セックスボットとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > ウィキペディア小見出し辞書 > セックスボットの意味・解説 

セックスボット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/06/18 01:03 UTC 版)

セックスボット(sexbot)は、人間向けのロボットセックスパートナー2017年にはアメリカ合衆国で商品化され発売される予定がある[1][2]2016年10月にはアメリカカリフォルニア州に拠点を置く「RealDoll」(リアルドール)社が生産するものは、12,000ユーロほどになると報じられた[3]。また、アメリカアビスクリエイション社製の「Harmony(ハーモニー)」は、シリコン樹脂皮膚とプログラム制御の駆動機構と人工知能を持つことで人格をも備え、人間会話のできる製品であり、予定販売価格は10,000-15,000ドルと公表された[4]




「セックスボット」の続きの解説一覧

セックスボット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/07 14:40 UTC 版)

ダッチワイフ」の記事における「セックスボット」の解説

2017年アメリカ合衆国カリフォルニア州拠点を置く企業、アビス・クリエーションズ(Abyss Creations)は2017年、セックスボットの発売決めた人間のように話した動いたりするリアルなロボットであるという。セックスボットは、人間向けのロボットのセックスパートナーとして開発され人工知能駆使し金属ゴムおよび樹脂製ででき、人間セックス相手をできるようにプログラミングされたものであり、従来ダッチワイフとは一線を画す画期的なのである人工知能の第1人者でもあるデービッド・レビー(David Levy)は、ロンドン大学ゴールドスミスカレッジGoldsmiths, University of London)で開催された「ロボットとの愛とセックスに関する国際会議」の席上において、「セックスボットの第1号誕生に伴いロボットとのセックス2017年中には現実化される」と発言したまた、2050年にはロボットとの結婚ありうるとの見解示した未来の性パートナーは「嫉妬傲慢自慢無礼とは無縁で、我慢強く優しく愛らしいものとなるだろう」と語り、それを可能にするソフトウェア数十以内開発される可能性が高いと発言した

※この「セックスボット」の解説は、「ダッチワイフ」の解説の一部です。
「セックスボット」を含む「ダッチワイフ」の記事については、「ダッチワイフ」の概要を参照ください。


セックスボット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/25 05:35 UTC 版)

ラブドール」の記事における「セックスボット」の解説

2017年アメリカ合衆国カリフォルニア州拠点を置く企業、アビス・クリエーションズ(Abyss Creations)は2017年、セックスボットの発売決めた人間のように話した動いたりするリアルなロボットであるという。セックスボットは、人間向けのロボットのセックスパートナーとして開発され人工知能駆使し金属ゴムおよび樹脂製ででき、人間セックス相手をできるようにプログラミングされたものであり、従来ダッチワイフとは一線を画す画期的なのである人工知能の第1人者でもあるデービッド・レビー(David Levy)は、ロンドン大学ゴールドスミスカレッジGoldsmiths, University of London)で開催された「ロボットとの愛とセックスに関する国際会議」の席上において、「セックスボットの第1号誕生に伴いロボットとのセックス2017年中には現実化される」と発言したまた、2050年にはロボットとの結婚ありうるとの見解示した未来の性パートナーは「嫉妬傲慢自慢無礼とは無縁で、我慢強く優しく愛らしいものとなるだろう」と語り、それを可能にするソフトウェア数十以内開発される可能性が高いと発言した

※この「セックスボット」の解説は、「ラブドール」の解説の一部です。
「セックスボット」を含む「ラブドール」の記事については、「ラブドール」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「セックスボット」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「セックスボット」の関連用語

セックスボットのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



セックスボットのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのセックスボット (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのダッチワイフ (改訂履歴)、ラブドール (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS