発情とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 心情 > > 発情の意味・解説 

はつ じょう -じやう [0] 【発情】

( 名 ) スル
主に哺乳類性的成熟した動物交尾可能な生理的状態になること。性ホルモン影響による。ヒト以外では繁殖期だけに限定され周期的繰り返しあらわれる。さかり。
ある感情あらわれ出ること。 「傍聴席に在る人民は其-を忍び得ざりしと見え経国美談 竜渓


はつじょう(発情)

繁殖牝馬種付けされる時の状態でこの状態なければ種牡馬受け入れない。繁殖牝馬はいつでもこの状態であるわけでなく、日が長くなる春先から数ヶ月の間、3週間位の間隔周期的やってくる。5~6日継続し、この期間を発情期という。
またこの状態が、競走馬発生すると競馬集中できず競走能力影響する場合がある。
フケ


性的興奮

(発情 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/04 19:22 UTC 版)

性的興奮(せいてきこうふん)とは、生殖活動に伴う興奮状態であり、動物の多くが発情中の異性の臭気や特異な行動によって引き起こされる生理学的ないしは心理学的な現象である。人間を含む霊長類に至っては、様々なシンボルによっても興奮することが確認されている。




  1. ^ 第4回青少年の性行動調査 - 日本性教育協会
  2. ^ こんなに違う、男女の性的欲望スイッチ ‐ 性欲の科学 なぜ男は「素人」に興奮し、女は「男同士」に萌えるのか オギ・オーガス、サイ・ガダム、坂東智子 2012
  3. ^ 「モテ=フェロモン」説に終止符 人間フェロモンを感知する器官なし ‐ 太田出版ケトルニュース
  4. ^ 「男は低い声の方がモテる」心理学者の検証結果は… ‐ NEWSポストセブンによる報道、2016年11月29日


「性的興奮」の続きの解説一覧

発情

出典:『Wiktionary』 (2020/05/05 23:02 UTC 版)

発音

名詞

はつじょう

  1. 成熟した動物交尾欲求発現すること。さかること。

動詞

活用

発情-する 動詞活用日本語活用
サ行変格活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形
発情

する する すれ せよ
しろ
活用形基礎的結合
意味 語形 結合
否定 発情しない 未然形 + ない
否定 発情せず 未然形 + ず
自発受身
可能・尊敬
発情される 未然形 + れる
丁寧 発情します 連用形 + ます
過去・完了・状態 発情した 連用形 + た
言い切り 発情する 終止形のみ
名詞 発情すること 連体形 + こと
仮定条件 発情すれば 仮定形 + ば
命令 発情せよ
発情しろ
命令形のみ



発情と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「発情」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
発情期 国語辞典
100% |||||








発情のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



発情のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
JRAJRA
Copyright 2020 Japan Racing Association.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの性的興奮 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの発情 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS