北東部とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 北東部の意味・解説 

北東部

読み方:ほくとうぶ

ある地域北方向か東方向部分

北東部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/13 05:05 UTC 版)

奥秩父山塊」の記事における「北東部」の解説

四阿屋山(772メートル両神山(1723メートル南天山1483メートル秩父御岳山(1081メートル中津峡 三峰山 - 妙法ヶ岳白岩山雲取山総称白泰山(1794メートル妙法が岳1332メートル霧藻ヶ峰1523メートル白岩山(1921メートル熊倉山(1427メートル和名倉山(2036メートル芋木ノドッケ1949メートル長沢山 水松山谷山 七跳山(1651メートル大平山(1603メートル大栗山 蕎麦粒山(1472.9メートル天目山 (三ツドッケ) 矢岳

※この「北東部」の解説は、「奥秩父山塊」の解説の一部です。
「北東部」を含む「奥秩父山塊」の記事については、「奥秩父山塊」の概要を参照ください。


北東部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/27 03:18 UTC 版)

倉敷地域」の記事における「北東部」の解説

中庄 中庄鳥羽徳芳黒崎など 新興住宅が多い一方中庄駅中心に庄・菅生地区広がる新興市街地形成されている。 詳細は「中庄を参照

※この「北東部」の解説は、「倉敷地域」の解説の一部です。
「北東部」を含む「倉敷地域」の記事については、「倉敷地域」の概要を参照ください。


北東部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/15 07:09 UTC 版)

千葉県の市町村章一覧」の記事における「北東部」の解説

土気町役場土気町例規集』千葉県千葉郡土気町旭市役所『旧・旭市例規集』千葉県旭市海上町役場海上町例規集』千葉県海上郡海上町飯岡町役場飯岡町例規集』千葉県海上郡飯岡町干潟町役場干潟町例規集』千葉県香取郡干潟町八日市場市役所八日市場市例規集』千葉県八日市場市野上町役場野上町例規集』千葉県匝瑳郡野上町成田市役所『旧・成田市例規集』千葉県成田市大栄町役場大栄町例規集』千葉県安房郡大栄町佐原市役所佐原市例規集』千葉県佐原市小見川町役場小見川町例規集』千葉県香取郡小見川町山田町役場山田町例規集』千葉県香取郡山田町栗源町役場栗源町例規集』千葉県香取郡栗源町成東町役場成東町例規集』千葉県山武郡成東町山武町役場山武町例規集』千葉県山武郡山武町松尾町役場松尾町例規集』千葉県山武郡松尾町蓮沼村役場蓮沼村例規集』千葉県山武郡蓮沼村横芝町役場横芝町例規集』千葉県山武郡横芝町

※この「北東部」の解説は、「千葉県の市町村章一覧」の解説の一部です。
「北東部」を含む「千葉県の市町村章一覧」の記事については、「千葉県の市町村章一覧」の概要を参照ください。


北東部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/21 07:04 UTC 版)

先コロンブス期」の記事における「北東部」の解説

北東部にヨーロッパから白人侵入してきたとき、多くのインディアン狩猟採集民で、カヌー使い森林部をウィグワム移動していた。また定住型の農耕文明を持つ部族もいた。多くヨーロッパ文明対応して新し部族連邦形成した良く知られる部族としては、北東部のワイアンドット族ヒューロン族)、アラスカハイダ族南西部アパッチ族東部のチェロキー族北西部スー族、北東部のデラウェア族レナペ)、東部のチョクトー族、モヘガン族、イロコイ連邦モホーク族オナイダ族セネカ族、カユーガ族、オノンダーガ族および後にタスカローラ族を含む)およびアラスカエスキモーカナダイヌイットがあった。南方メソアメリカ文明ほど実質的に進んだものは無かったが、現在のアメリカ合衆国範囲には広範な先コロンブス期定住社会があった。イロコイ連邦すなわち「長い家の人々」は政治的に進んでおり、特徴的な社会構造があったので、直接的ではないまでも後のアメリカ合衆国民主主義発展少なからぬ影響与えヨーロッパから来た強い君主制とは別のものになっていた。彼らの文化はすべて母系社会であり、合議制基本としている。これは現在も変わらない

※この「北東部」の解説は、「先コロンブス期」の解説の一部です。
「北東部」を含む「先コロンブス期」の記事については、「先コロンブス期」の概要を参照ください。


北東部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/28 23:19 UTC 版)

沼垂 (新潟市)」の記事における「北東部」の解説

新潟市東区北西部通船川以北位置する1898年明治31年)に松島村から山ノ下新田編入してからは地域全体山ノ下総称されるようになり、昭和10年代末には「山ノ下」の地域名で「沼垂」と区別されるようになった1940年昭和15年)から1975年昭和50年にかけて沼垂一部から臨港町東臨港町桃山町秋葉通秋葉宝町錦町上王瀬町月見町松島大山北葉町臨港古川町長者町東新町臨海町浜町神明町古湊町末広町分立した。 沼垂 (ぬったり) 1964年昭和39年)から、現在まである新潟市東区町名人口は0人。北越紀州製紙新潟工場敷地一部と、山ノ下閘門排水機場一部通船川、新栗の木川にまたがる地名秋葉 (あきば) 1964年昭和39年)から、現在まである新潟市東区町名。もとは秋葉通東大山町の各一部かつては新潟鐵工所大山工場大部分占めていたが、新潟鐵工所経営破綻した2001年平成13年)に宅地化されている秋葉通 (あきばどおり) 1941年昭和16年)から、現在まである新潟市東区町名。もとは沼垂一部2丁目1933年昭和8年)に造られ新潟農園一部だったが、第二次世界大戦中被服廠になった終戦後山ノ下中学校引揚者収容施設となり、国家公務員住宅市営住宅なども建設された。 王瀬新町 (おうせしんまち) 1943年昭和18年)から、現在まである新潟市東区町名焼島潟の埋立地で、人家はなく工場のみ。 大山 (おおやま) 1964年昭和39年)から、現在まである新潟市東区町名。1丁目から2丁目があり、もとは大山台おおやまだい)、南大山町(みなみおおやまちょう)、西大山町(にしおおやまちょう)、山ノ下通北大山町(きたおおやまちょう)、松島通の各一部大山台北大山町西大山町、南大山町1941年昭和16年)から1963年昭和38年)まで存在した町名で、もとは沼垂一部町名は字大山由来する上王瀬町 (かみおうせちょう) 昭和20年代から、現在まである新潟市東区町名。もとは沼垂一部で、町名字名由来する北葉町 (きたばちょう) 1964年昭和39年)から、現在まである新潟市東区町名。もとは北大山町秋葉通山ノ下通各一部神明町 (しんめいちょう) 1943年昭和18年)から、現在まである新潟市東区町名山ノ下新田集落中心地であり、町名鎮守である山ノ下神明宮にちなむ。 末広町 (すえひろちょう) 1964年昭和39年)から、現在まである新潟市東区町名。もとは1940年昭和15年)から1963年昭和38年)まであった末広通一部宝町 (たからまち) 1964年昭和39年)から、現在まである新潟市東区町名。もとは秋葉通東大山町の一部長者町 (ちょうじゃまち) 1940年昭和15年)から、現在まである新潟市東区町名。もとは沼垂一部月見町 (つきみちょう) 1964年昭和39年)から、現在まである新潟市東区町名。もとは1951年昭和26年)から1963年昭和38年)まであった東大山町の一部東大山町はもとは沼垂一部で、町名字名にちなむ。日本銅管などを中心とする工場群隣接しこれらの社宅中心となっていた。 東新町 (とうしんちょう) 新潟市東区町名錦町 (にしきまち) 1964年昭和39年)から、現在まである新潟市東区町名。もとは東大山町の一部浜町 (はまちょう) 1943年昭和18年)から、現在まである新潟市東区町名。もとは沼垂山ノ下一部東臨港町 (ひがしりんこうちょう) 1952年昭和27年)から、現在まである新潟市東区町名。もとは桃山町沼垂一部で、町域大部分昭和石油敷地占める。 古川町 (ふるかわちょう) 1940年昭和15年)から、現在まである新潟市東区町名。もとは沼垂一部で、町名字名にちなむ。 古湊町 (ふるみなとまち) 1940年昭和15年)から、現在まである新潟市東区町名。もとは沼垂山ノ下一部で、町名字名にちなむ。1731年享保16年)に松ヶ崎堀割決壊する以前は阿賀野川河口で、湊として利用されていた。かつては新潟鐵工所があったが地盤沈下のため岡山(現:新潟市東区岡山)に移転跡地カーフェリー発着場などの施設設置された。 松島 (まつしま) 1964年昭和39年)から、現在まである新潟市東区町名。もとは王瀬町(おうせちょう)、末広通松島通の一部。 王瀬町は1943年昭和18年)から1963年昭和38年)まであった町名で、もとは沼垂一部。王瀬町の町名は、字名にちなむ。松島通は1940年昭和15年)から1963年昭和38年)まであった町名で、もとは沼垂一部桃山町 (ももやまちょう) 1949年昭和24年)から、現在まである新潟市東区町名町名は、かつて桃林があったことに由来する昭和20年代初めに臨海荘に海外からの引揚者収容1949年昭和24年)から1950年昭和25年)ごろから市営住宅建設された。1985年昭和60年)には市営アパートとなる。 臨海町 (りんかいちょう) 1964年昭和39年)から、現在まである新潟市東区町名。もとは臨港町沼垂一部で、1972年昭和47年)に埋立地編入臨港埠頭新潟交通山ノ下営業所が、町域大部分占める。 臨港 (りんこう) 1964年昭和39年)から、現在まである新潟市東区町名。もとは臨港町青葉町(あおばちょう)の一部青葉町1943年昭和18年)から1963年昭和38年)まであった町名で、もとは沼垂一部臨港町 (りんこうちょう) 1943年昭和18年)から、現在まである新潟市東区町名。1丁目は新潟臨港株式会社(現:リンコーコーポレーション)が開発した宅地であり、町名同社にちなむ。

※この「北東部」の解説は、「沼垂 (新潟市)」の解説の一部です。
「北東部」を含む「沼垂 (新潟市)」の記事については、「沼垂 (新潟市)」の概要を参照ください。


北東部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 05:58 UTC 版)

千葉県」の記事における「北東部」の解説

主に香取地域、海匝地域東上地域一部指し九十九里浜沿いの地域も含む。概ね国道51号国道126号沿線指している。利根川沿い地域では鹿行鹿嶋市などの茨城県南東部)との交流関係深く千葉市との交流大きい。香取市から鹿嶋市に至る利根川沿いから形成される水郷」や美し海岸線を持つ九十九里浜などの観光地抱える。かつては利根川運河交通の要衝として栄え香取神宮などの有名な神社仏閣鎮座し歴史的な街並みの残る佐原のある香取市日本有数漁港醤油産地としも知られる銚子市などは古くから発展してきた。農業盛んで銚子市周辺比較温暖な気候のため、畑などでは、メロンキャベツ植木などが栽培されている他、成田空港以東下総台地構成する地域は、東総呼ばれており、「香取干潟八万石」といわれる所で水田地帯広がりブランド米の『多古米』の産地でもあるスポーツ界においてこの地出身プロ野球選手多く千葉県立銚子商業高等学校銚子市立銚子高等学校横芝敬愛高等学校卒業生目立つ。

※この「北東部」の解説は、「千葉県」の解説の一部です。
「北東部」を含む「千葉県」の記事については、「千葉県」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「北東部」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「北東部」の例文・使い方・用例・文例



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

北東部のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



北東部のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの奥秩父山塊 (改訂履歴)、倉敷地域 (改訂履歴)、千葉県の市町村章一覧 (改訂履歴)、先コロンブス期 (改訂履歴)、沼垂 (新潟市) (改訂履歴)、千葉県 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS