エストニアとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 政治 > 国家 > 共和国 > エストニアの意味・解説 

エストニア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/22 08:14 UTC 版)

エストニア共和国(エストニアきょうわこく、エストニア語: Eesti Vabariik)、通称エストニアエストニア語: Eesti)は、北ヨーロッパ共和制国家バルト三国の一つで、欧州連合(EU)、北大西洋条約機構(NATO)、経済協力開発機構(OECD)の加盟国であり、通貨ユーロ。人口は132万人[注 1]。首都はタリンである。




  1. ^ 沖縄県約143万人、福岡市約153万人の人口に近い。
  2. ^ フィンランド湾、北岸のフィンランド首都ヘルシンキ、南岸のエストニア首都タリン、両首都間の距離は85km[2]
  3. ^ エストニアの面積45,226km²、九州本島の面積36,749.82km² (九州の面積42,194.75km²から屋久島・種子島・奄美大島・五島列島など離島除く)。
  4. ^ 国土の最高標高318mの地点は、タリンから南東に約250km、ロシアとラトビアとの国境近くの「スールムナマギ」(大きな卵の丘)。
  5. ^ 国際連合統計局の分類より[3]。日本の外務省欧州局は西欧課が担当する[4]
  6. ^ ヘルシンキとは1日7便(85km 所要時間最短で90分)、バルト海西岸のストックホルムスウェーデン)とは1日1便(375km 所要時間15時間)等、2013年度[2]
  7. ^ 国境なき記者団が毎年発表する。政府による報道への規制等を国別に数値化し、自由度の高い順にランキング化したもの。エストニアは2007年と2012年が第3位、2014年第11位。日本は、2014年第59位で、2011年第11位が過去最高である。
  8. ^ ヨーロッパで、「科学リテラシー」がフィンランドに次ぐ第2位(OECD全体で6位)、「読解力」が第4位(全体で11位)、「数学的リテラシー」が第4位(全体で11位)[9]
  9. ^ 「On the hill, there have been 5 towers. The first tower, built in 1812」 en:Suur Munamägi#History
  10. ^ Skypeが開発されたのもタリン。
  1. ^ a b c d e World Economic Outlook Database, April 2019” (英語). IMF (2019年4月). 2019--5-11閲覧。
  2. ^ a b c d e 駐日エストニア共和国大使館HP[リンク切れ]
  3. ^ 地図 および次の「Northern Europe」参照 [1] 2011年2月17日. 2011年4月2日閲覧。
  4. ^ 外務省欧州局 2011年4月2日閲覧。
  5. ^ タリン市観光局公式HPフィンランド・スウエーデン等との定期航路図
  6. ^ エストニア、2013年度「英語能力指数(EF EPI)」で世界第4位 [2]
  7. ^ 独立行政法人 労働政策研究・研修機構、海外労働情報・国別労働トピック[リンク切れ]
  8. ^ 小学1年生からプログラミング授業 WIRED news 2012.9.7
  9. ^ OECD加盟国の生徒の学習到達度調査(PISA) 『~2012年調査国際結果の要約~』 P10表1より
  10. ^ a b 機関名「NATO Cooperative Cyber Defence Centre of Excellence」、日本の外務省による訳語「NATOサイバー防衛協力センター」、参照:外務省サイト エストニアの外交・国防⇒ 3.国防⇒ (3)その他、より[3]
  11. ^ “エストニアの「電子居住権」、小国の生命線”. 『日本経済新聞』. (2017年1月24日). http://www.nikkei.com/article/DGXLZO12043610U7A120C1905E00/ 
  12. ^ 日本の外務省HP、エストニア共和国、外交・国防、3.国防より、[4]
  13. ^ 【Disruption 断絶の先に】第1部 ブロックチェーンが変える未来①国土破れてもデータあり/絵ストアニア 起業の花咲く『日本経済新聞』朝刊2019年4月3日(11面)2019年4月3日閲覧。
  14. ^ a b Vahtla, Aili (2018年5月23日). “Moscow: Border treaty won't be ratified if Estonia doesn't change conduct”. BNS英語版, ERR. ERR. https://news.err.ee/833760/moscow-border-treaty-won-t-be-ratified-if-estonia-doesn-t-change-conduct 2019年3月30日閲覧。 
  15. ^ Vahtla, Aili (2019年3月21日). “Budget cuts may be necessary this year, says Ratas”. ERR. https://news.err.ee/922005/budget-cuts-may-be-necessary-this-year-says-ratas 2019年3月30日閲覧。 
  16. ^ BBC NEWS | Europe | Estonia claims new e-voting first
  17. ^ エストニア「電子国家」で変わる生活 ワールドビジネスサテライト 2018年1月16日放送[リンク切れ]
  18. ^ エストニア語への招待[リンク切れ]
  19. ^ 以下のリンクなどを参照。 [5], [6], [7]
  20. ^ 独立行政法人 日本貿易振興機構(ジェトロ) (2019年4月26日). “HP>国・地域別に見る>欧州>EU>基礎的経済指標”. 2019年5月11日閲覧。
  21. ^ 講談社>現代メディア「またの名を「eストニア」バルトの小国はEU期待の星」
  22. ^ ヘリテージ財団 (2019年). “経済自由度指標 エストニア”. 2019年5月11日閲覧。
  23. ^ Nimeseadus, Riigi Teataja.


「エストニア」の続きの解説一覧

エストニア

出典:『Wiktionary』 (2012/02/22 19:57 UTC 版)

固有名詞

  1. ヨーロッパ東部にある正式名称エストニア共和国首都タリン

翻訳

関連語




エストニアと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「エストニア」に関係したコラム

  • 世界の株価指数一覧

    株価指数は、証券取引所に上場している銘柄を一定の基準で選出し、それらの銘柄の株価を一定の計算方法で算出したものです。例えば、日本の株価指数の日経平均株価(日経平均、日経225)は、東京証券取引所(東証...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「エストニア」の関連用語

エストニアのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



エストニアのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのエストニア (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのエストニア (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2019 Weblio RSS