誕生とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生活 > 人生 > 誕生 > 誕生の意味・解説 

たん‐じょう〔‐ジヤウ〕【誕生】

[名](スル)

人が生まれること。出生生誕。「長男が誕生する」

生まれて1回目の誕生日。「誕生を過ぎて歩きはじめた」

物事や状態が新しくできること。「文化センターの誕生を祝う」「新政権が誕生する」

[補説] 書名別項。→誕生


たんじょう〔タンジヤウ〕【誕生】

鷹羽狩行の第1句集昭和40年(1965)刊。第5回俳人協会賞受賞


たん‐じょう ‥ジャウ 【誕生】

〔名〕

① (━する) 人が生まれること。また、人が子供を産むこと。出生生誕(せいたん)。

続日本紀神亀四年(727)閏九月丁卯皇子誕生焉」

*虎明本狂言牛博労室町末‐近世初)「いやそなたはきこえぬ事をいふ人じゃ。毛ものにたんじゃうは有まひぞ」〔後漢書皇后紀下・虞美人

誕生日の祝い

滑稽本浮世風呂(1809‐13)前「鰹節のはいる汁(おつけ)は夷講生辰(タンゼウ)ばかり」

生まれ一回めの誕生日

湯島詣(1899)〈泉鏡花二八「誕生を済して、吉が漸く立って歩くやうになると」

④ (━する) 比喩的に、物事やある状態が新しくきあがること。

新感覚派の誕生1924)〈千葉亀雄〉「わが国の『新感覚派』の誕生に、何等かの暗示が」

[語誌](1)漢籍では皇子生まれ場合に、漢訳仏典では仏・菩薩生まれ場合用いられるなど、生まれ人物高貴な者に限定されている。日本でもその流れを汲み、当初は、そのような用法踏襲されていた。
(2)院政期頃になると、僧侶伝記において僧侶生まれ場合にも用いられるようになるが、対象となる僧侶が仏や菩薩準ずるほどの高貴人物である場合に限られている。
(3)中世に入ると、対象階層広がるが、まだ貴族武士僧侶限定されており、一般庶民に対して用いられるのは近世に入ってからである。


誕生

作者ジェイムズ・ヘリオット

収載図書愛犬物語
出版社集英社
刊行年月1992.11
シリーズ名集英社文庫


誕生

作者原田喜示

収載図書アトム小品集
出版社原田喜示
刊行年月2004.7


誕生

作者原田諭美

収載図書今朝の幸せ
出版社文芸社
刊行年月2004.10


誕生

作者森岡浩之

収載図書星界の断章 1
出版社早川書房
刊行年月2005.7
シリーズ名早川文庫JA


誕生

作者大崎善生

収載図書優しい子よ
出版社講談社
刊行年月2006.6


誕生

作者石川結貴

収載図書小さな花咲いた日
出版社ポプラ社
刊行年月2007.4


誕生

作者半村良

収載図書わがふるさとは黄泉の国
出版社河出書房新社
刊行年月2007.12
シリーズ名河出文庫


誕生

作者小沼春海

収載図書ステンドグラス工房物語
出版社ブイツーソリューション
刊行年月2008.6


誕生

作者尾崎豊

収載図書堕天使達のレクイエム
出版社角川書店
刊行年月1993.4

収載図書堕天使達のレクイエム
出版社角川書店
刊行年月1996.3
シリーズ名角川文庫


誕生

作者アナイス・ニン

収載図書アナイス・ニンコレクション 4 ガラスの鐘の下で
出版社鳥影社
刊行年月1994.11


誕生

作者千人

収載図書ジラード事件中編小説集 1
出版社青英舎
刊行年月1997.5


誕生

作者増田みず子

収載図書恋物語
出版社朝日新聞社
刊行年月1998.12


誕生

作者ブライアン・ラムレイ

収載図書タイタス・クロウ事件簿
出版社東京創元社
刊行年月2001.3
シリーズ名創元推理文庫


誕生

作者冬敏之

収載図書ハンセン病療養所―冬敏之短編小説集
出版社壺中書房
刊行年月2001.6


誕生

作者矢崎存美

収載図書冬になる前の雨
出版社光文社
刊行年月2002.11
シリーズ名光文社文庫


誕生

作者篠田節子

収載図書天窓のある家
出版社実業之日本社
刊行年月2003.9

収載図書天窓のある家
出版社新潮社
刊行年月2006.10
シリーズ名新潮文庫


誕生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/12/31 16:04 UTC 版)

誕生(たんじょう)




「誕生」の続きの解説一覧

誕生!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/23 16:24 UTC 版)

誕生!』(たんじょう)[1]は、大島弓子による日本漫画作品、およびそれを表題とした作品集。表題作は『週刊マーガレット』(集英社1970年52号から1971年8号にかけて連載された。単行本は全1巻(朝日ソノラマ、サンコミックス)。少女漫画のみならず、漫画作品として重い題材を真剣にとりあげた、当時としては画期的な作品。


  1. ^ 「サンコミックス」では感嘆符がつき、小学館文庫以降はなくなっている
  2. ^ a b c 大島弓子選集第1巻『誕生』描き下ろしマンガエッセイより
  3. ^ 小学館文庫『銀の実を食べた?』より「誕生の苦しみ」より
  4. ^ 小学館文庫『銀の実を食べた?』解説「ユミコ風」より
  5. ^ 『秋日子かく語りき』(角川書店、2003年)収録の「本人自身による作品解説」より


「誕生!」の続きの解説一覧

誕生

出典:『Wiktionary』 (2014/05/06 00:23 UTC 版)

名詞

たんじょう

  1. 生まれること。

発音

た↗んじょー

関連語

動詞

活用

サ行変格活用
誕生-する



誕生と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「誕生」に関係したコラム

  • FXやCFDなどの取引市場の休場日は

    FXやCFDなどの取引が行われている市場の休場日は、その国の祝日や土曜日、日曜日になります。しかし、その国が祝日であっても他の国々では祝日ではないことが多いので取引は行われます。例えば、2012年9月...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「誕生」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



誕生のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの誕生 (改訂履歴)、誕生! (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの誕生 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS