カンガルーとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > 動物 > カンガルー > カンガルーの意味・解説 

カンガルー【kangaroo】

読み方:かんがるー

有袋目カンガルー科哺乳類総称。尾が長く後ろ足大きく発達し跳躍巧み草食性。雌の下腹部育児嚢(いくじのう)があり、産まれた子は独力でここに入り乳を吸う。オーストラリア・ニューギニア島および周辺の島分布。アカカンガルー・オオカンガルーなどの頭胴長1.5メートル大形種のほか、小形のワラビーなどもいる。

[補説] 「長尾驢」とも書く。


カンガルー


カンガルー

作者揚羽

収載図書悪魔の謝肉祭
出版社新風舎
刊行年月2004.10
シリーズ名新風舎文庫


カンガルー

作者エヴァ・サリス

収載図書ダイヤモンド・ドッグ―「多文化を映す」現代オーストラリア短編小説集
出版社現代企画室
刊行年月2008.5


更格廬

読み方:カンガルー(kangar^u)

哺乳類


カンガルー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/20 06:03 UTC 版)

カンガルー(袋鼠[3]、更格廬[3]、長尾驢[3]、kangaroo)は、哺乳綱双前歯目カンガルー科を構成する有袋類の総称。


  1. ^ a b Colin P. Groves, "Order Diprotodontia," Mammal Species of the World, (3rd ed.), Volume 1, Don E. Wilson & DeeAnn M. Reeder (ed.), Johns Hopkins University Press, 2005, Pages 43 - 70.
  2. ^ a b 川田伸一郎・岩佐真宏・福井大・新宅勇太・天野雅男・下稲葉さやか・樽創・姉崎智子・横畑泰志世界哺乳類標準和名目録」『哺乳類科学』第58巻 別冊、日本哺乳類学会、2018年、1 - 53頁。
  3. ^ a b c 松村明編 「カンガルー」『大辞林 4.0』 三省堂、2019年。
  4. ^ a b Etymology of mammal names. Retrieved January 7, 2007.
  5. ^ Cath Jones & Steve Parish,Field Guide to Australian Mammals,Steve Panish Publishing,2004,pp. 106-145.
  6. ^ Young People's Trust for the Environment. “Australian Wildlife part 2”. 2010年3月16日閲覧。
  7. ^ 豪干ばつ、野生動物が直面する危機的状況 交通事故も急増AFPBB
  8. ^ ロイター (2007年5月15日). “オーストラリア首都近郊でカンガルーの大量駆除を計画”. 2009年1月25日閲覧。
  9. ^ A A P (2008年6月2日). “カンガルー駆除終了 514頭が安楽死”. 2009年1月25日閲覧。[リンク切れ]
  10. ^ Department of the Environment, Water, Heritage and the Arts. “Kangaroo and wallaby harvesting statistics”. 2009年1月25日閲覧。
  11. ^ Department of the Environment, Water, Heritage and the Arts. “2009 Commercial kangaroo and wallaby harvest quotas”. 2009年1月25日閲覧。
  12. ^ カ、カンガルー生息?! 大崎・岩出山のミステリー 河北新報 2009年11月26日 06:10[リンク切れ]
  13. ^ 雪深い山里にカンガルー?宮城で目撃談相次ぐ AFP 2010年3月9日閲覧
  14. ^ a b カンガルーに襲われ男性死亡 豪州、1936年以来の事故か|全国のニュース|京都新聞” (日本語). 京都新聞. 2022年9月15日閲覧。


「カンガルー」の続きの解説一覧

カンガルー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/12 23:30 UTC 版)

筋肉番付シリーズ」の記事における「カンガルー」の解説

ホッピングで9エリア走破する競技。足をついたりコースの外に落ちた時点で失格となる。賞金30万円

※この「カンガルー」の解説は、「筋肉番付シリーズ」の解説の一部です。
「カンガルー」を含む「筋肉番付シリーズ」の記事については、「筋肉番付シリーズ」の概要を参照ください。


カンガルー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/13 21:10 UTC 版)

皮革」の記事における「カンガルー」の解説

近年特に使用増えた皮革である。軽くて丈夫なのが特徴で、サッカー選手陸上選手スパイクシューズオートバイ用ライディングスーツ革ツナギ)などにも使用される世界的に肉牛需要減少し副産物として牛革減少するに伴い徐々に採用された基本部位肉牛同じく背中から脇であるが、カンガルーは二足歩行するため、革の形状三角形に近い形を成しており、製造過程若干技術的困難見られた。外見上牛革大差なく、見分けはつきにくい。

※この「カンガルー」の解説は、「皮革」の解説の一部です。
「カンガルー」を含む「皮革」の記事については、「皮革」の概要を参照ください。


カンガルー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 07:22 UTC 版)

パナソニックホールディングス」の記事における「カンガルー」の解説

一見すると一般的なラジカセ形状ではあるが、ラジオ・カセット部分だけを小型ヘッドホンステレオとして取り外して使用できるのが特徴。カンガルーの袋から子供出て動き回ることができること見立てた

※この「カンガルー」の解説は、「パナソニックホールディングス」の解説の一部です。
「カンガルー」を含む「パナソニックホールディングス」の記事については、「パナソニックホールディングス」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「カンガルー」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

カンガルー

出典:『Wiktionary』 (2021/08/12 12:37 UTC 版)

名詞

カンガルー長尾驢更格廬[要出典]

  1. フクロネズミ目カンガルー科属す動物総称小形のものをワラビー中形のものをワラルーという。

語源


翻訳

固有名詞

カンガルー

  1. オーストラリア南オーストラリア州にある地名カンガルー島

翻訳


「カンガルー」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



カンガルーと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「カンガルー」の関連用語

カンガルーのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



カンガルーのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JabionJabion
Copyright (C) 2022 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのカンガルー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの筋肉番付シリーズ (改訂履歴)、皮革 (改訂履歴)、パナソニックホールディングス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのカンガルー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS