イメージングとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 情報 > 表示装置 > イメージング > イメージングの意味・解説 

イメージング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/10/03 10:55 UTC 版)

イメージング英語: imaging)とは、試料の情報を様々な方法で測定して画像化・視覚化すること。あるいはそれに用いられる技術レントゲン写真はX線イメージングの一例である。情報技術医療分野でよく用いられる。




「イメージング」の続きの解説一覧

イメージング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/20 07:36 UTC 版)

膜電位イメージング」の記事における「イメージング」の解説

2017年現在膜電位イメージングにおいて大きな光学系問題点撮影速度である。活動電位継続時間1ミリ秒 (1/1000秒)しかない。ゆえに膜電位イメージングには最低でも1000Hzの撮影速度 (フレームレート) が求められる。 また2光子イメージングは状況大きく異なる一般的な2光子イメージングでは高い空間分解能と引き換えに励起光微小な焦点空間にしか照射できない。ゆえに複数ニューロン光を当てて計測するには焦点移動 (スキャン) が必要になる膜電位イメージングに最低1000 Hzフレームレート求められるということは、2光子イメージングには最低 1000 * (細胞数) ポイント/秒のスキャン求められるガルバノミラー切り替え速度高々1000 Hzであり、ラインスキャンなどによる限られた視野でしか複数ニューロン膜電位計測できない。これを解決する方式としてレゾナントスキャナやMEMSスキャナAODスキャナ提案実装されている。しかし2017年現在複数ニューロンからの2光子膜電位イメージング概念検証の域を出ていない。 また膜電位イメージングではノイズ信号分離がしばしば問題になる1回試行(single trial)で活動電位捉えようとすると露光時間1ミリ秒を下回る。ゆえに信号由来シグナル非常に小さい。2光子イメージングに用いられる光電子増倍管最適条件ノイズを数photon/sまで抑制出来るがhttp://h-quantum.com/pm/、ノイズ抑制してシグナル弱さ由来する統計的なブレ解消出来ない

※この「イメージング」の解説は、「膜電位イメージング」の解説の一部です。
「イメージング」を含む「膜電位イメージング」の記事については、「膜電位イメージング」の概要を参照ください。


イメージング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/05 20:38 UTC 版)

白質」の記事における「イメージング」の解説

白質研究は、核磁気共鳴画像法(MRI)の脳スキャナ用いた拡散テンソルイメージング呼ばれるニューロイメージングにより進められている。2007年時点で700以上の論文発表されている。 Jan Scholzらによる2009年論文では、拡散テンソルイメージング (DTI) を用いて新し運動課題例えジャグリング)を学習することによる白質体積変化示されている。この研究運動学習と白質変化関連付けた最初の論文として重要であるこれまで多くの研究者この種学習白質には存在しない樹状突起によってのみ媒介される考えていた。著者らは、軸索電気的活動軸索髄鞘形成制御している可能性示唆している。Sampaio-Baptistaらによるもっと最近のDTI研究では、運動学習に伴う白質変化髄鞘増加報告されている。

※この「イメージング」の解説は、「白質」の解説の一部です。
「イメージング」を含む「白質」の記事については、「白質」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「イメージング」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



イメージングと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

イメージングのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



イメージングのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリイメージングの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのイメージング (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの膜電位イメージング (改訂履歴)、白質 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS