オートフォーカスとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 政治 > 機関 > 機構 > オートフォーカスの意味・解説 

オートフォーカス

別名:AFAF機能
【英】auto focus

オートフォーカスとは、カメラピントfocus)を自動的に合わせる機能のことである。

オートフォーカスでは、主に位相差コントラスト比などを利用してピント合った状態を自動的に検出している。コンデジコンパクトデジタルカメラ)などではコントラスト比による計測方法多く採用されている。従来ファインダー目視しながらフォーカスリングを回し手動ピント微調整を行う必要があったが、オートフォーカスではシャッターボタン半押しすればよい。オートフォーカスが実現されたことで、より手軽にピンボケのない写真撮影することが可能になったといえる

オートフォーカスに対して手動で行うピント調節マニュアルフォーカス呼ばれる。オートフォーカスを搭載しているカメラも、マニュアルフォーカスへの切り替え可能であることが多い。暗所などでオートフォーカスが満足に動作しない場合マニュアルフォーカスモードにすれば手で微調整を行うことができる。

オートフォーカス機能は、今日デジタルカメラにはほぼ搭載されている。アナログ式一眼レフカメラや、最近のカメラ付き携帯電話おいても多くの機種でオートフォーカス機能搭載されている。また、検出方法も、エリア選択AFや、人物の顔に自動的にピントを合わせる顔検出AFなどの新技術開発されている。

ちなみに、オートフォーカスのようなカメラ自動調節機能として、露出調節自動的に行う自動露出AE)や、ある設定値微妙に変更して複数写真撮影するオートブラケットAB)などがある。


参照リンク
カメラのしくみ - (キヤノンサイエンスラボ・キッズ)
カメラ・デジカメのほかの用語一覧
撮影技術:  イメージスタビライザー  イメージング  色かぶり  オートフォーカス  オートブラケット  オンラインアルバム  CMOS

オートフォーカス(自動焦点合わせ) automatic focusing


オート・フォーカス

作者真崎ひかる

収載図書フォーカス・アイズ
出版社オークラ出版
刊行年月1999.11
シリーズ名アイスノベルズ


オートフォーカス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/23 10:15 UTC 版)

オートフォーカス (Autofocus, AF) または自動焦点(じどうしょうてん)とは、カメラの焦点を、センサー制御系モーターなどを利用して自動的に合わせるシステムのこと。近年販売されているコンパクトカメラ一眼レフカメラのほとんどに装備されている。また、携帯電話スマートフォンのカメラにも搭載されている場合が多い。アクティブ方式とパッシブ方式に大別される。AFと略されることがある。


  1. ^ 2000年8月29日放送 NHKプロジェクトX 第20回『誕生!人の目を持つ夢のカメラ オートフォーカス~14年目の逆転~』、2021年(令和3年)7月13日放送 プロジェクトX 4Kリストア版
  2. ^ 自動焦点カメラ Auto Focus Camera”. nii.ac.jp. 2021年7月18日閲覧。


「オートフォーカス」の続きの解説一覧

オートフォーカス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/09/26 07:02 UTC 版)

スムースタッチ」の記事における「オートフォーカス」の解説

カメラ撮影中にダイヤルキーをタッチする事でオートフォーカスを行いそのままキー押し込むことで撮影する機能。(対応機種W42SAW54SAW61SA

※この「オートフォーカス」の解説は、「スムースタッチ」の解説の一部です。
「オートフォーカス」を含む「スムースタッチ」の記事については、「スムースタッチ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「オートフォーカス」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「オートフォーカス」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



オートフォーカスと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

オートフォーカスのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



オートフォーカスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリオートフォーカスの記事を利用しております。
JEOLJEOL
Copyright © 1996-2022 JEOL Ltd., All Rights Reserved.
カメラマンWebカメラマンWeb
© 2005-2022 モーターマガジン社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのオートフォーカス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのスムースタッチ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS