誕生とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生活 > 人生 > 誕生 > 誕生の意味・解説 

たん‐じょう〔‐ジヤウ〕【誕生】

読み方:たんじょう

[名](スル)

人が生まれること。出生生誕。「長男が—する」

生まれて1回目誕生日。「—を過ぎて歩きはじめた

物事や状態が新しくできること。「文化センターの—を祝う」「新政権が—する」

[補説] 書名別項。→誕生


たんじょう〔タンジヤウ〕【誕生】

読み方:たんじょう

鷹羽狩行の第1句集昭和40年(1965)刊。第5回俳人協会賞受賞


誕生

作者ジェイムズ・ヘリオット

収載図書愛犬物語
出版社集英社
刊行年月1992.11
シリーズ名集英社文庫


誕生

作者原田喜示

収載図書アトム小品集
出版社原田喜示
刊行年月2004.7


誕生

作者原田諭美

収載図書今朝幸せ
出版社文芸社
刊行年月2004.10


誕生

作者森岡浩之

収載図書星界の断章 1
出版社早川書房
刊行年月2005.7
シリーズ名早川文庫JA


誕生

作者大崎善生

収載図書優しい子よ
出版社講談社
刊行年月2006.6


誕生

作者石川結貴

収載図書小さな花咲いた
出版社ポプラ社
刊行年月2007.4


誕生

作者半村良

収載図書わがふるさと黄泉の国
出版社河出書房新社
刊行年月2007.12
シリーズ名河出文庫


誕生

作者小沼春海

収載図書ステンドグラス工房物語
出版社ブイツーソリューション
刊行年月2008.6


誕生

作者尾崎豊

収載図書堕天使達のレクイエム
出版社角川書店
刊行年月1993.4

収載図書堕天使達のレクイエム
出版社角川書店
刊行年月1996.3
シリーズ名角川文庫


誕生

作者アナイス・ニン

収載図書アナイス・ニンコレクション 4 ガラスの鐘の下で
出版社鳥影社
刊行年月1994.11


誕生

作者千人

収載図書ジラード事件中編小説集 1
出版社青英舎
刊行年月1997.5


誕生

作者増田みず子

収載図書恋物語
出版社朝日新聞社
刊行年月1998.12


誕生


誕生

作者冬敏之

収載図書ハンセン病療養所―冬敏之短編小説集
出版社壺中書房
刊行年月2001.6


誕生

作者矢崎存美

収載図書冬になる前の
出版社光文社
刊行年月2002.11
シリーズ名光文社文庫


誕生

作者篠田節子

収載図書天窓のある家
出版社実業之日本社
刊行年月2003.9

収載図書天窓のある家
出版社新潮社
刊行年月2006.10
シリーズ名新潮文庫


誕生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/09/12 14:56 UTC 版)

誕生(たんじょう)




「誕生」の続きの解説一覧

誕生!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/09 08:52 UTC 版)

誕生!』(たんじょう)[1]は、大島弓子による日本漫画作品、およびそれを表題とした作品集。表題作は『週刊マーガレット』(集英社1970年52号から1971年8号にかけて連載された。単行本は全1巻(朝日ソノラマ、サンコミックス)。少女漫画のみならず、漫画作品として重い題材を真剣にとりあげた、当時としては画期的な作品。


  1. ^ 「サンコミックス」では感嘆符がつき、小学館文庫以降はなくなっている
  2. ^ a b 大島弓子選集第1巻『誕生』描き下ろしマンガエッセイより
  3. ^ 小学館文庫『銀の実を食べた?』より「誕生の苦しみ」より
  4. ^ 小学館文庫『銀の実を食べた?』解説「ユミコ風」より
  5. ^ 青月社『大島弓子fan book ピップ・パップ・ギーととなえたら』作品解説より
  6. ^ a b c 『大島弓子にあこがれて -お茶をのんで、散歩をして、修羅場をこえて、猫とくらす』所収「チビ猫のガラス玉 - 大島弓子の“自由”をめぐって」より「おなかの赤ちゃんは私 - 『誕生』の視点」
  7. ^ 『秋日子かく語りき』(角川書店、2003年)収録の「本人自身による作品解説」より


「誕生!」の続きの解説一覧

誕生(大乗仏教〜中期密教)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/07 14:45 UTC 版)

多羅菩薩」の記事における「誕生(大乗仏教中期密教)」の解説

この菩薩は、観音菩薩が「自分がいくら修行しても、衆生苦しみから逃れられない」と悲しんで流した二粒の涙から生まれた。右目の涙からは白ターラーが、左目の涙からは緑ターラー生まれた彼女たちは「衆生済度助ける」と発願し、菩薩悲しみ克服したという。

※この「誕生(大乗仏教〜中期密教)」の解説は、「多羅菩薩」の解説の一部です。
「誕生(大乗仏教〜中期密教)」を含む「多羅菩薩」の記事については、「多羅菩薩」の概要を参照ください。


誕生(後期密教)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/07 14:45 UTC 版)

多羅菩薩」の記事における「誕生(後期密教)」の解説

過去仏である鼓声如来という仏に信仰を持つナツォク・オ(彩光sna tshogs 'od)国の王女イェシェ・ダワ(慧月、ye shes zla ba)が、鼓声仏の弟子たちによって男身に変身するよう説得されるも、それを断り女身のまま衆生利益するという誓願立てる。これにより彼女は「度母」と呼ばれるようになった数多の時を経て成果得たとき、「十方衆生苦しみを除く」という新たな誓願立てて昼夜問わず幾多悪魔(māra)、人ならざるもの(amanuṣya)を調伏したため「救度速勇母」とも呼ばれるうになるまた、あるオ・キ・ナンワ('od kyi snang ba)という名の堅固に戒律を守る一人比丘が、十方諸仏から灌頂受けて観世音菩薩になった蓮華持った観世音菩薩の心際中からは、仏父と仏母化身現れた。その仏母化身多羅尊であり、この時から多羅菩薩観世音菩薩との間に強い因縁を持つようになった。また彼女は様々な身を以ってさまざまな法相示現し、無数の衆生救いすべての苦しみから逃れしめ、解脱を得させた。

※この「誕生(後期密教)」の解説は、「多羅菩薩」の解説の一部です。
「誕生(後期密教)」を含む「多羅菩薩」の記事については、「多羅菩薩」の概要を参照ください。


誕生(フィクション)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/17 02:55 UTC 版)

1905年」の記事における「誕生(フィクション)」の解説

月日不明 - エラリー・クイーンふたご座である。)

※この「誕生(フィクション)」の解説は、「1905年」の解説の一部です。
「誕生(フィクション)」を含む「1905年」の記事については、「1905年」の概要を参照ください。


誕生(1900–1910年代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/20 20:11 UTC 版)

コミック・ストリップのシンジケート配信」の記事における「誕生(19001910年代)」の解説

コミック・ストリップのシンジケート配信事業20世紀初頭の数年間に登場した最初にコミック・ストリップ配信行ったのはマクルーア・ニュースペーパー・シンジケート(英語版)(1884年設立)で、1901年頃のことだった。同社配信した主要な作品には、W・W・デンスロー(英語版)と後にはC・W・カーレス(英語版)による『ビリー・バウンス(英語版)』(19011906年)や 、『スーパーマン英語版)』(1939年開始)、『バットマン・アンド・ロビン英語版)』(1943年開始)がある。 1905年ごろからジョゼフ・ピューリッツァーの『ニューヨーク・ワールド英語版)』紙がワールド・フィーチャー・サービス(英語版)の名で他紙コミック・ストリップ作品配信し始め1910年ごろにはシンジケート部門ニューヨーク・ワールド・プレス・パブリッシングを設立した1902年E・Wスクリップス英語版)が設立したニュースペーパー・エンタープライズ・アソシエーション(英語版)(NEA) は1909年からコミック・ストリップ配信参入した。 アソシエーテッド・ニュースペーパーズ(英語版)は『ニューヨーク・グローブ(英語版)』、『シカゴ・デイリー・ニューズ(英語版)』、『ボストン・グローブ』、『フィラデルフィア・ブレティン(英語版)』の4紙によって1912年共同設立されS・S・マクルーア(英語版)のいとこH・H・マクルーアが経営者となった。 ジョン・ネヴィル・ホイーラー(英語版)のホイーラー・シンジケートは1913年創業しコミック・ストリップ作家パイオニアであるバド・フィッシャー(英語版)やカートゥーン作家フォンテーン・フォックス(英語版)らと配信契約結んだ同社1916年にマクルーアに買収されたが、ホイーラー直後新会社ビル・シンジケート(英語版)を立ち上げてフィッシャーフォックスを再獲得した1914年ウィリアム・ランドルフ・ハーストがキング・フィーチャーズを設立した現存するコミックシンジケートとしては最古会社である。キング社がこの時期配信始めて後年まで人気保った作品としては、『カッツェンジャマー・キッズ』(18972006年)や『シンブル・シアター(ポパイ)』(1919年継続中)がある。 同じく1914年ごろに起業した会社にニューヨーク・ヘラルド・シンジケートがある。同社活動期間のほぼ全体通じてニューヨーク・ヘラルド・トリビューン・シンジケート(英語版)として知られていた。最初に開始され特筆すべき配信作品はクレア・ブリッグズ(英語版)の『ミスター・アンド・ミセス』(1919年)である。 パブリック・レッジャー・シンジケート(英語版)はフィラデルフィアで『パブリック・レッジャー(英語版)』紙を発行していたサイラスH・Kカーティス英語版)によって1915年設立された。活動停止まで30年間にレッジャー社が配信した主な作品挙げる。 『サムバディズ・ステノグ』(A・Eヘイワード英語版)作) 『ヘアブレッズ・ハリー』(C・W・カーレス(英語版)、後にF・Oアレグザンダー英語版)作) 『コニー英語版)』、『ベイブ・バンティング』(フランク・ゴッドウィン英語版)作) 『ディジー・ドラマ』(ジョー・バウアー作) 『フットプリンツ・オン・ザ・サンド』、『ニッパー』(クレア・ヴィクター・ドウィギンズ(英語版)作) 『ロイ・パワーズ、イーグル・スカウト』(「ボーイスカウトアメリカ連盟公式コミック・ストリップ」)[要出典] ジョージ・マシュー・アダムズ・サービス(英語版)は1916年創業し、ビリー・デベック(英語版)の『フィン・アン・ハディー』、ロバート・ボールドウィン英語版)の『フレディ』、エドウィナ・ダム(英語版)の『キャップ・スタブズ・アンド・ティッピー(英語版)』 、エド・ホウィーラン(英語版)の『マイニュート・ムーヴィーズ』などを配信した同社1920年代から30年代にかけて全盛期迎えた1917年に『シカゴ・トリビューン紙上連載始まったシドニー・スミス英語版)の人気作『ザ・ガンプス(英語版)』はシンジケート配信発展において大きな役割演じることになった。『トリビューン経営者ジョセフ・メディル・パターソン(英語版)は1918年にシカゴ・トリビューン・シンジケート(英語版)を創立した経営はアーサー・クロフォードが行った。次いでパターソン1919年に、1914年から『トリビューン』の共同発行人務めていたロバート・R・マコーミック英語版とともにニューヨークでタブロイド紙創刊することを計画したコミック史家コールトン・ウォー(英語版)は以下のように書いている。.mw-parser-output .templatequote{overflow:hidden;margin:1em 0;padding:0 40px}.mw-parser-output .templatequote .templatequotecite{line-height:1.5em;text-align:left;padding-left:1.6em;margin-top:0} こうして1919年6月16日発刊された『イラストレイテッド・デイリー・ニューズ』だったが、この紙名は英国風過ぎたため、間もなくデイリー・ニューズ』に縮められた。同紙は絵入り新聞であり、コミック・ストリップという新し発明品にとって格好舞台だった。創刊号にはコミック・ストリップが1作だけ載せられた。『ザ・ガンプス』である。この有名な作品瞬く間人気集めそのこと全国的なシンジケート配信の誕生につながった中西部以外も含めて複数新聞が、『ザ・ガンプス』を掲載していたもう一つ新聞シカゴ・トリビューン』に同作使用許可求めてきた。その結果、二紙の上層部によってシカゴ・トリビューン=ニューヨーク・ニューズ・シンジケートが共同設立されトリビューンニューズ印の配信記事米国隅々にまで送り出し始めたのである同社は現在でもトリビューン・コンテント・エージェンシーと名を変えて新聞への配信行っている。

※この「誕生(1900–1910年代)」の解説は、「コミック・ストリップのシンジケート配信」の解説の一部です。
「誕生(1900–1910年代)」を含む「コミック・ストリップのシンジケート配信」の記事については、「コミック・ストリップのシンジケート配信」の概要を参照ください。


誕生(2015年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/01 18:18 UTC 版)

ハッピーグリン」の記事における「誕生(2015年)」の解説

2015年セレクトセール当歳セッション800万円取引される。この取引価格売却184頭中181番目という低価格だった。後に吉田照哉は「育成時から良い馬だった」と語っている。

※この「誕生(2015年)」の解説は、「ハッピーグリン」の解説の一部です。
「誕生(2015年)」を含む「ハッピーグリン」の記事については、「ハッピーグリン」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「誕生」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

誕生

出典:『Wiktionary』 (2021/06/27 09:49 UTC 版)

この単語漢字
たん
第六学年
しょう > じょう
第一学年
音読み 音読み

発音

名詞

(たんじょう)

  1. 生まれること。

関連語

動詞

活用


「誕生」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



誕生と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「誕生」に関係したコラム

  • FXやCFDなどの取引市場の休場日は

    FXやCFDなどの取引が行われている市場の休場日は、その国の祝日や土曜日、日曜日になります。しかし、その国が祝日であっても他の国々では祝日ではないことが多いので取引は行われます。例えば、2012年9月...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「誕生」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



誕生のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの誕生 (改訂履歴)、誕生! (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの多羅菩薩 (改訂履歴)、1905年 (改訂履歴)、コミック・ストリップのシンジケート配信 (改訂履歴)、ハッピーグリン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの誕生 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS