IPadとは? わかりやすく解説

iPad

読み方アイパッド

iPadiPadとは、Apple販売するタブレット型端末シリーズの名称である。iPhoneiPod touch同じくモバイルOSiOS」をプラットフォームとする「iOSデバイスファミリー構成する

iPadの初代モデル2010年1月発表され同年4月発売された。翌2011年4月第2世代モデルiPad 2」が発売され、さらに翌年2012年3月には第3世代iPad発売されている。2代目モデルは「2」を冠した第3世代モデル以降は無印の「iPad」の名称を引き継ぐ形で発表されている。

iPadの初代モデルは9.7型インチタッチパネル搭載しており、以降この9.7インチがiPadの基本サイズとなっている。初代iPadは解像度1024×768ドットマルチタッチ対応ディスプレイ搭載した端末で、薄さ0.5インチ(約1.3cm)、重さ1.5ポンド(約680g)だった。ディスプレイには視野角の広いIPS液晶採用されている。

iPadでは、これまでApp Storeを通じて提供されてきたiPhoneiPod touch向けのアプリケーション動作するまた、iPadの発表に合わせて電子書籍ストアiBookstore」が開設されiTunes Store(iTS)で音楽ファイル購入するのと同じ方式で、電子書籍購入可能となるダウンロードした電子書籍は、iPadに搭載され電子書籍リーダーiBooks」で閲覧できるちなみにiBookstore扱われる電子書籍ファイルフォーマットePubである。

iPad

iPadは音楽画像動画の再生電子書籍リーダーWebブラウザ電子メールクライアントなどとして使用できる。その他、オフィススイートiWork」のiPad向けバージョン発表されており、表や文書作成もできる。

2013年3月には第3世代モデルとなるiPadが発表されたOSは「iOS 5.1」にアップデートされた、モバイルCPUは「A5X」を搭載している。Retinaディスプレイ採用されており、310万画素という高解像度実現している。



※画像 / アップルジャパン株式会社
参照リンク
iPad

iPad

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/23 03:27 UTC 版)

iPad(アイパッド)は、Appleによって開発及び販売されているタブレット型コンピュータである。小型版であるiPad miniおよびミドルレンジモデルのiPad Air、ハイエンドモデルのiPad Proも発売されている。商品の表記について、スペースやハイフンがなく、pのみが大文字である「iPad」が公式商品名である。


注釈

  1. ^ オブソリート製品は米国を含めた世界でサポートを終了した製品(販売から7年以降)。ビンテージ製品は米国以外でサポートを終了した製品(販売から5年以上7年未満)

出典

  1. ^ Apple、タブレット型コンピュータ「iPad」発表、499ドルから”. 日経BP社 (2010年1月28日). 2010年5月29日閲覧。
  2. ^ 日経クロステック(xTECH). “GIGAスクール端末のメーカー別シェア1位はアップル、MM総研調査” (日本語). 日経クロステック(xTECH). 2021年4月13日閲覧。
  3. ^ Earliest known photos of an Apple iPad prototype
  4. ^ The Original iPad Was Gigantic
  5. ^ iPad、発売初日に30万台販売——Appleが発表 itmedia、2010年4月6日
  6. ^ 米アップルiPadの販売45万台に、電子書籍ダウンロードは60万冊 ロイター、2010年 4月9日
  7. ^ iPad、5月28日に米国外の9カ国でも発売開始
  8. ^ Apple Media Advisory
  9. ^ 本体価格は月々2220円から:ソフトバンクモバイル、「iPad」を5月28日に発売――専用プランも発表 ITmedia +D モバイル、2010年5月8日
  10. ^ iPad 2、震災で発売延期 アップル 共同通信社、2011年3月16日
  11. ^ アップル、iPad 2を28日発売。16GB Wi-Fi 44,800円 -64GBは68,800円。ソフトバンクが3G版を展開。 SoftBankは、iPadアレソレコレキャンペーンを実施。 iPhone3G/Sを使っていた方が、iPhone4/4Sに機種変更すると、iPadが機種代金とWifispot料金のみで使用できるというもの。 100MBまでの通信は無料。AV Watch、2011年4月28日
  12. ^ アップル — 新しいiPad — 外も中も、鮮やかに優れています。 2012年3月8日
  13. ^ 米Apple、9.7インチタブレット「iPad Air」発表 - 11月1日より日本でも発売 マイナビニュース、2013年10月23日閲覧。
  14. ^ 米Apple、高精細タブレット「iPad mini Retinaディスプレイモデル」発表 マイナビニュース、2013年10月23日閲覧。
  15. ^ NTTドコモとApple、6月10日(火曜)からiPadを提供開始 NTTドコモ・Apple Inc.、2014年5月28日
  16. ^ アップル、「iPad Air 2」「iPad mini 3」を発表〜iOS 8.1も配信 ケータイWatch、2014年10月17日
  17. ^ 12.9型/2,732×2,048ドットの「iPad Pro」。Apple Pencilで手書き、「iPad mini 4」も AV Watch、2015年9月10日
  18. ^ 【更新終了】iPhone SEは31日に発売!9.7インチiPad Proも登場! ASCII.jp 2016年3月22日発行、同月26日閲覧。
  19. ^ Clips ClipsはiPhone 5s以降、iPad Pro、iPad(第5世代)、iPad Air以降、iPad mini 2以降、iPod touch(第6世代)に対応しています。iOS 10.3以降が必要です。 - apple.com
  20. ^ アップル、9.7インチタブレットの新製品「iPad」発表、37,800円から マイナビニュース 2017年3月21日発行、同月22日閲覧。
  21. ^ http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1063631.html
  22. ^ “速報!アップル「新iPad」は何がスゴいのか”. 東洋経済オンライン (東洋経済新報社). (2018年3月28日). http://toyokeizai.net/articles/-/214355?display=b 2018年3月28日閲覧。 
  23. ^ “Apple、新型「iPad Pro」発表 USB-CとFace IDを採用、ホームボタンは廃止”. ITmedia News (ITmedia Inc.). (2018年10月30日). http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1810/30/news149.html?display=b 
  24. ^ 新「iPad Air」と新「iPad mini」は何が変わった? iPad/iPad Proと比較する” (日本語). ITmedia Mobile. 2019年5月2日閲覧。
  25. ^ アップル、iPad向け新OS「iPadOS」今秋提供。マルチタスク強化,AV Watch,2019年6月4日
  26. ^ Apple、10.2インチの新型「iPad」発表”. ITmedia Mobile (2019年9月11日). 2019年9月11日閲覧。
  27. ^ Apple、M1搭載「iPad Pro」。5G、Thunderbolt 3、XDR対応、SSD 2TB,PC Watch,2021年4月21日
  28. ^ 株式会社インプレス (2021年9月15日). “iPad(第9世代)発売、ストレージ64GBで3万9800円から” (日本語). ケータイ Watch. 2021年9月21日閲覧。
  29. ^ 株式会社インプレス (2021年9月15日). “アップルが「iPad mini」新モデル、Type-C対応で第2世代Apple Pencilサポート” (日本語). ケータイ Watch. 2021年9月21日閲覧。
  30. ^ 【速報】iPad Air(第5世代)が発表!M1搭載、本体カラーは5色” (2022年3月9日). 2022年3月21日閲覧。
  31. ^ LP097X02-SLL1 Overview
  32. ^ [1]
  33. ^ iPad 3 4G Teardown
  34. ^ iPad 4 Wi-Fi Teardown
  35. ^ a b 新しいiPad向けスタイラス「Logitech Crayon」
  36. ^ Apple USB 電源アダプタについて” (日本語). Apple Support. 2021年4月14日閲覧。
  37. ^ ビンテージ製品とオブソリート製品 - apple
  38. ^ 日本通信、SIMフリー版iPadをドコモ網で使えるマイクロSIM新発売
  39. ^ Apple SIMの衝撃 キャリア主体のスマホ販売が激変する 週刊アスキー、2014年10月20日
  40. ^ Apple SIMがGigSkyと組んで90の国と地域で利用可能に━━海外渡航時に安く使える選択肢が次々に登場 ITmedia、2015年7月7日
  41. ^ 日本初、auの「LTEデータプリペイド」がiPad向けApple SIMに対応 KDDI株式会社、2015年11月17日
  42. ^ Apple SIMの対応キャリアにソフトバンクがひっそり追加 ギズモード・ジャパン 2016年9月8日
  43. ^ 主な質疑応答(2010年3月期 第3四半期決算説明会) NTTドコモ、2010年1月29日
  44. ^ ドコモ、iPad用SIMカード発売へ Itmedia、2010年4月28日
    iPad用SIMカード、NTTドコモが発売へ 朝日新聞、2010年4月29日
  45. ^ iPad、ソフトバンクが28日から国内販売へ ロイター通信、2010年5月8日
  46. ^ iPadのSIMロック理由は「戦いの武器渡せない」 孫社長がネット番組で フジサンケイビジネスアイ、2010年5月14日
  47. ^ ドコモ、iPad用SIMカード販売断念 読売新聞、2010年5月11日
  48. ^ 「iPadをドコモ3G回線で使いたい人はいる」──山田社長 ITmedia、2010年5月18日
  49. ^ Apple ジョブズ氏、日本ユーザーの「iPad 3G」SIMロック解除希望メールに返信 マイコミジャーナル、2010年5月13日
  50. ^ “アイパッド3G版は、ソフトバンクの通信回線のみに対応=米アップルの広報担当者” (日本語). ウォール・ストリート・ジャーナル. (2010年5月17日). http://jp.wsj.com/Business-Companies/Technology/node_61279 2017年7月15日閲覧。 
  51. ^ 「日本向けiPad、海外のSIMささる」と孫社長 ITmedia、2010年5月28日
  52. ^ [iPad]他通信会社のMicro USIMカードは使えますか?(ソフトバンクモバイルFAQページ)
  53. ^ SIMフリー版iPadが発売開始 週アスPlus、2014年7月1日
  54. ^ Trademark Assignment Abstract of Title USPTO。合意内容は公表されていない。
    アップルにiPad使用認める 富士通が商標譲渡 47NEWS、2010年3月27日
  55. ^ APad – China iPad
  56. ^ “中国でipadのパクリが登場!その名も「iped(アイペッド)」”. サーチナ. (2010年5月28日). http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=0528&f=national_0528_010.shtml 2010年6月7日閲覧。 



iPAD

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/10 02:00 UTC 版)

iPAD(アイパッド)は富士通アメリカ法人が開発・販売していた業務用携帯情報端末。後に、商標はアップルへ有償譲渡される。


  1. ^ 「iPad」の商標はどうなる? 富士通も米で出願」『ITmedia ニュース』アイティメディア、2010年1月28日。2014年10月17日閲覧。
  2. ^ 「iPad」商標、米Appleが富士通から取得 - 有償譲渡か」『マイナビニュース』マイナビ、2010年3月27日。2014年10月17日閲覧。
  3. ^ 「iPad」の商標、富士通がAppleに譲渡」『Impress Watch』インプレス、2010年3月29日。2014年10月17日閲覧。
  4. ^ Apple、富士通から「iPad」商標を取得」『ITmedia ニュース』アイティメディア、2010年3月29日。2014年10月17日閲覧。
  5. ^ 「iPad」商標問題 - 発表を優先したApple、富士通対策も万全!?」『マイナビニュース』マイナビ、2010年2月8日。2014年10月17日閲覧。
  6. ^ a b USPTO Assignments on the Web”. 米国特許商標庁. 2014年10月17日閲覧。


「iPAD」の続きの解説一覧

iPad

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/07 05:22 UTC 版)

Retinaディスプレイ」の記事における「iPad」の解説

iPadには2012年3月発売され第3世代のiPadとそれ以降モデル搭載されている。iPad ProiPad Airには全モデル搭載されている。画面サイズは、iPad(第6世代)以前iPad Air(第1世代)iPad Air 2は9.7インチiPad(第7世代)以降iPad Air(第3世代)は10.2インチ第4世代以降iPad Airは10.9インチとなっている。iPad Proについては、9.7インチ、10.5インチ11インチ、12.9インチモデルによって異なる。ただし、解像度フルサイズの全シリーズで264ppiに統一されている。また、iPad miniシリーズiPad mini 2それ以降モデル搭載されている。解像度4.7インチRetina HDディスプレイ搭載iPhoneと同じ326ppiとなっている。 2022年5月現在、iPadシリーズOLEDディスプレイ搭載機種存在しないが、2018年以降発売されiPad Pro第4世代以降iPad AiriPad mini(第6世代)にはLiquid Retinaディスプレイ搭載されている。 2017年以降発売されiPad Proでは、リフレッシュレート状況によって最大120Hzに引き上げる「ProMotionテクノロジー」が搭載されている。

※この「iPad」の解説は、「Retinaディスプレイ」の解説の一部です。
「iPad」を含む「Retinaディスプレイ」の記事については、「Retinaディスプレイ」の概要を参照ください。


iPad

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/01 03:04 UTC 版)

USBフラッシュドライブ」の記事における「iPad」の解説

iPad OSインストールにより、標準搭載の「ファイルAppその他のアプリ利用可能となる。これ以前にもiPhone/iPad向けのUSBメモリ存在したが、専用アプリ及びUSBメモリ必要だった

※この「iPad」の解説は、「USBフラッシュドライブ」の解説の一部です。
「iPad」を含む「USBフラッシュドライブ」の記事については、「USBフラッシュドライブ」の概要を参照ください。


iPad

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ()

Apple」の記事における「iPad」の解説

詳細は「iPad」を参照 2010年1月28日Apple新製品iPadを発表しタブレット分野進出した製品発表会において、スティーブジョブズiPhoneMacBookの間となるもの位置づけていると語ったまた、米国内発売される端末にはiBooks搭載されiBookStore開設し電子書籍分野にも進出することを発表した2012年10月24日製品発表会手のひらサイズ小型化したiPad mini発表同時にiBooksiBooks Authorバージョンアップ発表し教育現場におけるiPad活用アピールしたiOS 12まではiPhoneと同じオペレーティングシステム採用しており、多くのソフトウェアiPhone互換性がある2019年6月3日WWDC 2019で、macOS Catalinaとともに、iPad専用iOSベースオペレーティングシステムとして、iPadOS発表された。 現在は、iOS15発表されている。

※この「iPad」の解説は、「Apple」の解説の一部です。
「iPad」を含む「Apple」の記事については、「Apple」の概要を参照ください。


iPad

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/25 16:44 UTC 版)

ダイナブック」の記事における「iPad」の解説

iPadは、アラン・ケイビジョンに近いデバイス当初のiPadではプログラミングはできなかったが、2014年からはScratchJrが、2016年からSwift Playgroundsなどが配付されている。

※この「iPad」の解説は、「ダイナブック」の解説の一部です。
「iPad」を含む「ダイナブック」の記事については、「ダイナブック」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「IPad」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「iPad」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「IPad」に関係したコラム

  • ETFの取引をスマホで行える証券会社の一覧

    ETFの取引をiPhoneやAndroidなどのスマホ(スマートフォン)で行うには、スマホで取引できる専用のアプリケーションが必要です。スマホのWebブラウザを利用して取引できる場合もありますが、文字...

  • 株式取引をスマホで行える証券会社の一覧

    株式取引をiPhoneやAndroidなどのスマホ(スマートフォン)で行うには、スマホで取引できる専用のアプリケーションが必要です。スマホのWebブラウザを利用して取引できる場合もありますが、文字が見...

  • バイナリーオプションの取引をスマホで行うには

    バイナリーオプションの取引をiPhoneやAndroidなどのスマホ(スマートフォン)で行うには、スマホで取引できる専用のアプリケーションが必要です。スマホのWebブラウザを利用して取引できる場合もあ...

  • FXの取引をスマホで行える業者の一覧

    FX(外国為替証拠金取引)の取引をiPhoneやAndroidなどのスマホ(スマートフォン)で行うには、スマホで取引できる専用のアプリケーションが必要です。スマホのWebブラウザを利用して取引できる場...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

IPadのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



IPadのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリiPadの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのiPad (改訂履歴)、iPAD (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのRetinaディスプレイ (改訂履歴)、USBフラッシュドライブ (改訂履歴)、Apple (改訂履歴)、ダイナブック (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS