濃淡電池とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 濃淡電池の意味・解説 

濃淡電池

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/05/23 14:01 UTC 版)

濃淡電池(のうたんでんち)とは、電池の形態の1つであり、電解質濃淡電池電極濃淡電池に分類できる。化学電池として陽極と陰極の電極のイオン化傾向の差を利用したダニエル電池などがよく知られているが、たとえ陽極と陰極に同じ金属(したがってイオン化傾向も同じ)を用いたとしても陽極と陰極とで電解質濃度が違った場合は電池になることができ、これが電解質濃淡電池である。また陽極板と陰極板として同じ金属板を用いて片方の金属板で何らかの物質(気体でも何でも良い)がイオン化しやすい(またはイオン化しにくい)状況を作ることができれば電池になることができ、これが電極濃淡電池である。






「濃淡電池」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「濃淡電池」の関連用語

濃淡電池のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



濃淡電池のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの濃淡電池 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS