オイルシェールとは?

Weblio 辞書 > 工学 > 大車林 > オイルシェールの意味・解説 

オイルシェール

英語 oil shale

藻類などが分解されてできた有機物に富む堆積岩で、その資源量石油匹敵すると考えられている。油分抽出オイルサンドより容易で、抽出油は石油より軽質成分が多い(つまりガソリン精製向き)といった特徴をもつ。しかし、油含有率が低いために大量鉱石を処理しなければならないことがコスト上の弱点となっている。

参照 オイルサンド
※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

オイル・シェール

読み方おいる しぇーる
【英】: oil shale
同義語: フィッシャー・アセイ  油頁岩  油母頁岩  

ケロジェン多量に含むち密な堆積岩たいせきがん}の総称
わが国および中国では油母頁岩ゆぼけつがん}または油頁岩ゆけつがん}ともいう。乾留によって液状またはガス状の炭化水素を生じる。オイル・シェールという語は岩石学の用語であると同時に、油が採取できる資源一種として用いられる。後者場合、どの程度上の油が採れるものを指すかについてはっきりした定義があるわけではないが、通常 10 ガロン(約 40 L)/トン上の油を生ずるものを対象として論じられるようである。オイル・シェールはシェール層自体資源であるので広い面積わたって存在し、米国ソ連ブラジル中国モロッコオーストラリアなどの各地大規模なオイル・シェール層の存在が知られており、その原始埋蔵量10 ガロントン上のもの)は採れる油の量で約 3 兆バーレル以上とされている。オイル・シェールをそのまま炉で燃料として燃やすことは、ソ連エストニア)などで行われ、また乾留して出てくるガス発電燃料としていることも報じられている。乾留してシェール・オイルを得ることは、19 世紀前半石油産業先駆としてフランス英国行われたが、やがて米国石油採掘されるようになって、行われなくなった。20 世紀になってから工業的にけつ岩油の生産が行われたのは、中国東北地方撫順で、1930 年代から第二次大戦にかけて、当時満鉄が独自に開発した乾留炉によるものがあり、これはその後現在まで中国によって継続されているが、これは石炭層のオーバーバーデンとして掘り起こされたオイル・シェールを利用したもので、最近エネルギー産業規模からすれば小型の炉で回収率も低い。1970 年代オイル・ショック後、米国中心に、ようやく本格的なオイル・シェール乾留技術開発再開されている。これまで加熱方式乾留にかけるけつ岩破砕粒度の違うさまざまな方式開発中であるが、いずれもまだ本格的操業実績確立するには至っていない。

フィッシャー・アセイ

読み方ふぃっしゃー あせい
【英】: fischer assay method
同義語: オイル・シェール  油頁岩  油母頁岩  

»オイル・シェール

油母頁岩

読み方ゆぼけつがん
【英】: oil shale
同義語: オイル・シェール  フィッシャー・アセイ  油頁岩  

»オイル・シェール

油頁岩

読み方ゆけつがん
【英】: oil shale
同義語: オイル・シェール  フィッシャー・アセイ  油母頁岩  

»オイル・シェール

オイルシェール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/09/24 13:33 UTC 版)

オイルシェール[1]: oil shale)、油母頁岩(ゆぼけつがん)[2]油質頁岩(ゆしつけつがん)、油頁岩(ゆけつがん)とは、油母 (ケロジェン) を多く含む岩石である。これらを化学処理して液状もしくはガス炭化水素とすることができる。


  1. ^ 文部省土木学会編 『学術用語集 土木工学編 増訂版』 土木学会、1991年、ISBN 4-8106-0073-4。(オンライン学術用語集
  2. ^ 文部省編 『学術用語集 地学編』 日本学術振興会、1984年、ISBN 4-8181-8401-2。(オンライン学術用語集
  3. ^ Shale Oil: The Elusive Energy (PDF)”. en:Colorado School of Mines. 2008年3月20日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o (PDF) Survey of energy resources (edition 21 ed.). World Energy Council (WEC). (2007). pp. 93–115. ISBN 0946121265. http://www.worldenergy.org/documents/ser2007_final_online_version_1.pdf 2007年11月13日閲覧。. 
  5. ^ a b (PDF) Annual Energy Outlook 2006. en:Energy Information Administration. (2006年2月). http://www.eia.doe.gov/oiaf/archive/aeo06/pdf/0383(2006).pdf 2008年4月18日閲覧。. 
  6. ^ a b c Andrews, Anthony (2006年4月13日) (PDF). Oil Shale: History, Incentives, and Policy. Congressional Research Service. http://www.fas.org/sgp/crs/misc/RL33359.pdf 2007年6月25日閲覧。. 
  7. ^ a b (PDF) NPR's National Strategic Unconventional Resource Model. en:United States Department of Energy. (2006年4月). http://www.fossil.energy.gov/programs/reserves/npr/NSURM_Documentation.pdf 2007年7月9日閲覧。. 
  8. ^ a b c d e f g h i j Dyni, John R. (2006年) (PDF). Geology and resources of some world oil-shale deposits. Scientific Investigations Report 2005–5294. U.S. Department of the Interior. U.S. Geological Survey. http://pubs.usgs.gov/sir/2005/5294/pdf/sir5294_508.pdf 2007年7月9日閲覧。. 
  9. ^ (PDF) Energy Security of Estonia. Estonian Foreign Policy Institute. (2006年9月). http://www.evi.ee/lib/Security.pdf 2007年10月20日閲覧。. 
  10. ^ Oil Shale Activities”. en:United States Department of Energy. 2007年10月20日閲覧。
  11. ^ a b c Burnham, A. K. (2003年8月20日) (PDF). Slow Radio-Frequency Processing of Large Oil Shale Volumes to Produce Petroleum-like Shale Oil. Lawrence Livermore National Laboratory. UCRL-ID-155045. http://www.llnl.gov/tid/lof/documents/pdf/243505.pdf 2007年6月28日閲覧。. 
  12. ^ a b (PDF) Environmental Impacts from Mining. US en:Office of Surface Mining Reclamation and Enforcement. (2006年8月2日). http://www.ott.wrcc.osmre.gov/library/hbmanual/epa530c/chapter3.pdf 2008年3月29日閲覧。. 
  13. ^ a b c Ots, Arvo (2007年2月12日). “Estonian oil shale properties and utilization in power plants” (PDF). Energetika (Lithuanian Academy of Sciences Publishers) 53 (2): 8–18. http://images.katalogas.lt/maleidykla/Ener72/Ener_008_018.pdf 2007年11月7日閲覧。. 
  14. ^ Nield, Ted (2007年2月17日). “Shale of the Century”. Geological Society of London. 2007年10月20日閲覧。
  15. ^ O’Neil, William D. (2001年6月11日) (PDF). Oil as a strategic factor. The supply of oil in the first half of the 21st century, and its strategic implications for the U.S.. CNA Corporation. pp. 94–95. http://www.analysis.williamdoneil.com/oil_as_strategic_factor.pdf 2008年4月19日閲覧。. 
  16. ^ a b c Altun, N. E.; Hiçyilmaz, C.; Hwang, J.-Y.; Suat Bağci, A.; Kök, M. V. (2006年). “Oil Shales in the world and Turkey; reserves, current situation and future prospects: a review” (PDF). Oil Shale. A Scientific-Technical Journal (Estonian Academy Publishers) 23 (3): 211–227. ISSN 0208-189X. http://www.kirj.ee/public/oilshale/oil-2006-3-2.pdf 2007年6月16日閲覧。. 
  17. ^ Alali, Jamal (2006年11月7日) (PDF). Jordan Oil Shale, Availability, Distribution, And Investment Opportunity. Amman, Jordan. http://www.sdnp.jo/International_Oil_Conference/rtos-A117.pdf 2008年3月4日閲覧。. 
  18. ^ Lee, Sunggyu (1991). Oil Shale Technology. CRC Press. pp. 10. ISBN 0849346150. http://books.google.com/books?id=N0wMCusO6yIC&pg=PA253&lpg=PA253&source=web&ots=RUeSKpiSxN&sig=pvW6H4fqTIb-cHHdVuO57pozdeg#PPP1,M1 2007年7月9日閲覧。. 
  19. ^ Hutton, A.C. (1987年). “Petrographic classification of oil shales”. International Journal of Coal Geology (Elsevier Science) 8: 203–231. doi:10.1016/0166-5162(87)90032-2. ISSN 0166-5162. 
  20. ^ a b 山崎時男『オイルマンが書いたマルチ石油学入門』、大空社、1994年、ISBN 4-87236-926-2
  21. ^ a b Youngquist, Walter (1998年). “Shale Oil - The Elusive Energy” (PDF). Hubbert Center Newsletter (Colorado School of Mines) (4). http://hubbert.mines.edu/news/Youngquist_98-4.pdf 2008年4月17日閲覧。. 
  22. ^ a b c d e Brendow, K. (2003年). “Global oil shale issues and perspectives. Synthesis of the Symposium on Oil Shale. 18–19 November, Tallinn” (PDF). Oil Shale. A Scientific-Technical Journal (Estonian Academy Publishers) 20 (1): 81–92. ISSN 0208-189X. http://www.kirj.ee/public/oilshale/9_brendow_1_03.pdf 2007年7月21日閲覧。. 
  23. ^ Qian, Jialin; Wang, Jianqiu; Li, Shuyuan (2003年). “Oil Shale Development in China” (PDF). Oil Shale. A Scientific-Technical Journal (Estonian Academy Publishers) 20 (3): 356–359. ISSN 0208-189X. http://www.kirj.ee/public/oilshale/9_qian_2003_3s.pdf 2007年6月16日閲覧。. 
  24. ^ Chapter 3 - Petroleum and Other Liquids Fuels. International Energy Outlook 2007”. Energy Information Administration (2007年5月). 2008年4月20日閲覧。
  25. ^ About Oil Shale”. en:Argonne National Laboratory. 2007年10月20日閲覧。
  26. ^ Bibliographic Citation: Non-synfuel uses of oil shale”. U.S. en:Department of Energy. 2008年3月20日閲覧。
  27. ^ Ian West (2008年1月6日). “Kimmeridge - The Blackstone - Oil Shale”. en:University of Southampton. 2008年4月21日閲覧。
  28. ^ a b c Laherrère, Jean (2005年) (PDF). Review on oil shale data. Hubbert Peak. http://www.hubbertpeak.com/laherrere/OilShaleReview200509.pdf 2007年6月17日閲覧。. 
  29. ^ Doscher, Todd M.. “Petroleum”. en:MSN Encarta. 2008年4月22日閲覧。
  30. ^ Oil Shale”. American Association of Petroleum Geologists. 2008年3月31日閲覧。
  31. ^ a b Yin, Liang (2006年11月7日) (PDF). Current status of oil shale industry in Fushun, China. Amman, Jordan. http://www.sdnp.jo/International_Oil_Conference/rtos-A106.pdf 2007年6月29日閲覧。. 
  32. ^ Collier, Robert (2006年9月4日). “Coaxing oil from huge U.S. shale deposits”. San Francisco Chronicle. http://www.sfgate.com/cgi-bin/article.cgi?file=/c/a/2006/09/04/MNGIEKV0D41.DTL 2008年5月14日閲覧。 
  33. ^ Manski, Rebecca (2006年9月2日). “Scrapping the Oil Shale Scam, Investing in Infinite Energy”. BUSTAN: Environmental Justice in Israel’s Negev. オリジナル2007年10月21日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20071021064823/http://bustan.org/2006/09/post.html 2008年5月14日閲覧。 
  34. ^ “Nominations for Oil Shale Research Leases Demonstrate Significant Interest in Advancing Energy Technology.” (プレスリリース), Bureau of Land Management, (2005年9月20日), http://www.blm.gov/nhp/news/releases/pages/2005/pr050920_oilshale.htm 2007年7月10日閲覧。 
  35. ^ “BLM Publishes Advance Notice of Proposed Rulemaking on Commercial Oil Shale Leasing.” (プレスリリース), Bureau of Land Management, (2006年8月25日), http://www.blm.gov/nhp/news/releases/pages/2006/pr060825_anpr.htm 2008年4月5日閲覧。 
  36. ^ What's in the Oil Shale and Tar Sands Leasing Programmatic EIS”. Oil Shale and Tar Sands Leasing Programmatic EIS Information Center. 2007年7月10日閲覧。
  37. ^ a b c d (PDF) A study on the EU oil shale industry viewed in the light of the Estonian experience. A report by EASAC to the Committee on Industry, Research and Energy of the European Parliament. European Academies Science Advisory Council. (2007年5月). http://www.easac.org/displaypagedoc.asp?id=78 2007年11月25日閲覧。. 
  38. ^ Alali, Jamal; Abu Salah, Abdelfattah; Yasin, Suha M.; Al Omari, Wasfi (2006年) (PDF). Oil Shale in Jordan. Natural Resources Authority of Jordan. http://www.nra.gov.jo/images/stories/pdf_files/Oil_Shale.pdf 2007年6月29日閲覧。. 
  39. ^ (PDF) Non-Nuclear Energy Research in Europe – A comparative study. Country Reports A – I. Volume 2. en:European Commission. Directorate-General for Research. (2005年). EUR 21614/2. http://ec.europa.eu/research/energy/pdf/synergy_vol2_en.pdf 2007年6月29日閲覧。. 
  40. ^ Hamarneh, Yousef; Alali, Jamal; Sawaged, Suzan (1998; 2006) (PDF). Oil Shale Resources Development In Jordan. Amman: Natural Resources Authority of Jordan. http://www.nra.gov.jo/images/stories/pdf_files/Updated_Report_2006.pdf 2007年6月16日閲覧。. 
  41. ^ (PDF) Estonian Energy in Figures 2005. Ministry of Economic Affairs and Communications. (2006年). http://www.mkm.ee/doc.php?173480 2007年10月22日閲覧。. 
  42. ^ Liive, Sandor (2007年). “Oil Shale Energetics in Estonia” (PDF). Oil Shale. A Scientific-Technical Journal (Estonian Academy Publishers) 24 (1): 1–4. ISSN 0208-189X. http://www.kirj.ee/public/oilshale/oil-2007-1-1.pdf 2007年10月23日閲覧。. 
  43. ^ a b c Bartis, James T.; LaTourrette, Tom; Dixon, Lloyd; Peterson, D.J.; Cecchine, Gary (2005年) (PDF). Oil Shale Development in the United States. Prospects and Policy Issues. Prepared for the National Energy Technology Laboratory of the U.S. Department of Energy. The RAND Corporation. ISBN 978-0-8330-3848-7. http://www.netl.doe.gov/energy-analyses/pubs/Oil%20Shale%20Development%20in%20the%20United%20States%20-%20RAND%20August%20200.pdf 2007年6月29日閲覧。. 
  44. ^ Burnham, Alan K.; McConaghy, James R. (2006年10月16日) (PDF). Comparison of the Acceptability of Various Oil Shale Processes. Golden: 26th Oil Shale Symposium. UCRL-CONF-226717. http://www.llnl.gov/tid/lof/documents/pdf/341283.pdf 2007年6月23日閲覧。. 
  45. ^ Koel, Mihkel (1999年). “Estonian oil shale”. Oil Shale. A Scientific-Technical Journal (Estonian Academy Publishers) (Extra). ISSN 0208-189X. http://www.kirj.ee/public/oilshale/Est-OS.htm 2007年7月21日閲覧。. 
  46. ^ Ennis, D.L. (2006年8月15日). Oil Shale—An Investment We Can’t Afford. California Chronicle. http://www.californiachronicle.com/articles/viewArticle.asp?articleID=12494 2007年7月26日閲覧。. 
  47. ^ a b (PDF) Strategic Significance of America’s Oil Shale Resource. Volume II Oil Shale Resources, Technology and Economics. United States Department of Energy. (2004年). http://www.fossil.energy.gov/programs/reserves/npr/publications/npr_strategic_significancev2.pdf 2007年6月23日閲覧。. 
  48. ^ Process for the recovery of hydrocarbons from oil shale”. FreePatentsOnline. 2007年11月3日閲覧。
  49. ^ Qian, Jialin; Wang, Jianqiu (2006年11月7日) (PDF). World oil shale retorting technologies. Amman, Jordan. http://www.sdnp.jo/International_Oil_Conference/rtos-A118.pdf 2007年6月29日閲覧。. 
  50. ^ Qian, Jialin; Wang, Jianqiu; Li, Shuyuan (PDF). One Year’s Progress in the Chinese Oil Shale Business. China University of Petroleum. http://mines.conference-services.net/viewPDF.asp?abstractID=162200&conferenceID=1128 2007年10月6日閲覧。. 
  51. ^ Schora, F. C.; Tarman, P. B.; Feldkirchner, H. L.; Weil, S. A. (1976), “Hydrocarbon fuels from oil shale”, Proceedings (en:American Institute of Chemical Engineers) 1: 325–330, A77-12662 02-44 
  52. ^ Valgma, Ingo. “Map of oil shale mining history in Estonia”. Mining Institute of en:Tallinn Technical University. 2007年7月21日閲覧。
  53. ^ Dyni, John R. (1983年4月1日). “Distribution and origin of sulfur in Colorado oil shale”. 16th Oil Shale Symposium Proceedings (U.S. Geological Survey): 144–159. CONF-830434-. http://www.osti.gov/energycitations/product.biblio.jsp?osti_id=5232531 2007年10月22日閲覧。. 
  54. ^ Al-Harahsheh, Adnan; Al-Otoom, Awni Y.; Shawabkeh, Reyad A. (2003-10-16 2005-11). “Sulfur distribution in the oil fractions obtained by thermal cracking of Jordanian El-Lajjun oil Shale”. Energy (en:Elsevier) 30: 2784–2795. 2005-11. doi:10.1016/j.energy.2005.01.013. http://www.sciencedirect.com/science?_ob=ArticleURL&_udi=B6V2S-4FNTH74-1&_user=10&_coverDate=11%2F30%2F2005&_rdoc=1&_fmt=&_orig=search&_sort=d&view=c&_acct=C000050221&_version=1&_urlVersion=0&_userid=10&md5=6c05f61d6b2ad9d9c83d51710d47a518 2007年10月22日閲覧。. 
  55. ^ Lee, Sunggyu (1991). Oil Shale Technology. en:CRC Press. pp. 6. ISBN 0849346150. http://books.google.com/books?id=N0wMCusO6yIC&pg=PA253&lpg=PA253&source=web&ots=RUeSKpiSxN&sig=pvW6H4fqTIb-cHHdVuO57pozdeg#PPP1,M1 2007年7月9日閲覧。. 
  56. ^ Statement Of Daniel Yergin, Chairman of Cambridge Energy Research Associates, Before The Committee On Energy And Commerce/U.S. House Of Representatives”. en:United States House of Representatives (2006年5月4日). 2008年3月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年4月20日閲覧。
  57. ^ Rapier, Robert (2006年6月12日). Oil Shale Development Imminent. R-Squared Energy Blog. http://i-r-squared.blogspot.com/2006/06/oil-shale-development-imminent.html 2007年6月22日閲覧。. 
  58. ^ A Reporter at Large:Unconventional Crude”. en:The New Yorker (2007年11月12日). 2008年3月31日閲覧。
  59. ^ Is Oil Shale The Answer To America's Peak-Oil Challenge? (PDF)”. US en:Department of Energy (2008年2月8日). 2008年3月31日閲覧。
  60. ^ a b Seebach, Linda (2005年9月2日). “Shell's ingenious approach to oil shale is pretty slick”. Rocky Mountain News. 2007年6月2日閲覧。
  61. ^ Schmidt, S. J. (2003年). “New directions for shale oil:path to a secure new oil supply well into this century: on the example of Australia” (PDF). Oil Shale. A Scientific-Technical Journal (Estonian Academy Publishers) 20 (3): 333–346. ISSN 0208-189X. http://www.kirj.ee/public/oilshale/7_schmidt_2003_3s.pdf 2007年6月2日閲覧。. 
  62. ^ Krauss, Leah (2006年11月7日). “Analysis: Israel sees shale replacing oil”. United Press International. 2007年7月29日閲覧。
  63. ^ Tiikma, Laine; Johannes, Ille; Pryadka, Natalja (2002年). “Co-pyrolysis of waste plastics with oil shale”. Proceedings. Symposium on Oil Shale 2002, Tallinn, Estonia: 76. 
  64. ^ Tiikma, Laine; Johannes, Ille; Luik, Hans (2006年3月). “Fixation of chlorine evolved in pyrolysis of PVC waste by Estonian oil shales” (PDF). Journal of Analytical and Applied Pyrolysis 75 (2): 205–210. doi:10.1016/j.jaap.2005.06.001. http://www.sciencedirect.com/science?_ob=MImg&_imagekey=B6TG7-4GR33JX-1-9&_cdi=5247&_user=10&_orig=search&_coverDate=03%2F31%2F2006&_sk=999249997&view=c&wchp=dGLbVtz-zSkWW&md5=9e583e16281cce35e8d52957730ad3f3&ie=/sdarticle.pdf 2007年10月20日閲覧。. 
  65. ^ Veski, R.; Palu, V.; Kruusement, K. (2006年). “Co-liquefaction of kukersite oil shale and pine wood in supercritical water” (PDF). Oil Shale. A Scientific-Technical Journal (Estonian Academy Publishers) 23 (3): 236–248. ISSN 0208-189X. http://www.kirj.ee/public/oilshale/oil-2006-3-4.pdf 2007年6月16日閲覧。. 
  66. ^ Aboulkas, A.; El Harfi, K.; El Bouadili, A.; Benchanaa, M.; Mokhlisse, A.; Outzourit, A. (2007年). “Kinetics of co-pyrolysis of Tarfaya (Morocco) oil shale with high-density polyethylene” (PDF). Oil Shale. A Scientific-Technical Journal (Estonian Academy Publishers) 24 (1): 15–33. ISSN 0208-189X. http://www.kirj.ee/public/oilshale/oil-2006-3-4.pdf 2007年6月16日閲覧。. 
  67. ^ Ozdemir, M.; Akar, A.; Aydoğan, A.; Kalafatoglu, E.; Ekinci, E. (2006年11月7日) (PDF). Copyrolysis of Goynuk oil shale and thermoplastics. Amman, Jordan. http://www.sdnp.jo/International_Oil_Conference/rtos-A114.pdf 2007年6月29日閲覧。. 
  68. ^ (PDF) Backgrounder: Negev Oil Shale. BUSTAN: Environmental Justice in Israel’s Negev. (2006年). http://bustan.org/pdfs/OilShale.pdf 2008年5月14日閲覧。. 
  69. ^ Cleveland, Cutler J.; Costanza, Robert; Hall, Charles A. S.; Kaufmann, Robert (1984年8月31日). “Energy and the U.S. Economy: A Biophysical Perspective” (PDF). Science (en:American Association for the Advancement of Science) 225 (4665): 890–897. doi:10.1126/science.225.4665.890. ISSN 00368075. http://www.eroei.com/pdf/Energy%20and%20the%20U.S.%20Economy-%20A%20Biophysical%20Perspective.pdf 2007年8月28日閲覧。. 
  70. ^ (PDF) Oil Shale Test Project. Oil Shale Research and Development Project. Shell Frontier Oil and Gas. (2006年2月15日). http://www.blm.gov/pgdata/etc/medialib/blm/co/field_offices/white_river_field/oil_shale.Par.79837.File.dat/OSTPlanofOperations.pdf 2007年6月30日閲覧。. 
  71. ^ Reiss, Spencer (2005年12月13日). “Tapping the Rock Field”. WIRED Magazine. 2007年8月27日閲覧。
  72. ^ Raukas, Anto (2004年). “Opening a new decade” (PDF). Oil Shale. A Scientific-Technical Journal (Estonian Academy Publishers) 21 (1): 1–2. ISSN 0208-189X. http://www.kirj.ee/public/oilshale/1_ed_page_2004_1.pdf 2008年5月14日閲覧。. 
  73. ^ ウォールストリート・ジャーナル シェールガス採掘法に暗雲、地震原因の危険性訴える裁判 2015年3月31日 11:06 JST
  74. ^ (PDF) Driving It Home. Choosing the Right Path for Fueling North America's Transportation Future. en:Natural Resources Defense Council. (2007年6月). http://www.nrdc.org/energy/drivingithome/drivingithome.pdf 2008年4月19日閲覧。. 
  75. ^ Kosich, Dorothy (2008年4月11日). “Repeal sought for ban on U.S. Govt. use of CTL, oil shale, tar sands-generated fuel”. Mine Web. http://www.mineweb.com/mineweb/view/mineweb/en/page38?oid=50551&sn=Detail 2008年5月27日閲覧。 
  76. ^ Bloom David I, Waldron Roger, Layton Duane W, Patrick Roger W (2008年3月4日). “United States: Energy Independence And Security Act Provision Poses Major Problems For Synthetic And Alternative Fuels”. 2008年5月27日閲覧。
  77. ^ Bartis, Jim, RAND Corporation (2006年10月26日) (PDF). Unconventional Liquid Fuels Overview. 2006 Boston World Oil Conference. Association for the Study of Peak Oil & Gas - USA. http://www.aspo-usa.com/fall2006/presentations/pdf/Bartis_J_Boston_2006.pdf 2007年6月28日閲覧。. 
  78. ^ a b Draft Oil Shale and Tar Sands Resource Management Plan Amendments to Address Land Use Allocations in Colorado, Utah, and Wyoming and Programmatic Environmental Impact Statement. Volume 2 (PDF)”. en:Argonne National Laboratory. p. 36 (2007年12月7日). 2008年3月31日閲覧。
  79. ^ Luken, Larry (2005年7月9日). “Oil Shale Myths”. Shale Oil Information Center. 2008年4月1日閲覧。
  80. ^ Critics charge energy, water needs of oil shale could harm environment”. U.S. Water News Online (2007年7月). 2008年4月1日閲覧。
  81. ^ Hopes for shale oil are revived”. worldoil.com (2005年8月). 2008年4月1日閲覧。
  82. ^ Oil-shale 'rush' is sparking concern”. en:Deseret Morning News (2008年3月22日). 2008年3月31日閲覧。
  83. ^ Manski, Rebecca (2006年8月6日). “Will plans to mine oil shale in Israel Negev Desert sideline renewable resource options?” (PDF). BUSTAN: Environmental Justice in Israel’s Negev. http://bustan.org/pdfs/OilShaleTechInIsrael.pdf 2008年5月14日閲覧。 


「オイルシェール」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「オイルシェール」の関連用語

オイルシェールのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



オイルシェールのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
JOGMECJOGMEC
Global Disclaimer(免責事項)
本資料は石油天然ガス・金属鉱物資源機構(以下「機構」)石油・天然ガス調査グループが信頼できると判断した各種資料に基づいて作成されていますが、 機構は本資料に含まれるデータおよび情報の正確性又は完全性を保証するものではありません。 また、本資料は読者への一般的な情報提供を目的としたものであり、何らかの投資等に関する特定のアドバイスの提供を目的としたものではありません。 したがって、機構は本資料に依拠して行われた投資等の結果については一切責任を負いません。 なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。
※Copyright (c) 2019 Japan Oil, Gas and Metals National Corporation. All Rights Reserved.
このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのオイルシェール (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS