アルファとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 言葉 > > アルファの意味・解説 

アルファ [1] 【alpha・ Α ・ α 】

最初。はじめ。 ↔ オメガ
野球で,最終回裏の攻撃をせずに後攻チーム勝利が決まったときに,未了部分があることを表す符号。本来は α で,現在は X で表す。
基本となる数量に付け加え若干の量。 「二か月プラス--」

Α,α (アルファ)

〖alpha〗
最初。はじめ。 → Ωω
有機化合物において,炭素原子位置を示す語。主な基の結合している位置を示す。
金属合金の相の区別を表す記号の一。

Alpha

読み方:アルファ

Alphaとは、DECDigital Equipment Corporation)が開発した、64ビットRISCCPU総称である。

Alphaは、高い処理性能が必要とされる科学技術計算や、3DCG(3次元グラフィックス)の演算を行うワークステーションサーバー使用されることが多かった。Alphaの対応OSには、Tru64 UNIX(旧Digital UNIX)やLinuxなどがある。

なお、DEC1998年Compaq買収し、2001年にはCompaqHewlett-Packard買収している。Alphaの開発Compaqによる買収後も引き続き行われていたが、2003年Compaq自身がAlpha搭載サーバー出荷打ち切った。

マイクロプロセッサのほかの用語一覧
RISC:  Alpha 21064  Alpha 21164  Alpha 21264  Alpha  AltiVec  ARM版  ARMアーキテクチャ

規模縮小で名称「アルファ」へ

1993年、クリントン大統領の指示による再設計により、規模は大きく縮小名称も「アルファ」に

1990年度の予算削減対象項目に宇宙ステーションがあがり、1990年から宇宙ステーション計画設計見直しスケジュール変更が行われることになりました。1993年2月にはクリントン大統領が、計画自体存続も含めた再検討NASA指示しました。その結果、なんとか計画存続することになりましたが、議会承認された再設計プランは、規模大きく縮小したものとなり、名称も「アルファ」に変更されました。

規模を縮小された宇宙ステーション「アルファ」想像図
規模縮小された宇宙ステーション「アルファ」想像

ロシアの参加で計画がより国際化

東西融和流れのなかで、1991年アメリカ旧ソ連は、両国間の宇宙協力拡大し、宇宙飛行士相手国の宇宙船搭乗させることに合意しました。そして1993年12月ロシア参加各国からの招請に基づきステーション計画参加することになりました。これにより、宇宙ステーション計画国際化へと大きく前進しました。

ロシア参加後の想像図
ロシア参加後の想像


アルファ

名前 AlphaAlfaArfaUlpha

アルファ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/05 00:56 UTC 版)

アルファアルファー、Alpha、Alfa、A、α




「アルファ」の続きの解説一覧

アルファ

出典:『Wiktionary』 (2012/03/10 15:38 UTC 版)

語源

英語 alpha音写

名詞

  1. ギリシア文字アルファベット最初の文字A、α。
  2. 第1、第1位,最初
  3. 未知数若干額。
  4. 星座中の主星
  5. 糊化した澱粉
  6. 有機化合物置換基位置

関連語




アルファと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「アルファ」の関連用語

アルファのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



アルファのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2019 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリAlphaの記事を利用しております。
JAXAJAXA
Copyright 2019 Japan Aerospace Exploration Agency
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアルファ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのアルファ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2019 Weblio RSS