ワークステーションとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 情報 > コンピュータ > ワークステーション > ワークステーションの意味・解説 

Work Station ワークステーション

もともとの意味は、TSRが日的な仕事をするエリアをいう。

ワークステーション

UNIX OS搭載しているコンピュータのこと。また、NetWareWindows NTなどではサーバーマシンに対するクライアントマシンのことを指す。

関連用語


ワークステーション

別名:WS
【英】workstation

ワークステーションとは、一般的に業務上高度に専門的処理負荷の高い作業を行うために、一般向けPCよりもハイスペック組み上げられた、主に個人業務用途利用されるコンピュータのことである。

ワークステーションは、1980年代UNIX搭載したサーバークライアントとして登場しUNIXワークステーションとも呼ばれた1990年代には、RISCアーキテクチャ高性能CPUや、大容量メモリ独自のアーキテクチャなどが採用され当時PCとは比較にならないほど高い性能実現していた。

ワークステーションで扱われる業務内容例としては、CADグラフィックデザインDTP科学技術計算などがある。特に1980年から1990年代にかけてはエンジニア向けに計算能力強化されEWSEngineering Workstation)や、デザイナー向けにグラフィック機能強化されGWSGraphics Workstation)などがプロフェッショナルに好んで用いられた。

1990年代後半頃から、一般的向けに提供されているPC処理能力飛躍的に向上し高度なネットワーク機能グラフィックス機能搭載されるようになリ始めたその一方で、WindowsベースPCワークステーション(Windowsワークステーション)が普及登場し、ワークステーションとハイエンドPCとの区別明瞭でなくなり始めた

システム全体安定性可用性の高さでは、ワークステーションの方明らかに優れているという指摘もある。それでも近年ハイエンドPCは、高可用性実現しており、ワークステーションとPC区別は一層曖昧になってきている。筐体の形状、あるいは、スペック価格おいても最近ではほぼ同レベルになっている2008年7月現在、HPDELLNEC富士通LenovoなどのPCベンダーが、PCとワークステーションの両方発売しているが、ワークステーションとハイエンドPCとを差異化する要素各社によって異なるといえる

コンピュータのほかの用語一覧
表示装置:  ワイヤレスディスプレイ
高性能コンピュータ:  オフコン  ペタコン  ファクトリーコンピュータ  サーバー  ULP-HPC  ワークステーション

ワークステーション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/26 09:41 UTC 版)

ワークステーション英語: workstation, 頭字語: WS)は、組版科学技術計算CADグラフィックデザイン、事務処理などに特化した業務用の高性能なコンピュータである。耐久性も一般のPCとは比較にならないほど高く、長時間の連続稼働が必要な高負荷計算を安定して行う用途に向いている。価格は100万円超えが珍しくない程に高価で、一般向けよりも法人向けに販売されている。


  1. ^ NVIDIA Quadro”. 2013年3月31日閲覧。
  2. ^ HP Workstation グラフィックス リファレンスガイド - graphics_card_reference_guide.pdf
  3. ^ Mac向けGeForce GTX 285”. 2013年3月31日閲覧。
  4. ^ Mac OS X Leopard Achieves UNIX 03 Product Standard Certification”. web.archive.org (2008年7月5日). 2022年3月28日閲覧。


「ワークステーション」の続きの解説一覧

ワークステーション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/17 03:35 UTC 版)

プロサイド」の記事における「ワークステーション」の解説

VEXシリーズ(Intel 486シリーズCPU搭載メモリハードディスク等はCTO対応。拡張バスは、EISAVESAのすべて32ビット対応。) Astrike WSシリーズ(Intel Pentium 4搭載メモリハードディスク等はCTO対応。) AEW216シリーズ(AMD Opteron搭載メモリハードディスク等はCTO対応。)

※この「ワークステーション」の解説は、「プロサイド」の解説の一部です。
「ワークステーション」を含む「プロサイド」の記事については、「プロサイド」の概要を参照ください。


ワークステーション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/07 01:59 UTC 版)

銀の弾などない」の記事における「ワークステーション」の解説

ワークステーション (プログラム開発のための作業用コンピュータ) の性能は、飛躍的に向上したプログラム文書作成には、現在のワークステーションの性能で既に十分であり、ワークステーションの性能が現在以上に向上して生産性寄与する余地はないプログラムコンパイルは、特にワークステーションの性能必要とする作業だが、現在のワークステーションの性能でも、既にほとんど生産性阻害要因とならない水準になっている

※この「ワークステーション」の解説は、「銀の弾などない」の解説の一部です。
「ワークステーション」を含む「銀の弾などない」の記事については、「銀の弾などない」の概要を参照ください。


ワークステーション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/20 02:02 UTC 版)

パーソナルコンピュータ」の記事における「ワークステーション」の解説

詳細は「ワークステーション」を参照 主に用途による分類で、大型コンピュータクライアント高性能処理能力持たせたものが起源CADなどの画像処理ディーリングなどの金融端末用いられるかつては独自のアーキテクチャ採用していたが、今日ではPC流用したものが多い。

※この「ワークステーション」の解説は、「パーソナルコンピュータ」の解説の一部です。
「ワークステーション」を含む「パーソナルコンピュータ」の記事については、「パーソナルコンピュータ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ワークステーション」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「ワークステーション」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



ワークステーションと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ワークステーション」の関連用語

ワークステーションのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ワークステーションのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JERICHO CONSULTINGJERICHO CONSULTING
Copyright (C) 2022by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved.
テレマーケティングジャパンテレマーケティングジャパン
Copyright (C)TELEMARKETING JAPAN, INC
アライドテレシス株式会社アライドテレシス株式会社
Copyright(c)2022 Allied Telesis K.K. All Rights Reserved.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリワークステーションの記事を利用しております。
ダイキン工業ダイキン工業
Copyright (C) 2022 DAIKIN INDUSTRIES, ltd. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのワークステーション (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのプロサイド (改訂履歴)、銀の弾などない (改訂履歴)、パーソナルコンピュータ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS