空気アルミニウム電池とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 空気アルミニウム電池の意味・解説 

空気アルミニウム電池

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/06 01:53 UTC 版)

空気アルミニウム電池 (Al-air batteries) とは、空気中の酸素アルミニウムで反応させることによって電力を発生させる電池である。アルミニウム空気電池あるいは空気・アルミニウム電池とも呼称される。




  1. ^ a b Design and analysis of aluminium/air battery system for electric vehicles" Shaohua Yang, Harold Knickle Journal of Power Sources 112 (2002) 162–173.
  2. ^ a b c 松下電器産業株式会社. アルミニウム空気固体電池 - 特開2006-190522. https://www.j-platpat.inpit.go.jp/web/PU/JPA_H18190522/DCB3A45265FF924619FC6D6EDEFD943E. 
  3. ^ 株式会社日立製作所. 空気電池 - 特開1993-258782. https://www.j-platpat.inpit.go.jp/web/PU/JPA_H05258782/AE610761A293AD451FE782A69AB7ED5F. 
  4. ^ a b 住友軽金属工業株式会社. アルミニウム電池用負極材料 - 特開1994-179936. https://www.j-platpat.inpit.go.jp/web/PU/JPA_H06179936/D6C55C6AC41AB90913F12E62A8F2A8C7. 
  5. ^ a b 松下電器産業株式会社. アルミニウム空気電池 - 特開2006-147442. https://www.j-platpat.inpit.go.jp/web/PU/JPA_H18147442/DCB3A45265FF92462219590AED5A2E2F. 
  6. ^ リチウムを超える「アルミニウム」、トヨタの工夫とは (2/4)”. 2018年11月23日閲覧。
  7. ^ 日産自動車株式会社. アルミニウム-空気電池 - 特開平06-243901. https://www.j-platpat.inpit.go.jp/web/PU/JPA_H06243901/A1BB3BDEB93446EAD3F3D8B46626048F. 
  8. ^ 富士電気化学株式会社. 負極にアルミニウム又はアルミニウム化合物を用いた非水電解液電池 - 特開平11-233109. https://www.j-platpat.inpit.go.jp/web/PU/JPA_H11233109/ED9C5B467B281B8B45DF188F1A9BC020. 
  9. ^ CSJ Chemical Concours. 木炭アルミ電池の作り方. http://chemcon.chemistry.or.jp/2003/procedure.htm. 
  10. ^ 石動智熾. 炭電池を高性能にしてみる. http://homepage2.nifty.com/tomchem/kenkyu/jikken/sumi.html. 
  11. ^ 社団法人 日本化学会. 炭とアルミの電池. http://www.chemistry.or.jp/edu/magic-dvd/chemical_01reason.html. 
  12. ^ 日立マクセル. 水とアルミニウムを水素発生源とした燃料電池を開発~10ワット級の燃料電池をモバイル電源で実証~. http://www.maxell.co.jp/jpn/news/2006/news060424.html. 


「空気アルミニウム電池」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「空気アルミニウム電池」の関連用語

空気アルミニウム電池のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



空気アルミニウム電池のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの空気アルミニウム電池 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS