化石燃料とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 産業 > 製造業 > 燃料 > 化石燃料の意味・解説 

化石燃料

読み方:かせきねんりょう

動植物死骸などの有機物長い年月をかけて変質し、今日燃料資源として採掘され使用されている物質総称石炭石油天然ガスなどが該当する。

かせき‐ねんりょう〔クワセキネンレウ〕【化石燃料】

地質時代通じて動植物などが地中堆積し、長い年月をかけて地圧地熱を受け、変成されてできた有機物。特に、石炭石油天然ガスなど、燃料として用いられるもののこと。メタンハイドレート利用期待されている。化石エネルギー


化石燃料

石炭石油天然ガス等の地中埋蔵されている燃料総称数百万年上前植物プランクトンなどが地中埋もれ高熱高圧等の影響を受けてできたといわれています。 
石油の現在確認されている埋蔵量は約7千億バーレルで,現在の消費ペースでいけば約30年枯渇すると予測されています。

化石燃料

英語 fossile fuel

石油石炭天然ガスなど、過去生物植物の化石化したもの起源考えられている燃料資源のこと。化石燃料の資源量は、既知資源量現在の年間消費量で割った数字(可採年数)のかたちで表される。各資源可採年数は、石油4050年天然ガス6075年石炭2 00300年程度などとされる。これは現在の採掘技術を用い、現在と同じ採掘コストに限った数値であって、この年数資源尽きることを意味しない。また、化石燃料にはメタンハイドレートオイルサンドオイルシェールなどの未利用資源も知られており、そのすべてが100年程度資源的に枯渇するとは考えにくい。化石燃料の利用制限量は、資源量ではなく気候温暖化などの環境問題で決まることになるだろう。

化石燃料

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

化石燃料

読み方かせきねんりょう
【英】: fossil fuel

太古生息していた植物または動物の死がいが、他の無機物とともに堆積{たいsき}し、長年月の間に自然の作用熟成変化したもののうち、今日採掘されて燃料とされている物質をいう。具体的には、石油天然ガス石炭オイル・シェールから得られるシェール・オイルオイル・サンドから得られるサンド・オイルなどが化石燃料とされている。化石燃料は、その生成に大変な長年月要するので、現実的に有限枯渇型の資源であり、この点で、まきや水力太陽エネルギーなどのいわゆる再生可能型のエネルギーとは異なる。またいずれも炭素または炭素水素から成る有機物であって酸素化合し、燃焼することによって熱エネルギー発生するので、その利用必然的に炭酸ガス空中放散を伴うことも不可避特性である。

化石燃料

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/09 23:49 UTC 版)

化石燃料(かせきねんりょう、: fossil fuel)は、地質時代にかけて堆積した植物などの死骸が地中に堆積し、長い年月をかけて地圧・地熱などにより変成されてできた、化石となった有機物のうち、人間の経済活動で燃料として用いられる(または今後用いられることが検討されている)ものの総称である。


  1. ^ 地球温暖化を考える、宇沢弘文、岩波新書、ISBN 4-00-430403-2
  2. ^ 空海とアインシュタイン、広瀬立成、PHP新書、ISBN 4-569-64782-0、p.157-「二十世紀のあやまち」。
  3. ^ 「生命の起源はどこまでわかったか 深海と宇宙から迫る」p46-47 高井研編 岩波書店 2018年3月15日第1刷発行
  4. ^ 「基礎地球科学 第2版」p145 西村祐二郞編著 朝倉書店 2010年11月30日第2版第1刷
  5. ^ 「人間のための一般生物学」p26 武村政春 裳華房 2010年3月10日第3版第1刷
  6. ^ 「基礎地球科学 第2版」p150 西村祐二郞編著 朝倉書店 2010年11月30日第2版第1刷
  7. ^ 「基礎地球科学 第2版」p153 西村祐二郞編著 朝倉書店 2010年11月30日第2版第1刷
  8. ^ 「トコトンやさしいエネルギーの本 第2版」(今日からモノ知りシリーズ)p54 山﨑耕造 日刊工業新聞社 2016年4月25日第2版第1刷
  9. ^ 「基礎地球科学 第2版」p182 西村祐二郞編著 朝倉書店 2010年11月30日第2版第1刷
  10. ^ 「生命の意味 進化生態から見た教養の生物学」p33 桑村哲生 裳華房 2008年3月20日第8版発行
  11. ^ 「火と人間」p72 磯田浩 法政大学出版局 2004年4月20日初版第1刷
  12. ^ 『ジョージ王朝時代のイギリス』 ジョルジュ・ミノワ著 手塚リリ子・手塚喬介訳 白水社文庫クセジュ 2004年10月10日発行 p.79
  13. ^ 「トコトンやさしいエネルギーの本 第2版」(今日からモノ知りシリーズ)p52 山﨑耕造 日刊工業新聞社 2016年4月25日第2版第1刷
  14. ^ 「トコトンやさしいエネルギーの本 第2版」(今日からモノ知りシリーズ)p60 山﨑耕造 日刊工業新聞社 2016年4月25日第2版第1刷
  15. ^ 「トコトンやさしいエネルギーの本 第2版」(今日からモノ知りシリーズ)p62 山﨑耕造 日刊工業新聞社 2016年4月25日第2版第1刷
  16. ^ 「トコトンやさしいエネルギーの本 第2版」(今日からモノ知りシリーズ)p66 山﨑耕造 日刊工業新聞社 2016年4月25日第2版第1刷
  17. ^ 「エネルギーの未来 脱・炭素エネルギーに向けて」p7 馬奈木俊介編著 中央経済社 2019年3月10日第1版第1刷発行
  18. ^ https://www.enecho.meti.go.jp/about/whitepaper/2018html/2-2-2.html  「平成29年度エネルギーに関する年次報告(エネルギー白書2018) HTML版 第2部 エネルギー動向 / 第2章 国際エネルギー動向 / 第2節 一次エネルギーの動向」日本国経済産業省資源エネルギー庁 2020年5月9日閲覧
  19. ^ https://www.mofa.go.jp/mofaj/kids/ranking/crude_much.html 「1日あたりの原油の生産量の多い国」日本国外務省 2020年5月9日閲覧
  20. ^ https://www.nikkei.com/article/DGXMZO42961830X20C19A3000000/ 「米原油生産、45年ぶり世界首位 シェール増産効果」日本経済新聞 2019/3/27 2020年5月9日閲覧
  21. ^ https://www.enecho.meti.go.jp/about/whitepaper/2018html/2-2-2.html  「平成29年度エネルギーに関する年次報告(エネルギー白書2018) HTML版 第2部 エネルギー動向 / 第2章 国際エネルギー動向 / 第2節 一次エネルギーの動向」日本国経済産業省資源エネルギー庁 2020年5月9日閲覧
  22. ^ https://www.meti.go.jp/shingikai/enecho/shigen_nenryo/pdf/024_s03_02.pdf 「石炭マーケット研究会報告書(参考資料)」経済産業省資源エネルギー庁資源・燃料部 石炭課 平成30年4月 2020年5月9日閲覧
  23. ^ 「エネルギーの未来 脱・炭素エネルギーに向けて」p33 馬奈木俊介編著 中央経済社 2019年3月10日第1版第1刷発行
  24. ^ 「エネルギーの未来 脱・炭素エネルギーに向けて」p8 馬奈木俊介編著 中央経済社 2019年3月10日第1版第1刷発行
  25. ^ 「エネルギーの未来 脱・炭素エネルギーに向けて」p8 馬奈木俊介編著 中央経済社 2019年3月10日第1版第1刷発行
  26. ^ 「エネルギーの未来 脱・炭素エネルギーに向けて」p9-10 馬奈木俊介編著 中央経済社 2019年3月10日第1版第1刷発行
  27. ^ 「エネルギーの未来 脱・炭素エネルギーに向けて」p11-12 馬奈木俊介編著 中央経済社 2019年3月10日第1版第1刷発行
  28. ^ 「エネルギーの未来 脱・炭素エネルギーに向けて」p33-35 馬奈木俊介編著 中央経済社 2019年3月10日第1版第1刷発行
  29. ^ 「トコトンやさしいエネルギーの本 第2版」(今日からモノ知りシリーズ)p52 山﨑耕造 日刊工業新聞社 2016年4月25日第2版第1刷
  30. ^ https://www.enecho.meti.go.jp/about/whitepaper/2018html/2-2-2.html  「平成29年度エネルギーに関する年次報告(エネルギー白書2018) HTML版 第2部 エネルギー動向 / 第2章 国際エネルギー動向 / 第2節 一次エネルギーの動向」日本国経済産業省資源エネルギー庁 2020年5月9日閲覧
  31. ^ 地球環境報告、石弘之、岩波新書、1988年、ISBN 4-00-430033-9、p.213-。
  32. ^ 自然環境科学3(神戸大学発達科学部 田中研究室)
  33. ^ 「トコトンやさしいエネルギーの本 第2版」(今日からモノ知りシリーズ)p44 山﨑耕造 日刊工業新聞社 2016年4月25日第2版第1刷
  34. ^ 議会かわさき第57号「ぜん息患者に対する医療費助成等に関する意見書」、2004年 2月
  35. ^ 空海とアインシュタイン p.166-「進む温暖化」。
  36. ^ 「基礎地球科学 第2版」p205-206 西村祐二郞編著 朝倉書店 2010年11月30日第2版第1刷
  37. ^ 石油の終焉~生活が変わる、社会が変わる、国際関係が変わる~、ポール・ロバーツ・著、久保恵美子・訳、光文社、ISBN 4-334-96181-9
  38. ^ 空海とアインシュタイン p.166-「進む温暖化」より。氷河期末期の気温上昇期には 1.7℃上昇するのに約5千年かかったところが、20世紀の 100年間で上昇したことを指摘している。
  39. ^ 「基礎地球科学 第2版」p206 西村祐二郞編著 朝倉書店 2010年11月30日第2版第1刷
  40. ^ https://www.env.go.jp/policy/hakusyo/h30/html/hj18010101.html#n1_1_1 「平成30年版 環境・循環型社会・生物多様性白書 状況 第1部 第1章 第五次環境基本計画に至る持続可能な社会への潮流 第1節 持続可能な社会に向けたパラダイムシフト」日本国環境省 2020年5月9日閲覧
  41. ^ https://www.enecho.meti.go.jp/about/whitepaper/2018html/2-2-2.html  「平成29年度エネルギーに関する年次報告(エネルギー白書2018) HTML版 第2部 エネルギー動向 / 第2章 国際エネルギー動向 / 第2節 一次エネルギーの動向」日本国経済産業省資源エネルギー庁 2020年5月8日閲覧
  42. ^ https://www.enecho.meti.go.jp/about/whitepaper/2018html/2-2-2.html  「平成29年度エネルギーに関する年次報告(エネルギー白書2018) HTML版 第2部 エネルギー動向 / 第2章 国際エネルギー動向 / 第2節 一次エネルギーの動向」日本国経済産業省資源エネルギー庁 2020年5月8日閲覧
  43. ^ 「トコトンやさしいエネルギーの本 第2版」(今日からモノ知りシリーズ)p60 山﨑耕造 日刊工業新聞社 2016年4月25日第2版第1刷
  44. ^ https://www.enecho.meti.go.jp/about/whitepaper/2016html/1-1-1.html 「平成27年度エネルギーに関する年次報告(エネルギー白書2016) HTML版 第1部 エネルギーを巡る状況と主な対策 / 第1章 原油安時代におけるエネルギー安全保障への寄与 / 第1節 足下の原油価格下落の要因分析と今後の展望」日本国経済産業省資源エネルギー庁 2020年5月9日閲覧
  45. ^ https://www.bbc.com/japanese/52351592 「NY原油価格、史上初のマイナス 新型ウイルスで供給過剰」BBC 2020年04月21日 2020年5月9日閲覧
  46. ^ https://www.enecho.meti.go.jp/about/whitepaper/2018html/2-2-2.html  「平成29年度エネルギーに関する年次報告(エネルギー白書2018) HTML版 第2部 エネルギー動向 / 第2章 国際エネルギー動向 / 第2節 一次エネルギーの動向」日本国経済産業省資源エネルギー庁 2020年5月8日閲覧
  47. ^ 「トコトンやさしいエネルギーの本 第2版」(今日からモノ知りシリーズ)p54 山﨑耕造 日刊工業新聞社 2016年4月25日第2版第1刷
  48. ^ https://www.enecho.meti.go.jp/about/whitepaper/2018html/2-1-1.html  「平成29年度エネルギーに関する年次報告(エネルギー白書2018) HTML版 第2部 エネルギー動向 / 第1章 国内エネルギー動向 / 第1節 エネルギー需給の概要」日本国経済産業省資源エネルギー庁 2020年5月8日閲覧
  49. ^ https://www.enecho.meti.go.jp/about/whitepaper/2018html/2-1-1.html  「平成29年度エネルギーに関する年次報告(エネルギー白書2018) HTML版 第2部 エネルギー動向 / 第1章 国内エネルギー動向 / 第1節 エネルギー需給の概要」日本国経済産業省資源エネルギー庁 2020年5月8日閲覧
  50. ^ https://www.enecho.meti.go.jp/about/whitepaper/2018html/2-1-3.html  「平成29年度エネルギーに関する年次報告(エネルギー白書2018) HTML版  第2部 エネルギー動向 / 第1章 国内エネルギー動向 / 第3節 一次エネルギーの動向」日本国経済産業省資源エネルギー庁 2020年5月8日閲覧



化石燃料

出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 08:34 UTC 版)

名詞

   かせきねんりょう

  1. 石炭石油など、植物動物死骸地中堆積してできた燃料資源

関連語




化石燃料と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「化石燃料」に関係したコラム

  • CFDの天然ガス相場の見方

    天然ガスは、石油や石炭と同じく化石燃料の1つです。次の図は天然ガスの生産量をグラフに表したものです。ロシアやアメリカ合衆国、カナダなどでの生産量の多いことがわかります。※BP Statistical ...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「化石燃料」の関連用語

化石燃料のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



化石燃料のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
九州環境管理協会九州環境管理協会
財団法人 九州環境管理協会(以下、「当協会」とします)ホームページに記載されている全ての文章、写真その他の画像等の著作権は、すべて当協会に帰属します。これらを無断で転載・複製することは、私的使用または引用として使用する場合を除き、著作権法で禁止されています。
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
JOGMECJOGMEC
Global Disclaimer(免責事項)
本資料は石油天然ガス・金属鉱物資源機構(以下「機構」)石油・天然ガス調査グループが信頼できると判断した各種資料に基づいて作成されていますが、 機構は本資料に含まれるデータおよび情報の正確性又は完全性を保証するものではありません。 また、本資料は読者への一般的な情報提供を目的としたものであり、何らかの投資等に関する特定のアドバイスの提供を目的としたものではありません。 したがって、機構は本資料に依拠して行われた投資等の結果については一切責任を負いません。 なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。
※Copyright (c) 2020 Japan Oil, Gas and Metals National Corporation. All Rights Reserved.
このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。
プラスチック処理促進協会プラスチック処理促進協会
Copyright(C) Plastic Waste Management Institute All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの化石燃料 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの化石燃料 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS