リチウムイオンとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 化学 > 分子化学 > イオン > リチウムイオンの意味・解説 

リチウムカチオン

分子式Li
その他の名称:Lithiumcation、リチウムカチオン、Lithium ion
体系名:リチウムイオン


リチウム

(リチウムイオン から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/23 08:34 UTC 版)

リチウム新ラテン語: lithium[1]: lithium [ˈlɪθiəm])は原子番号 3、原子量 6.941 の元素である。元素記号Liアルカリ金属元素の一つで白銀色の軟らかい元素であり、全ての金属元素の中で最も軽く、比熱容量は全固体元素中で最も高い。




註釈

  1. ^ a b Apendixes (PDF) . USGSの定義によれば、埋蔵量 (reserve base) とは「実績ある技術および現在の経済状況の想定を超えて、将来において経済的に利用可能となるような潜在的可能性を有している資源をも含有したものを示す。埋蔵量には、現在経済的に利用可能なもの(可採埋蔵量、reserves)、準経済的なもの(準埋蔵量、marginal reserves)および経済的に採算の取れないもの(非経済的埋蔵量、subeconomic resources)が含まれる。」
  2. ^ フッ素およびベリリウムの天然同位体はそれぞれ19Fおよび9Beのみである。溶融塩増殖炉の燃料の主成分として用いられるアクチノイドおよび、7Li、9Be、19F以外の十分に低い熱中性子捕獲断面積を有する核種は、2H、11B、15N、209Bi、炭素と酸素の安定同位体のみである。
  3. ^ 人間によって誘導された核反応は1917年という早い時期に達成されていたが、これは自然に発生したアルファ粒子の衝突を利用したものであり完全な人工原子核反応ではなかった。
  4. ^ 有機塩素化合物を用いてもウルツカップリングの進行を排除できるが、塩素の場合は金属リチウムに数パーセントのナトリウムを添加する必要がある。

出典

  1. ^ http://www.encyclo.co.uk/webster/L/49
  2. ^ a b c d e Krebs, Robert E. (2006). The History and Use of Our Earth's Chemical Elements: A Reference Guide. Westport, Conn.: Greenwood Press. ISBN 0-313-33438-2. 
  3. ^ a b c d e f g Lithium:Historical information, http://www.webelements.com/lithium/history.html 2009年8月10日閲覧。 
  4. ^ a b c van der Krogt, Peter, Lithium, Elementymology & Elements Multidict, http://elements.vanderkrogt.net/element.php?sym=Li 2010年10月5日閲覧。 
  5. ^ Lide, D. R., ed. (2005), CRC Handbook of Chemistry and Physics (86th ed.), Boca Raton (FL): CRC Press, ISBN 0-8493-0486-5 
  6. ^ Paula Johanson (2007). Lithium (Understanding the Elements of the Periodic Table: Set 3). The Rosen Publishing Group. p. 20. ISBN 9781404209404. 
  7. ^ a b c d Hammond, C. R. (2000). The Elements, in Handbook of Chemistry and Physics 81st edition. CRC press. ISBN 0-8493-0481-4. 
  8. ^ Coefficients of Linear Expansion”. Engineering Toolbox. 2012年12月9日閲覧。
  9. ^ Tuoriniemi, J; Juntunen-Nurmilaukas, K; Uusvuori, J; Pentti, E; Salmela, A; Sebedash, A (2007年). “Superconductivity in lithium below 0.4 millikelvin at ambient pressure”. Nature 447 (7141): 187–9. Bibcode 2007Natur.447..187T. doi:10.1038/nature05820. PMID 17495921. 
  10. ^ Struzhkin, V. V.; Eremets, M. I.; Gan, W; Mao, H. K.; Hemley, R. J. (2002年). “Superconductivity in dense lithium”. Science 298 (5596): 1213–5. Bibcode 2002Sci...298.1213S. doi:10.1126/science.1078535. PMID 12386338. 
  11. ^ 千谷利三 『新版 無機化学(上巻)』 産業図書、1959年、82-83頁。
  12. ^ Overhauser, A. W. (1984年). “Crystal Structure of Lithium at 4.2 K”. Physical Review Letters 53: 64–65. Bibcode 1984PhRvL..53...64O. doi:10.1103/PhysRevLett.53.64. 
  13. ^ Schwarz, Ulrich (2004年). “Metallic high-pressure modifications of main group elements”. Zeitschrift für Kristallographie 219 (6–2004): 376. Bibcode 2004ZK....219..376S. doi:10.1524/zkri.219.6.376.34637. 
  14. ^ Takahiro Matsuoka & Katsuya Shimizu, "Direct observation of a pressure-induced metal-to-semiconductor transition in lithium", Nature 458, 186-189 (2009). doi:10.1038/nature07827
  15. ^ a b F. ALBERT COTTON and GEOFFREY WILKINSON, Cotton and Wilkinson ADVANCED INORGANIC CHEMISTRY A COMPREHENSIVE TEXT Fourth Edition, INTERSCIENCE, 1980.
  16. ^ a b c d e Emsley, John (2001), Nature's Building Blocks, Oxford: Oxford University Press, ISBN 0198503415 
  17. ^ Isotopes of Lithium”. Berkeley National Laboratory, The Isotopes Project. 2008年5月13日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年4月21日閲覧。
  18. ^ File:Binding energy curve - common isotopes.svg shows binding energies of stable nuclides graphically; the source of the data-set is given in the figure background.
  19. ^ Numerical data from: doi:10.1086/375492 Graphed at File:SolarSystemAbundances.jpg
  20. ^ Sonzogni, Alejandro. “Interactive Chart of Nuclides”. National Nuclear Data Center: Brookhaven National Laboratory. 2008年6月6日閲覧。
  21. ^ Asplund, M. et al. (2006年). “Lithium Isotopic Abundances in Metal-poor Halo Stars”. The Astrophysical Journal 644: 229. arXiv:astro-ph/0510636. Bibcode 2006ApJ...644..229A. doi:10.1086/503538. 
  22. ^ Chaussidon, M.; Robert, F.; McKeegan, K.D. (2006年). “Li and B isotopic variations in an Allende CAI: Evidence for the in situ decay of short-lived 10Be and for the possible presence of the short−lived nuclide 7Be in the early solar system” (PDF). Geochimica et Cosmochimica Acta 70 (1): 224–245. Bibcode 2006GeCoA..70..224C. doi:10.1016/j.gca.2005.08.016. オリジナルの2010年7月18日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100718065257/http://sims.ess.ucla.edu/PDF/Chaussidon_et_al_Geochim%20Cosmochim_2006a.pdf. 
  23. ^ Denissenkov, P. A.; Weiss, A. (2000年). “Episodic lithium production by extra-mixing in red giants”. Astronomy and Astrophysics 358: L49–L52. arXiv:astro-ph/0005356. Bibcode 2000A&A...358L..49D. 
  24. ^ Duarte, F. J (2009). Tunable Laser Applications. CRC Press. p. 330. ISBN 1-4200-6009-0. オリジナルの2011年9月28日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110928023458/http://www.opticsjournal.com/tla.htm. 
  25. ^ Petalite Mineral Information, http://www.mindat.org/min-3171.html 2009年8月10日閲覧。 
  26. ^ Weeks, Mary (2003), Discovery of the Elements, Whitefish, Montana, United States: Kessinger Publishing, p. 124, ISBN 0766138720, http://books.google.com/?id=SJIk9BPdNWcC 2009年8月10日閲覧。 
  27. ^ “Johan August Arfwedson”, Periodic Table Live!, オリジナルの2010年10月7日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20101007084500/http://www.chemeddl.org/collections/ptl/ptl/chemists/bios/arfwedson.html 2009年8月10日閲覧。 
  28. ^ Johan Arfwedson, オリジナルの2008年6月5日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20080605152857/http://genchem.chem.wisc.edu/lab/PTL/PTL/BIOS/arfwdson.htm 2009年8月10日閲覧。 
  29. ^ Clark, Jim (2005), Compounds of the Group 1 Elements, http://www.chemguide.co.uk/inorganic/group1/compounds.html 2009年8月10日閲覧。 
  30. ^ a b Per Enghag (2004), Encyclopedia of the Elements: Technical Data – History – Processing – Applications, Wiley, pp. 287–300, ISBN 978-3527306664 
  31. ^ “The Quarterly journal of science and the arts” (PDF), The Quarterly Journal of Science and the Arts (Royal Institution of Great Britain) 5: 338, (1818), http://books.google.com/?id=D_4WAAAAYAAJ 2010年10月5日閲覧。 
  32. ^ Timeline science and engineering, DiracDelta Science & Engineering Encyclopedia, オリジナルの2008年12月5日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20081205043252/http://www.diracdelta.co.uk/science/source/t/i/timeline/source.html 2008年9月18日閲覧。 
  33. ^ Brande, William Thomas; MacNeven, William James (1821), A manual of chemistry, p. 191, http://books.google.com/?id=zkIAAAAAYAAJ 2010年10月8日閲覧。 
  34. ^ Green, Thomas (2006-06-11), Analysis of the Element Lithium, echeat, http://www.echeat.com/essay.php?t=29195 
  35. ^ a b Ober, Joyce A. (1994) (PDF), Commodity Report 1994: Lithium, United States Geological Survey, http://minerals.usgs.gov/minerals/pubs/commodity/lithium/450494.pdf 2010年11月3日閲覧。 
  36. ^ Deberitz, JüRgen; Boche, Gernot (2003), “Lithium und seine Verbindungen – Industrielle, medizinische und wissenschaftliche Bedeutung”, Chemie in unserer Zeit 37: 258, doi:10.1002/ciuz.200300264 
  37. ^ Bauer, Richard (1985), “Lithium – wie es nicht im Lehrbuch steht”, Chemie in unserer Zeit 19: 167, doi:10.1002/ciuz.19850190505 
  38. ^ Ober, Joyce A. (1994) (PDF), Minerals Yearbook 2007 : Lithium, United States Geological Survey, http://minerals.usgs.gov/minerals/pubs/commodity/lithium/myb1-2007-lithi.pdf 2010年11月3日閲覧。 
  39. ^ Kogel, Jessica Elzea (2006), “Lithium”, Industrial minerals & rocks: commodities, markets, and uses, Littleton, Colo.: Society for Mining, Metallurgy, and Exploration, p. 599, ISBN 9780873352338, http://books.google.com/?id=zNicdkuulE4C&pg=PA600&lpg=PAPA599 )
  40. ^ McKetta, John J. (2007-07-18), Encyclopedia of Chemical Processing and Design: Volume 28 – Lactic Acid to Magnesium Supply-Demand Relationships, M. Dekker, ISBN 9780824724788, http://books.google.com/books?id=8erDL_DnsgAC&pg=PA339 2010年9月29日閲覧。 
  41. ^ Boesgaard, A. M.; Steigman, G. (1985年). “Big bang nucleosynthesis – Theories and observations”. IN: Annual review of astronomy and astrophysics. Volume 23 (A86-14507 04–90). Palo Alto 23: 319. Bibcode 1985ARA&A..23..319B. doi:10.1146/annurev.aa.23.090185.001535. 
  42. ^ International Team on Keck Observatory Strengthens Big Bang Theory”. W・M・ケック天文台 (2013年6月5日). 2013年6月15日閲覧。
  43. ^ Element Abundances (PDF)”. 2006年9月1日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2009年11月17日閲覧。
  44. ^ Cain, Fraser. “Brown Dwarf”. Universe Today. 2011年2月25日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2009年11月17日閲覧。
  45. ^ Extraction of metals from sea water”. Springer Berlin Heidelberg (1984年). 2013年6月6日閲覧。
  46. ^ Lithium Occurrence”. Institute of Ocean Energy, Saga University, Japan. 2009年5月2日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2009年3月13日閲覧。
  47. ^ a b c d Some Facts about Lithium”. ENC Labs. 2010年10月15日閲覧。
  48. ^ Mark Baskaran (2011). Handbook of Environmental Isotope Geochemistry Volume 1. Springer. p. 42. ISBN 3642106374. 
  49. ^ Kamienski, McDonald, Daniel P.; Stark, Marshall W.; Papcun, John R., Conrad W. (2004). “Lithium and lithium compounds”. Kirk-Othmer Encyclopedia of Chemical Technology. John Wiley & Sons, Inc.. doi:10.1002/0471238961.1209200811011309.a01.pub2. 
  50. ^ Atkins, Peter (2010). Shriver & Atkins' Inorganic Chemistry (5 ed.). New York: W. H. Freeman and Company. p. 296. ISBN 0199236178. 
  51. ^ Moores, S. (2007年6月). “Between a rock and a salt lake”. Industrial Minerals 477: 58. 
  52. ^ リチウム資源-ウユニ塩湖- (PDF)”. 産業技術総合研究所. p. 2. 2013年2月20日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年6月16日閲覧。
  53. ^ a b c ボリビアでリチウム抽出本格化 日本が実験”. 京都新聞 (2012年2月23日). 2013年6月25日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年6月16日閲覧。
  54. ^ Robert Bruce Wallace. “LITHIUM, A STRATEGIC ELEMENT FOR ENERGY IN THE WORLD MARKET (PDF)”. p. 9. 2013年8月14日閲覧。
  55. ^ Brendan I. Koerner (2008年10月30日). “The Saudi Arabia of Lithium”. Forbes. http://www.forbes.com/forbes/2008/1124/034.html 2011年5月12日閲覧。  Published on Forbes Magazine dated November 24, 2008.
  56. ^ Robert Bruce Wallace. “LITHIUM, A STRATEGIC ELEMENT FOR ENERGY IN THE WORLD MARKET (PDF)”. p. 6. 2013年8月14日閲覧。
  57. ^ Clarke, G.M. and Harben, P.W., "Lithium Availability Wall Map". Published June 2009. Referenced at International Lithium Alliance(2013年1月13日時点のアーカイブ
  58. ^ a b c d e f U.S. Geological Survey, 2012, commodity summaries 2011: U.S. Geological Survey
  59. ^ The Trouble with Lithium 2 (PDF)”. Meridian International Research (2008年). 2010年9月29日閲覧。
  60. ^ Risen, James (2010年6月13日). “U.S. Identifies Vast Riches of Minerals in Afghanistan”. The New York Times. http://www.nytimes.com/2010/06/14/world/asia/14minerals.html?pagewanted=1&hp 2010年6月13日閲覧。 
  61. ^ Page, Jeremy; Evans, Michael (2010年6月15日). “Taleban zones mineral riches may rival Saudi Arabia says Pentagon”. The Times (London). http://business.timesonline.co.uk/tol/business/industry_sectors/natural_resources/article7149696.ece 
  62. ^ Chassard-Bouchaud, C; Galle, P; Escaig, F; Miyawaki, M (1984年). “Bioaccumulation of lithium by marine organisms in European, American, and Asian coastal zones: microanalytic study using secondary ion emission”. Comptes rendus de l'Academie des sciences. Serie III, Sciences de la vie 299 (18): 719–24. PMID 6440674. 
  63. ^ Schrauzer, GN (2002年). “Lithium: Occurrence, dietary intakes, nutritional essentiality”. Journal of the American College of Nutrition 21 (1): 14–21. PMID 11838882. 
  64. ^ Zarse, Kim; Terao, Takeshi; Tian, Jing; Iwata, Noboru; Ishii, Nobuyoshi; Ristow, Michael (2011年). “Low-dose lithium uptake promotes longevity in humans and metazoans”. European Journal of Nutrition 50 (5): 387–9. doi:10.1007/s00394-011-0171-x. PMC 3151375. PMID 21301855. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3151375/. 
  65. ^ Greenwood, Norman N.; Earnshaw, Alan. (1997), Chemistry of the Elements (2 ed.), Oxford: Butterworth-Heinemann, p. 73, ISBN 0080379419 
  66. ^ Ober, Joyce A. “Lithium (PDF)”. United States Geological Survey. pp. 77–78. 2007年8月19日閲覧。
  67. ^ a b Lithium recycling still 'too expensive'”. INDUSTRIAL MINERALS}. 2017年7月8日閲覧。
  68. ^ オーストラリアの投資環境調査 (PDF)”. 石油天然ガス・金属鉱物資源機構. p. 25 (2005年). 2013年6月18日閲覧。
  69. ^ a b c d e リチウムの資源と需給-Lithium Supply & Markets Conference 2009 (LSM’09) 参加報告-”. 石油天然ガス・金属鉱物資源機構 (2009年). 2013年6月18日閲覧。
  70. ^ 米国ネバダ州でリチウムの共同探鉱契約を締結”. 石油天然ガス・金属鉱物資源機構 (2010年). 2013年6月18日閲覧。
  71. ^ Parker, Ann. Mining Geothermal Resources. Lawrence Livermore National Laboratory
  72. ^ Patel, P. (2011-11-16) Startup to Capture Lithium from Geothermal Plants. technologyreview.com
  73. ^ Wald, M. (2011-09-28) Start-Up in California Plans to Capture Lithium, and Market Share. The New York Times
  74. ^ SQM Announces New Lithium Prices – SANTIAGO, Chile, Sept. 30 /PRNewswire-FirstCall/”. Prnewswire.com (2009年9月30日). 2013年5月1日閲覧。
  75. ^ Riseborough, Jesse (2012年6月20日). “IPad Boom Strains Lithium Supplies After Prices Triple”. Businessweek. 2012年6月22日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年5月1日閲覧。
  76. ^ Study finds resource constraints should not be a limiting factor for large-scale EV battery production”. Green Car Congress (2011年6月17日). 2011年6月17日閲覧。
  77. ^ University of Michigan and Ford researchers see plentiful lithium resources for electric vehicles”. Green Car Congress (2011年8月3日). 2011年8月11日閲覧。
  78. ^ 鳥井弘之の『ニュースの深層』「EV時代」のキーマテリアル リチウム資源の将来を探る(2009年8月28日時点のアーカイブ)『ECO JAPAN』日経BP社、2009年8月6日公開
  79. ^ テスラが変える金属市場、リチウム価格が急騰”. THE WALL STREET JOURNAL. 2017年7月8日閲覧。
  80. ^ JOGMEC 28 リチウム(Li) (PDF) [リンク切れ]
  81. ^ 近藤正聡、吉塚和治 (2011年). “海水からのリチウム回収” (PDF). J. Plasma Fusion Res. 87 (12). http://www.jspf.or.jp/Journal/PDF_JSPF/jspf2011_12/jspf2011_12-795.pdf 2013年6月18日閲覧。. 
  82. ^ “海水からリチウムを抽出 佐賀でプラント本格稼働”. 47NEWS. 共同通信 (全国新聞ネット). (2004年4月16日). オリジナル2008年1月15日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080115111448/http://www.47news.jp/CN/200404/CN2004041701000022.html 
  83. ^ a b 吉塚和治 (2012年). “海水からの実用的リチウム回収”. 日本イオン交換学会誌 23 (3). doi:10.5182/jaie.23.59. https://doi.org/10.5182/jaie.23.59 2013年6月18日閲覧。. 
  84. ^ 海水中のリチウム資源を回収する革新的な元素分離技術を確立-リチウム資源循環型社会の実現へ大きく前進-”. 2017年4月22日閲覧。
  85. ^ 星野 毅 (2014年). イオン液体含浸有機隔膜による海水からのリチウム資源回収. 68. pp. 228-234. doi:10.11457/swsj.68.228. 
  86. ^ a b c d USGS (2011年). “Lithium” (PDF). http://minerals.usgs.gov/minerals/pubs/commodity/lithium/mcs-2012-lithi.pdf 2013年7月14日閲覧。 
  87. ^ a b c 宗宮重行、吉木文平、浜野健也 ほか、セラミック原料解説集 ケ 窯業協會誌 1965年 73巻 835号 p.C164-C173, doi:10.2109/jcersj1950.73.835_C164
  88. ^ 福原徹、今西千恵子. “低温焼成用の釉薬技術 (PDF)”. 愛知県産業技術研究所. 2013年7月14日閲覧。
  89. ^ 表面欠点「貫入」の防止法”. 三重県工業研究所. 2015年8月16日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年7月14日閲覧。
  90. ^ 小林雄一、片山正貴、加藤美佳 (2011年). “リチウムアノレミノケイ酸塩結晶の超低熱膨張特性” (PDF). 愛知工業大学総合技術研究所・研究報告 (愛知工業大学) 13. http://hdl.handle.net/11133/1731. 
  91. ^ James L. Davis (2002). Intermediate Technical Japanese, Volume 1: Readings and Grammatical Patterns. Univ of Wisconsin Press. p. 396. ISBN 9780299185534. 
  92. ^ 藤井清澄 (1998年). “リチウム-ナトリウムイオン交換による屈折率分布型ロッドレンズの作製に関する研究 (PDF)”. 東京工業大学. pp. 4-5. 2013年7月14日閲覧。[リンク切れ]
  93. ^ 代表的な窓材の透過率”. GREENTEC CO.,LTD. 2013年7月14日閲覧。
  94. ^ 石井壮一郎、片山恵一 (2001年). “リチウムイオン二次電池用電極材料” (PDF). 東海大学紀要工学部 41 (2): 66. NAID 110000194499. https://ci.nii.ac.jp/naid/110000194499/. 
  95. ^ 深瀬康司 『最新工業化学: 革新技術の創出と製品化』 東京電機大学出版局、2012年、56頁。ISBN 9784501627300
  96. ^ 二次電池、一次電池の世界市場を調査”. 富士経済. 2017年7月16日閲覧。
  97. ^ 吉田和正. “一次電池技術発展の系統化調査 (PDF)”. かはく技術史大系 産業技術史料情報センター. pp. 207-208. 2013年7月15日閲覧。
  98. ^ a b c 平成21年度特許出願技術動向調査報告書 リチウムイオン電池(要約版) (PDF)”. 特許庁. pp. 2-3. 2013年7月16日閲覧。
  99. ^ 辰巳国昭. “リチウムイオン電池の基本構成とその特長 (PDF)”. 公益社団法人 自動車技術会. p. 3. 2013年7月15日閲覧。
  100. ^ Makhijani, Arjun and Yih, Katherine (2000). Nuclear Wastelands: A Global Guide to Nuclear Weapons Production and Its Health and Environmental Effects. MIT Press. pp. 59–60. ISBN 0-262-63204-7. http://books.google.com/books?id=0oa1vikB3KwC&pg=PA60. 
  101. ^ National Research Council (U.S.). Committee on Separations Technology and Transmutation Systems (1996). Nuclear wastes: technologies for separations and transmutation. National Academies Press. p. 278. ISBN 0-309-05226-2. http://books.google.com/books?id=iRI7Cx2D4e4C&pg=PA278. 
  102. ^ 宇宙用原子炉の冷却材と発電方式 スペース&ニュークリア
  103. ^ 池上英雄、常温核融合研究の現状と今後 応用物理 1991年 60巻 3号 p.212-219, doi:10.11470/oubutsu1932.60.212
  104. ^ Baesjr, C (1974年). “The chemistry and thermodynamics of molten salt reactor fuels”. Journal of Nuclear Materials 51: 149. Bibcode 1974JNuM...51..149B. doi:10.1016/0022-3115(74)90124-X. 
  105. ^ Agarwal, Arun (2008). Nobel Prize Winners in Physics. APH Publishing. p. 139. ISBN 81-7648-743-0. http://books.google.com/books?id=XyOBx2R2CxEC&pg=PA139. 
  106. ^ "'Splitting the Atom': Cockcroft and Walton, 1932: 9. Rays or Particles?" Department of Physics,University of Cambridge
  107. ^ a b c d mhGAP Intervention Guide for mental, neurological and substance use disorders in non-specialized health settings (Report). 世界保健機関. (2010). ISBN 9789241548069. http://www.who.int/mental_health/publications/mhGAP_intervention_guide/en/. 
  108. ^ a b c 金子周司 『薬理学: 薬学教育モデル・コアカリキュラム準拠』 化学同人、2009年、164-165頁。ISBN 4759812660
  109. ^ a b “躁鬱病に対する薬物治療” (PDF). 正しい治療と薬の情報 (医薬品・治療研究会) 2 (12): 93-96. (1987年). http://tip-online.org/memberspdf/1987_12.pdf. 
  110. ^ 井手口直子,宮木智子 『よくわかるPOS薬歴の基本と書き方』 秀和システム、2009年、160頁。ISBN 4798021636
  111. ^ ケミカルプロファイル 水酸化リチウム (PDF)”. シーエムシー出版. 2013年7月16日閲覧。
  112. ^ グリースの分類と特性”. 共同油脂株式会社. 2013年8月12日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年7月16日閲覧。
  113. ^ Wiberg, Egon; Wiberg, Nils and Holleman, Arnold Frederick Inorganic chemistry, Academic Press (2001) ISBN 0-12-352651-5, p. 1089
  114. ^ 28 リチウム (Li) (PDF)”. 石油天然ガス・金属鉱物資源機構. 2013年7月24日閲覧。
  115. ^ 航空機に於けるアルミリチウム合金の開発動向 (PDF)”. 公益財団法人 航空機国際共同開発促進基金. 2013年7月24日閲覧。[リンク切れ]
  116. ^ Mulloth, L.M. and Finn, J.E. (2005). “Air Quality Systems for Related Enclosed Spaces: Spacecraft Air”. The Handbook of Environmental Chemistry. 4H. pp. 383–404. doi:10.1007/b107253. 
  117. ^ Application of lithium chemicals for air regeneration of manned spacecraft (PDF)”. Lithium Corporation of America & Aeropspace Medical Research Laboratories (1965年). 2013年7月26日閲覧。
  118. ^ Organometallics”. IHS Chemicals (2012年2月). 2013年7月27日閲覧。
  119. ^ Yurkovetskii, A. V.; Kofman, V. L.; Makovetskii, K. L. (2005年). “Polymerization of 1,2-dimethylenecyclobutane by organolithium initiators”. Russian Chemical Bulletin 37 (9): 1782–1784. doi:10.1007/BF00962487. 
  120. ^ Quirk, Roderic P.; Cheng, Pao Luo (1986年). “Functionalization of polymeric organolithium compounds. Amination of poly(styryl)lithium”. Macromolecules 19 (5): 1291. Bibcode 1986MaMol..19.1291Q. doi:10.1021/ma00159a001. 
  121. ^ Stone, F. G. A.; West, Robert (1980). Advances in organometallic chemistry. Academic Press. p. 55. ISBN 0-12-031118-6. http://books.google.com/?id=_gai4kRfcMUC&printsec=frontcover. 
  122. ^ Bansal, Raj K. (1996). Synthetic approaches in organic chemistry. p. 192. ISBN 0-7637-0665-5. http://books.google.com/books?id=_SJ2upYN6DwC&pg=PA192. 
  123. ^ M.H. ナンツ 『最新有機合成法: 設計と戦略』 檜山爲次郎 訳、化学同人、2009年、279頁。ISBN 4759811745
  124. ^ JP 2010502843, シグナ・ケミストリー・リミテッド・ライアビリティ・カンパニー, "リチウム−多孔性金属酸化物組成物、及びリチウム試薬−多孔性金属組成物" ekouhou.netによる特許本文
  125. ^ Hughes, T.G.; Smith, R.B. and Kiely, D.H. (1983年). “Stored Chemical Energy Propulsion System for Underwater Applications”. Journal of Energy 7 (2): 128–133. doi:10.2514/3.62644. 
  126. ^ 西尾嘉朗:リチウム同位体による地殻流体研究の新展開 —地殻活動の全貌解明に向けて— 日本水文科学会誌 Vol.43 (2013) No.4 p.119-135, doi:10.4145/jahs.43.119
  127. ^ a b 国際化学物質安全性カード リチウム ICSC番号:0710 (日本語版), 国立医薬品食品衛生研究所, http://www.ilo.org/dyn/icsc/showcard.display?p_card_id=0710&p_version=2&p_lang=ja 2011年7月8日閲覧。 
  128. ^ Furr, A. K. (2000). CRC handbook of laboratory safety. Boca Raton: CRC Press. pp. 244–246. ISBN 9780849325236. http://books.google.com/?id=Oo3xAmmMlEwC&pg=PA244. 
  129. ^ Yacobi S, Ornoy A (2008年). “Is lithium a real teratogen? What can we conclude from the prospective versus retrospective studies? A review”. Isr J Psychiatry Relat Sci 45 (2): 95–106. PMID 18982835. http://www.psychiatry.org.il/presentation_sender.asp?info_id=53760. [リンク切れ]
  130. ^ Weinstein, M. R. and Goldfield, M. D.: Cardiovascular malformations with Lithium use during pregnancy, Am. J. Psychiatry, 132, 529-531 (1975).
  131. ^ 松島英介、妊婦・授乳婦に対する向精神薬の使い方(教育講演,<特集>第42回日本女性心身医学会学術集会報告) 女性心身医学 2014年 18巻 3号 p.327-332, doi:10.18977/jspog.18.3_327
  132. ^ Illinois Attorney General – Basic Understanding Of Meth”. Illinoisattorneygeneral.gov. 2010年10月6日閲覧。
  133. ^ Harmon, Aaron R. (2006年). “Methamphetamine remediation research act of 2005: Just what the doctor ordered for cleaning up methfields—or sugar pill placebo?” (PDF). North Carolina Journal of Law & Technology 7. オリジナルの2010年6月13日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100613120359/http://jolt.unc.edu/sites/default/files/7_nc_jl_tech_421.pdf 2010年10月5日閲覧。. 
  134. ^ Samuel C. Levy and Per Bro. (1994). Battery hazards and accident prevention. New York: Plenum Press. pp. 15–16. ISBN 9780306447587. http://books.google.com/?id=i7U-0IB8tjMC&pg=PA15. 
  135. ^ TSA: Safe Travel with Batteries and Devices”. Tsa.gov (2008年1月1日). 2010年12月27日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年10月6日閲覧。


「リチウム」の続きの解説一覧



リチウムイオンと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「リチウムイオン」の関連用語

リチウムイオンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



リチウムイオンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのリチウム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS