるので、これによる脱落狙いで「魔術師」が使われることもある。脱落なかったことにできる場合のあるルール使用されることはない脱落なかったことにしたところで「王」手札持った態でゲーム続行することは不可能であるため。但し脱落して復帰できるルールでの使用可能である。)。設定上は通常の「姫」の父親その他にバージョンによってさまざまな拡張カードがある。中には強さが0や9のものや、ゲーム終了時強さ変わるものもある。

※この「拡張カード」の解説は、「ラブレター (カードゲーム)」の解説の一部です。
「拡張カード」を含む「ラブレター (カードゲーム)」の記事については、「ラブレター (カードゲーム)」の概要を参照ください。


拡張カード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 05:32 UTC 版)

FM TOWNS」の記事における「拡張カード」の解説

初代から用意されたビデオカードTOWNS最大の特徴と言われビデオ入力端子(またはS端子)から動画取り込みが行えた。MIDIカード後にGS音源搭載したものもあった。LANカード存在したWindows使用可能なグラフィックアクセラレータもある。

※この「拡張カード」の解説は、「FM TOWNS」の解説の一部です。
「拡張カード」を含む「FM TOWNS」の記事については、「FM TOWNS」の概要を参照ください。


拡張カード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/20 02:02 UTC 版)

パーソナルコンピュータ」の記事における「拡張カード」の解説

詳細は「拡張カード」を参照 拡張カードは用途に応じてコンピュータ拡張できるビデオ映像信号ディスプレイ表示するビデオカードネットワーク接続用のネットワークカード音声出力用のサウンドカードなどがある。@media screen{.mw-parser-output .fix-domain{border-bottom:dashed 1px}}近年[いつ?]ではいずれ機能メインボード上に標準搭載され、ポータブルマシンでは拡張スロット自体がないことも多い。 特にリアルタイムの3次元コンピュータグラフィックス (3DCG) 処理は負荷高く3D CAD利用3DCG作成3Dゲームといった用途にはオンボードGPUCPU内蔵GPUでは十分な性能得られないことから高性能なdGPU (discrete GPU) と専用VRAM搭載したビデオカード利用することが多い。DirectX 10世以降はGPU汎用計算利用するGPGPUにも対応しており、科学計算物理演算汎用画像処理動画エンコーディングなどのハードウェアアクセラレーション用途でもビデオカード効果を発揮する。

※この「拡張カード」の解説は、「パーソナルコンピュータ」の解説の一部です。
「拡張カード」を含む「パーソナルコンピュータ」の記事については、「パーソナルコンピュータ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「拡張カード」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「拡張カード」の関連用語

拡張カードのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



拡張カードのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ拡張カードの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの拡張カード (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの自作パソコン (改訂履歴)、ラブレター (カードゲーム) (改訂履歴)、FM TOWNS (改訂履歴)、パーソナルコンピュータ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS