視覚化とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 視覚化の意味・解説 

しかく‐か〔‐クワ〕【視覚化】

読み方:しかくか

[名](スル)目に見えない抽象的なことを、見てわかるような形に示すこと。「販売計画を―して示す」


視覚化

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

可視化

(視覚化 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/05 09:31 UTC 版)

可視化とは、人間が直接「見る」ことのできない現象・事象・関係性を「見る」ことのできるもの(画像グラフなど)にすることをいう。視覚化・可視化情報化・視覚情報化ということもある。英語の "visualization", "visualize" に相当し、そのままビジュアリゼーション・ビジュアライゼーションと称されることもある。流れの可視化のように分野や領域に結びついて生まれた呼称も多い。




「可視化」の続きの解説一覧

視覚化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/19 09:14 UTC 版)

スペクトル系列」の記事における「視覚化」の解説

コホモロジー的なスペクトル系列E2 シート 2重次数つきのスペクトル系列膨大な量の把握すべきデータを持つが、これを視覚的に捉えるために広く使われている表示方法がある。r、p、q を2重次数つきスペクトル系列3つの添字とする。r ごとに、方眼紙1枚あると想像しよう。このシートの上で、p は水平方向、q は垂直方向位置表しているとしよう。そして、各マス目対象 E r p , q {\displaystyle E_{r}^{p,q}} が置いてある考えのであるn = p + q と置いて、これをスペクトル系列もう一つの別自然な添字とすることもよく行われる。n は各シートにおいて北西から南東に対角的に走る。ホモロジー的な場合には、微分は2重次数 (−r, r − 1) を持つので、n は1減る。コホモロジー的な場合には n は1増える。r が0の場合は微分は下もしくは上に1マス先にいる対象向かい鎖複体微分と同様になっている。r が1の場合は微分は左もしくは右に1マス先にいる対象に向かう。r が2の場合は微分チェスナイト移動する位置にいる対象向かう。より大きな r の場合は微分一般化されナイト移動する位置にいる対象向かう。

※この「視覚化」の解説は、「スペクトル系列」の解説の一部です。
「視覚化」を含む「スペクトル系列」の記事については、「スペクトル系列」の概要を参照ください。


視覚化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/26 21:15 UTC 版)

p進数」の記事における「視覚化」の解説

p 進数は純数学的な数の体系であり、現実世界対応するもの持たないことからp 進数集合正確に図示することはできない。しかし、ともかくも p 進数全体集合であることから、部分集合包含関係オイラー図で表すことはできる。また、距離や測度定義されることからオイラー図を描くときに距離や測度特徴捉えて描くことも部分的に可能である以下にこうした図の例を限界とともに述べる。 p 進数部分集合について状況応じた適切なイメージ頭の中思い描くことは p 進解析や p 進幾何理解容易にしてくれる。

※この「視覚化」の解説は、「p進数」の解説の一部です。
「視覚化」を含む「p進数」の記事については、「p進数」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「視覚化」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「視覚化」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「視覚化」の関連用語

視覚化のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



視覚化のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日本オペレーションズ・リサーチ学会日本オペレーションズ・リサーチ学会
Copyright (C) 2022 (社)日本オペレーションズ・リサーチ学会 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの可視化 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのスペクトル系列 (改訂履歴)、p進数 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS