キノコ雲とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 気象 > 気象 > > キノコ雲の意味・解説 

キノコ雲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/26 02:33 UTC 版)

キノコ雲(キノコぐも)とは、水蒸気を含んだ大気中へ、膨大な熱エネルギーが局所的かつ急激に解放されたことによって生じた非常に強力な上昇気流によって発生する、対流雲の1種である。キノコ雲は積乱雲にまで成長することが普通であり、しかも、通常の積乱雲では達しないような高さにまで雲頂が達する例も見られる。


  1. ^ 小川 文夫、馬場 雅志、日浦 慎作、浅田 尚紀 『広島原爆きのこ雲写真からの高さ推定』
  2. ^ a b DOD & ERDA(1977) P28
  3. ^ a b DOD & ERDA(1977) P29
  4. ^ a b DOD & ERDA(1977) P31
  5. ^ DOD & ERDA(1977) P34
  6. ^ Operation Castle,nuclearweaponarchive.org


「キノコ雲」の続きの解説一覧



キノコ雲と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「キノコ雲」の関連用語

キノコ雲のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



キノコ雲のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのキノコ雲 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS