核融合とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 自然科学 > 物理学 > 核融合 > 核融合の意味・解説 

かく‐ゆうごう〔‐ユウガフ〕【核融合】


【核融合】(かくゆうごう)

原子核融合して別の元素変わ時の質量減少分を、エネルギーとして取り出す核反応一種
エネルギー放出量は核分裂反応1/10であるが、原子そのものが軽いため、同じ質量を核融合させると結果的に核分裂上回るエネルギー取り出せる
太陽をはじめとする恒星エネルギー源としても有名である

発見され当初は人類には絶対に手に出来ないエネルギー」とも言われていたが、第二次世界大戦後核分裂爆弾エネルギー利用して水素原子(重水素)を圧縮融合させ、ヘリウム変わ反応利用する水素爆弾実用化された。
もっとも、あまりに強大な破壊力のため、核兵器の中でも特に抑止力として用いられる戦略核兵器としての利用できる関係上、兵器として水素爆弾が日目を見た事はない

放射性廃棄物少なく反応タイプによっては全く放射性廃棄物出ない)、また燃料である水素からほぼ無尽蔵に取り出せるため、将来化石燃料変わエネルギー源として、民生分野核融合炉研究されている。
しかし、その膨大なエネルギー制御融合方法難があるため、実用化には至っていない。
また「放射性廃棄物少ない」といっても、中性子電磁波放出される為、炉そのもの放射性物質となってしまうのも問題になっている。


核融合

同義/類義語:細胞核融合
英訳・(英)同義/類義語:nuclear fusion

複数核膜融合して一つ核になる現象で、受精後の雄核との融合典型的
「生物学用語辞典」の他の用語
現象や動作行為に関連する概念:  核形成  核相  核相交代  核融合  根圧  植物群落  植物群集

核融合反応

(核融合 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/15 09:50 UTC 版)

核融合反応かくゆうごうはんのう: nuclear fusion reaction)とは、軽い核種同士が融合してより重い核種になる核反応を言う。単に核融合と呼ばれる、もしくは記述されることも多い。核分裂反応と同じく古くから研究されている。


  1. ^ 原水爆実験(1957) p.194
  2. ^ 米で特許 再現成功で「常温核融合」、再評価が加速”. 日本経済新聞. 2021年11月4日閲覧。


「核融合反応」の続きの解説一覧

核融合

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/05 05:39 UTC 版)

1950年代研究開始され当初は核融合を目的開発されていたが、不安定性克服できず、一時期下火になっていた。近年ではZピンチで直接核融合を起こすではなくZマシンのようにZピンチからの強力な放射慣性核融合ドライバーとして利用しようという研究進められ、再び研究活発になりつつある。

※この「核融合」の解説は、「Zピンチ」の解説の一部です。» 「Zピンチ」の概要を見る


核融合

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/21 01:30 UTC 版)

核融合は、核分裂よりもより大きなエネルギーを得ることのできる方法である。放射線放射性廃棄物生み出すものの、核分裂よりはリスク少ない。当初は軍事用途水素爆弾)にて用いられていたが、核融合炉等の発電用途に向けた研究開発進められている。

※この「核融合」の解説は、「エネルギー資源」の解説の一部です。» 「エネルギー資源」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

核融合

出典:『Wiktionary』 (2021/08/16 01:49 UTC 版)

名詞

   (かくゆうごう)

  1. 軽い原子核間の高温高圧高密度プラズマ態で反応により融合重い原子核になる現象
  2. 複数融合一つとなる現象

関連語

語義1
語義2

対義語

翻訳

語義1

「核融合」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。

Weblioカテゴリー/辞書と一致するものが見つかりました。




核融合と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

核融合のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



核融合のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
文部科学省文部科学省
Copyright (C) 2022 文部科学省 All rights reserved.
環境防災Nネットホームページ原子力防災基礎用語集
日本惑星協会日本惑星協会
All rights reserved. The Planetary Society of Japan 2022.
JabionJabion
Copyright (C) 2022 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの核融合反応 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのZピンチ (改訂履歴)、エネルギー資源 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの核融合 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS