デジタルコンピュータとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 情報 > コンピュータ > コンピュータ > デジタルコンピュータの意味・解説 

コンピュータ

(デジタルコンピュータ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/01/16 16:19 UTC 版)

コンピュータ: computer)は、広義には、計算やデータ処理を自動的に行う装置全般のことであり[1]、現在では[注釈 1]とくに断らないかぎりエレクトロニクス技術を用いたエレクトロニック・コンピュータ(: electronic computer、漢字表記では電子計算機)を指している[1]


注釈

  1. ^ 「現在」と言っても、あくまで出典の『日本大百科全書』の【コンピュータ】記事の改訂版が書かれた1990年代や2000年ころの話。
  2. ^ 長音符の扱いについて、JISのルールと国語審議会のルールが食い違っている。(長音符#長音符を付ける流儀・付けない流儀参照) JIS Z 8301では長音符を付けない、というルールが提示されており、それに沿う形で工学専門書では長音符をつけない。工学分野の論文でも長音符をつけないのが一般的である。それに対して国語審議会の報告に沿った基準では長音符をつけるとしており、新聞社放送局、小中学校教科書などでは長音符付きで表記している。コンピュータ関連のメーカーに関しては、会社ごとに対応が別れている。マイクロソフトの日本法人は(もともとはJISの規定のほうを尊重し「2音の用語は長音符号を付け、3音以上の用語の場合は省くことを原則とする」という規定(JIS Z 8301:規格票の様式及び作成方法)に即した表記ルールを採用していたが)、2008年11月に、あくまで自社製品に関してのみの話として、国語審議会の報告のほうの影響を受けた内閣告示をもとにした「言語の末尾が-er、-or、-arなどで終わる場合に長音表記をつける」というルールに変更するとした[1]。同社の担当者は、一般消費者は工業系・自然科学系の末尾の長音を省略する傾向の表記に対して違和感を感じていて、コンピュータが一般消費者の必需品になるにつれて違和感を感じる人の割合が増加してきたからだ、といった主旨の説明を述べた[2]。ただしメーカーにより主なユーザの範囲が異なり、表記方法も異なる。
  3. ^ 英語版の記事 en:Usage share of operating systems#Supercomputers にUNIXとLinuxのシェア入れ替わりのグラフが掲載されている。
  4. ^ 21世紀の現在、「NTT研究所」は研究開発分野ごとにサービスイノベーション、情報ネットワーク、先端技術の3総合研究所とIOWN総合イノベーションセンターの4つに分かれている。

出典

  1. ^ a b c 『日本大百科全書』コンピュータ
  2. ^ Introduction to Embedded Systems
  3. ^ "So, How Many Smartphones Are There in the World?"
  4. ^ HOW MANY COMPUTERS ARE THERE IN THE WORLD?
  5. ^ 『日本における計算機の歴史 : 富士通における計算機開発の歴史』NAID 110002753426§3.1
  6. ^ 全国書誌番号:57000106
  7. ^ [3]
  8. ^ a b c 組み込みOSのAPIはTRON系OSがシェア60%、24年連続トップ
  9. ^ [4]
  10. ^ [5]
  11. ^ Universiteit van Amsterdam Computer Museum (2007)
  12. ^ RTD Net: "From various sides Konrad Zuse was awarded with the title "Inventor of the computer"."
  13. ^ GermanWay: "(...)German inventor of the computer"
  14. ^ Monsters & Critics: "he(Zuse) built the world's first computer in Berlin"
  15. ^ "Konrad Zuse earned the semiofficial title of "inventor of the modern computer", About.com
  16. ^ 竹井和昭「開発物語 みどりの窓口の予約システム「マルス」の開発史」『通常ソサイエティマガジン』第13巻第1号、電子情報通信学会、2019年、 58-67頁、2020年5月26日閲覧。
  17. ^ 旅客販売総合システム「マルス」”. JRシステム. 2020年5月26日閲覧。



デジタルコンピュータ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/08 05:00 UTC 版)

デジタルメディア」の記事における「デジタルコンピュータ」の解説

機械読み取り可能なメディア使用されたが、バベッジ機関自動ピアノジャカード織機、またその他の初期の計算機多くは、それ自体アナログコンピュータであり、物理的機械的な部分があった。デジタルコンピュータの出現によって、最初の真のデジタルメディア現れた。デジタルコンピュータは情報保存・処理するために二進法ブール代数使用しコンピュータ構成上の1つ構造部多くの異なる処理を実行することを可能にしている。最初の現代的なプログラム組めるデジタルコンピュータであるManchester Mark IEDSACは、互いに独立して19481949年開発された。現在のコンピュータとは多くの点で異なっているが、これらの機器には自身の論理演算コントロールするソフトウェア内蔵されていた。そのソフトウェア二進数、即ち0と1組合せ何百もの記号をなす体系コード化されていた二進数の「1」と「0」を、デジタルメディアの「ディジット」という。

※この「デジタルコンピュータ」の解説は、「デジタルメディア」の解説の一部です。
「デジタルコンピュータ」を含む「デジタルメディア」の記事については、「デジタルメディア」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「デジタルコンピュータ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「デジタルコンピュータ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



デジタルコンピュータと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「デジタルコンピュータ」の関連用語

デジタルコンピュータのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



デジタルコンピュータのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのコンピュータ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのデジタルメディア (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS