パパとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生活 > 親族 > > パパの意味・解説 

【パパ】(ぱぱ)

K-162(後にK-222に改称

旧ソ連開発した原子力ミサイル潜水艦SSGN)の1つ

NATOコードでは「パパ級(Papa)」だが、旧ソ連海軍ではプロジェクト661型「アンチャール」と呼ばれている。
1970年代初期に1番艦が就役1970年セヴェロドヴィンスク造船所進水)し、1970年1月13日42 kt(このとき原子炉出力80%)、翌1971年には44.7 kt(82.8km/h)を記録し、潜水艦潜航速力世界記録達成した。この記録は、現在も破られていない

だが、大型推進時の水中雑音が酷い事、高速力を発揮した際には船殻外部損傷する場合もあった事などを理由に2番艦以降本格的量産は行なわれず、就役期間のほとんどは実験艦として過ごした。

乗員は約82人で、艦首には533mm魚雷発射管6基を装備
兵装は通常の533mm対潜魚雷・533mm対艦魚雷・対艦用15kT級魚雷・RPK-2 ヴィユーガ(SS-N-15スターフィッシュ)潜対潜ミサイルP-120「マラヒート」(SS-N-9サイレン)艦対艦ミサイルAMD-1000沈底機雷の他、P-70「アメチースト」巡航ミサイルNATOコードネームSS-N-7 スターブライト)も搭載出来と言う
なお、この情報はつい最近分かったものでそれまで西側に殆ど情報が入らなかった事から「謎の潜水艦」と言われていた。

パパ級は就役直ぐに新型対艦ミサイル魚雷試験艦として使用されたが、1980年炉心交換作業中に1次冷却水漏れにより原子炉室が汚染される事故起こした。
その後1988年予備役になり、1989年退役
その技術アルファ級(プロジェクト705型)・オスカー級(プロジェクト949型)・チャーリー級(プロジェクト670型)攻撃潜水艦に受け継がれている。
解体予定されていたが予算不足実行されず、保管中であったが2010年に"Zvezdochka"工場セヴェロドヴィンスク)で解体された。

スペックデータ

乗員82
排水量
水上/水中
5,200t/7,000t
全長106.9m
全幅11.5m
喫水8.2m
船体構造チタン製複殻式 9区
推進機関原子力ギアードタービン
VM-5型加圧水型原子炉(177.4MW(2,378,973hp))×2基
蒸気タービン×2基 2軸推進
銀亜鉛電池補機)×152基2群
速力
水上/水中
20kt(37km/h)/42kt(78km/h)
潜行深度
通常/最大
400m/500m
兵装533mm魚雷発射管×6基(魚雷など最大12発)、ミサイル発射管×10
・533mm対艦魚雷/対潜魚雷
P-120「マラヒート」(SS-N-9サイレン」)艦対艦ミサイル
P-70「アメチースト」(SS-N-7「スターブラスト」)対艦巡航ミサイル
・RPK-2 ヴィユーガ(SS-N-15スターフィッシュ」)潜対潜ミサイル
・15kT級対艦用魚雷
AMD-1000沈底機雷
レーダー「スヌープトレイ」(水上捜索)×1基
ソナールビーン低周波艦首ソナー×1基
周波魚雷発射管ソナー×1基
ミサイル発射管ソナー×1基
電子戦対抗手段「ブリックスピット」傍受脅威警戒ESM装置×1基
「ブリックパルプ」パッシブ受&脅威警戒ESM装置×1基
VHF通信機
UHF通信機
「パークランプ」方向探知アンテナ×1基
水中電話×1基

同型艦

番号艦名起工進水就役退役備考
K-262
→K-222
-1963.12.281968.12.311969.12.311989.
1984年予備役
2010年解体

関連:アルファ級 オスカー級 チャーリー


パパ

作者小松左京

収載図書小松左京ショートショート全集 2
出版社勁文社
刊行年月1998.10
シリーズ名ケイブンシャ文庫

収載図書ふかなさけ小松左京ショートショート全集 4
出版社角川春樹事務所
刊行年月2003.8
シリーズ名ハルキ文庫


パパ

作者スティーヴン・ラリー・バイラー

収載図書海は僕を見つめた
出版社アーティストハウスパブリッシャーズ
刊行年月2003.6


パパ

作者原雅子

収載図書鵠沼
出版社本坊書房
刊行年月2005.2


パパ

作者矢口敬子

収載図書おとななんてクソ食らえ!
出版社日本文学館
刊行年月2005.10
シリーズ名ノベル倶楽部


パパ

作者アントン・チェーホフ

収載図書チェーホフ・ユモレスカ
出版社新潮社
刊行年月2006.7

収載図書チェーホフ・ユモレスカ―傑作短編集 1
出版社新潮社
刊行年月2008.7
シリーズ名新潮文庫


パパ

名前 Papa

パパ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/11 15:58 UTC 版)

パパ(papa)は




「パパ」の続きの解説一覧

パパ

出典:『Wiktionary』 (2020/05/03 05:29 UTC 版)

名詞

パパ

  1. 幼児語父親ちちおや
  2. (口語) 女性から見て年上の金払い良い恋人

語源

翻訳

関連語




パパと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「パパ」の関連用語

パパのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



パパのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのパパ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのパパ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS