観察とは? わかりやすく解説

かん‐さつ〔クワン‐〕【観察】

読み方:かんさつ

[名](スル)

物事の状態や変化客観的に注意深く見ること。「動物生態を—する」「—力」

《「かんざつ」とも》仏語智慧によって対象正しく見極めること。


観察

読み方:カンサツ(kansatsu)

よく調査すること。


かんざつ 【観察】


観察、経過観察、待機療法

【仮名】かんさつ
原文observation

症状出現ないし変化するまで、治療差し控えて、患者の状態を綿密に監視していくこと。「watchful waiting注意深い経過観察)」とも呼ばれる

観察

作者フランツ・カフカ

収載図書変身ほか
出版社白水社
刊行年月2001.6
シリーズ名カフカ小説全集

収載図書流刑地にて―カフカ・コレクション
出版社白水社
刊行年月2006.7
シリーズ名白水uブックス


観察

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/13 03:59 UTC 版)

観察(かんさつ、: observation)とは、対象の実態を知るために注意深く見ること。その様子を見て、その変化記録すること。どれだけその変化を見つけられるかが重要である。




「観察」の続きの解説一覧

観察

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/03 00:05 UTC 版)

財務諸表監査」の記事における「観察」の解説

業務処理や手続き確かめ手続きである。施設設備視察建設業現場視察なども含まれる棚卸し資産実地棚卸し確かめるのも観察である。

※この「観察」の解説は、「財務諸表監査」の解説の一部です。
「観察」を含む「財務諸表監査」の記事については、「財務諸表監査」の概要を参照ください。


観察

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/26 00:11 UTC 版)

地獄谷野猿公苑」の記事における「観察」の解説

JA長野中央会は、もしサルたちが公苑にいなくても、サルたちがサボっているわけではなく周りの山にエサ探しに行っている解釈してほしい旨を呼びかけている。

※この「観察」の解説は、「地獄谷野猿公苑」の解説の一部です。
「観察」を含む「地獄谷野猿公苑」の記事については、「地獄谷野猿公苑」の概要を参照ください。


観察

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/02 02:43 UTC 版)

貝殻」の記事における「観察」の解説

貝殻生きた貝の状態ではその表面模様があるが、海岸で拾うものは模様無くなっている場合が多い。これは、死んで流される内に表面他物摩擦して削られるためでもあるが、成分海水浸食されるためでもあるまた、生きた状態の貝でも、その表面腐食したり、破損したり、その表面きれいでない場合が多い。なお、古い部分破損しやすいのは一部の種では特徴になっている自然の貝殻表面には様々なものがこびり付くことがよくある。その多く貝殻上を生活の場としている他の生物よるもので、特に海で石灰藻フジツボコケムシといった固着性や、一部貝類多毛類のような穿孔性生物貝殻上によく見られるこれらの生物周囲の岩などにも同じように生息することが多いため、自然界では貝自身隠蔽する効果がある。また観察者にとっては、付着物見ることでその貝殻の主の生きていた環境知る手がかりにもなる。 逆に生きていながらそのようなものが付着していない貝は、肉体で殻を覆っていたか、あるいは砂や泥に潜って生活していたか、とにかくそのような生物付着できないような環境暮らし方をしていたと想像できる例えば、タカラガイなど一部の貝では、生きた態で入手した貝殻はその表面が全く汚れずきれいな態であるが、これはこの貝が、生きた態で貝殻表面外套膜覆い海水触れないようにしながら常に新しい層を上塗りしているためでありアサリツメタガイなど砂地に潜る種でも貝殻表面に付着物見られないのが普通である

※この「観察」の解説は、「貝殻」の解説の一部です。
「観察」を含む「貝殻」の記事については、「貝殻」の概要を参照ください。


観察

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/29 00:40 UTC 版)

ブロッケン現象」の記事における「観察」の解説

ブロッケン現象山岳気象現象として有名で尾根日陰側か風上側の急勾配の谷で山肌に沿って)がゆっくり這い上がり、稜線日光にあたって消え場合によく観察されるその他に航空機から見下ろや、平地川霧等に現れることがある航空機からブロッケン現象撮影観察しようとする場合は、席は太陽の逆の席を取るほうがいい。朝方夕方がいいが昼でも見えことがある稀であるが、飛行機スクリーン映しだされることもある。条件があえば、平地でも観察することができる。例え福島県奥会津地方只見町標高500メートル平地であるが、ダムがあるお陰で夏の朝川霧発生する晴れた午前6時から8時にかけ、ブロッケン現象みられる)が背景にされ、日光だけではなく自動車灯光でもブロッケン現象という大気光学現象観察される

※この「観察」の解説は、「ブロッケン現象」の解説の一部です。
「観察」を含む「ブロッケン現象」の記事については、「ブロッケン現象」の概要を参照ください。


観察

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/06 09:35 UTC 版)

ノープリウス」の記事における「観察」の解説

ノープリウス幼生を見るための最も簡単な方法は、ブラインシュリンプ、あるいはシーモンキー飼育することである。これらはいずれ甲殻綱鰓脚亜綱無甲目に属すアルテミア (Artemia) のことであるが、飼育魚の餌用あるいは愛玩用として市販されている。乾燥状態の卵を適度な塩水入れれば一晩孵化して赤っぽい色の幼生多数遊泳するのが見られる。この幼生ノープリウスである。 幼生をよく見れば小さな腕を動かして泳いでいることが分かる顕微鏡観察すれば先端幅広い体に二対の腕が伸びており、それらの真ん中一つだけ眼があることが観察できる。二対の腕のうちの前方のものは第一触角で、単独の棒状二番目第二触角で、中途で二分している。また、体の中ほどにはもう一対付属肢があるが、これは大顎である。 飼育を続ければ幼生の体は次第長くなり、大顎後方に次第新たな付属肢形成されて行く。

※この「観察」の解説は、「ノープリウス」の解説の一部です。
「観察」を含む「ノープリウス」の記事については、「ノープリウス」の概要を参照ください。


観察

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/29 01:01 UTC 版)

キュビエ器官」の記事における「観察」の解説

粘液接着性強くなかには毒を備える種もある。ナマコ手で刺激することで容易に放出観察することができるが、手などに付着する容易には取れないその際は乾燥させてから取ると良いナマコ血液採取を行う際のサンプリングにも用いられる

※この「観察」の解説は、「キュビエ器官」の解説の一部です。
「観察」を含む「キュビエ器官」の記事については、「キュビエ器官」の概要を参照ください。


観察 (Observe)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/21 08:09 UTC 版)

OODAループ」の記事における「観察 (Observe)」の解説

監視・観察と訳される意思決定者自身直面する自分以外の外部状況に関する生のデータ」 (Raw data) の収集意味する理論原型となった空戦においてはパイロット自身の目視機体装備センサー、あるいは地上レーダー早期警戒機からの伝送情報により敵機探知するまた、地上部隊であれば斥候部隊航空偵察艦艇であれば装備センサーおよび外部ISRシステム偵察衛星航空偵察)も使用される。 また部隊指揮においては、「観察」段階から「情勢への適応段階にかけてC4Iシステム用いた共通戦術状況図(CTP)および共通作戦状況図(COP)の作成行なわれる。これは、各階において情勢認識共通化し、情勢判断意思決定基盤なるものである。

※この「観察 (Observe)」の解説は、「OODAループ」の解説の一部です。
「観察 (Observe)」を含む「OODAループ」の記事については、「OODAループ」の概要を参照ください。


観察

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/15 23:07 UTC 版)

メジロ」の記事における「観察」の解説

メジロ甘い蜜好み、また里山市街地でも庭木街路樹などの花を巡って生活している。そのため昔から人々親しまれである。現在も、切った果物砂糖水などを庭先吊しておくことでメジロを呼ぶことができ、野鳥観察において馴染み深い鳥の一種である。エサ場でヒヨドリメジロ追っ払うのもよく見かける光景である。 またメジロ比較警戒心緩く頻繁に鳴き交わしつつ群れ行動するため、慣れた人だ口笛で(歯笛感覚で吹く)仲間がいると思いこませ、群れ呼び寄せることもできたという。 果汁花蜜など甘いものを好む (同左ツバキを吸蜜するメジロ サクラの蜜を採食中のメジロ

※この「観察」の解説は、「メジロ」の解説の一部です。
「観察」を含む「メジロ」の記事については、「メジロ」の概要を参照ください。


観察

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/01 08:15 UTC 版)

2020年ナゴルノ・カラバフ紛争」の記事における「観察」の解説

軍人 ロシア軍機関紙両軍人的損耗統計から、アルメニア軍比してアゼルバイジャン軍の方がより経験豊富な軍人によって構成されていたと推察している。また、 アルメニア現地アルツァフ集めた兵士最前線に送る一方で本国からは部隊出さなかった。 CNAロシア研究プログラム責任者ケナン研究所特別研究員のマイケル・コフマンは、アゼルバイジャン自国兵士損耗限定するためにシリアからの傭兵を展開させ、「アゼルバイジャン当初かなりの損害を出したが、この際傭兵第一波攻撃部隊として消耗品のように使われた。」と主張している。 兵器アゼルバイジャン石油収入の富などを元手2010年からの10年間アルメニア3倍上もの軍事予算編成しイスラエルロシアトルコから最新兵器購入していた。両国軍隊はほぼ同規であったが、アゼルバイジャン高性能戦車装甲兵員輸送車及び歩兵戦闘車保有し大量のドローン導入していた。アゼルバイジャン砲兵(特に自走砲及び長射程多連装ロケット砲)に強みがあり、一方でアルメニア戦術弾道ミサイルわずかな強みがあった。 以前ナゴルノ・カラバフ紛争アルメニア軍に対して劣勢だったアゼルバイジャン軍は、トルコ攻撃ドローンバイラクタル TB2」やイスラエル自爆ドローンハーピー」を輸入して、それら兵器での想定される戦域状況における戦術研究していた。アゼルバイジャン軍旧ソ連時代開発され複葉機An-2)を大量に用意し、これを無人飛ばしてアルメニア陣地突っ込ませ、アルメニア防空網迎撃行わせ布陣された防空兵器所在あぶり出し位置露呈された地対空ミサイルSAM)ならびそのレーダーシステムに対してドローンミサイル撃破するなど新旧兵器組み合わせて活用した当初アゼルバイジャン軍An-2無人機改造して囮として使用した考えられていたが、どの機体旋回行わず真っ直ぐに敵陣突っ込んで来ており、改造行われておらずパイロット操縦して離陸し進行方向定めた後にパイロットパラシュート脱出するという使い捨て方式だったことが判明している。アゼルバイジャンは囮役のAn-2突っ込ませてアルメニア防空網レーダー起動させたら次にレーダー波を感知して自爆突入するイスラエルIAI社製「ハーピー」「ハーピーNG」「ハロップハーピー2)」という徘徊型兵器攻撃した。こうしてアルメニア側の防空網機能しなくなったらアルメニア戦車火砲ミサイル発射機、塹壕内の兵舎や、後方から前線に向かう増援補給部隊攻撃目標移し、これらを撃破し戦場で優位に立った両国とも防空システム有していたため、戦争間に有人航空機使用されることは少なかったアルメニア軍導入していた、S-300地対空ミサイルなどロシア防空網対抗できなかったことや、ロシア軍偵察ドローン偏重し攻撃ドローン開発・配備遅れていることが浮き彫りになり、ロシアを含む各国軍事関係者にも注目されている作戦 アゼルバイジャン軍は、ナゴルノ・カラバフ中部から北部にかけて構築されアルメニア軍要塞地帯「オハニャン線」を迂回し南部比較平坦な地域から攻撃した

※この「観察」の解説は、「2020年ナゴルノ・カラバフ紛争」の解説の一部です。
「観察」を含む「2020年ナゴルノ・カラバフ紛争」の記事については、「2020年ナゴルノ・カラバフ紛争」の概要を参照ください。


観察

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/11 03:48 UTC 版)

浸透探傷試験」の記事における「観察」の解説

現像処理後、試験体表面には表出し浸透液によるきず指示模様現れる。これを観察し、きずの有無やその合否チェックする。観察は染色浸透探傷試験の場合はきず指示模様赤色明瞭に視認できる明るさ自然光、または白色光の下で実施し蛍光浸透探傷試験の場合はできるだけ暗い環境かつできるだけ明る紫外線照射灯の下で実施する

※この「観察」の解説は、「浸透探傷試験」の解説の一部です。
「観察」を含む「浸透探傷試験」の記事については、「浸透探傷試験」の概要を参照ください。


観察

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/11/20 14:10 UTC 版)

集束イオンビーム」の記事における「観察」の解説

集束イオンビーム用いてSIMScanning Ion Microscope走査イオン顕微鏡)像を観測することができる。SIMとは、イオンビーム試料照射させたときに飛び出してくる2次電子測定することにより試料表面の様子を観測する方法である。集束イオンビーム用いてエッチングをした試料を、同じ装置SIM像観測するといったことができる。近年は、FIB加工装置電子銃取り付けてSEMとしての機能併せ持たせたダブルビームFIBさらにはArイオン銃装備してイオンミリング可能なトリプルビームFIBという加工装置発売されている。

※この「観察」の解説は、「集束イオンビーム」の解説の一部です。
「観察」を含む「集束イオンビーム」の記事については、「集束イオンビーム」の概要を参照ください。


観察

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/31 19:00 UTC 版)

アラン・ローラン彗星」の記事における「観察」の解説

1956年11月にはブリュッセルにあるベルギー王立天文台のアストログラフは、小惑星探査用いられていた。1956年11月8日ベルギー天文学者であるシルヴァン・アランジョルジュ・ローラン感光板上に彗星発見した発見した時点彗星見かけの等級10等であり、強い中央凝縮と短い尾が見られた。この彗星早期発見は観察機器準備と観察計画の立案前もって行うことを可能にした。 アラン・ローラン彗星軌道要素Michael P. Candyによって計算され近日点通過1957年4月8日予測された。彗星十分に発達しており、彼はこの彗星北半球4月間に派手な見え方になると予測した1956年12月上旬には彗星太陽から2.5 AU地球から1.7 AU地点まで接近した彗星2月までうお座にあり、7.5-8.0等の明るさになった1957年4月近日点通過間に彗星の尾長さ15°に達した4月16日5月5日にはガスや塵を放出しながら彗星の尾変化し29日には尾は3つ分かれた4月22日には彗星異常な尾(アンチテイル)を見せ、5°まで広がった4月25日にはアンチテイル12°まで広がり最大の大きさとなった4月29日にはアンチテイル消滅した近日点通過後彗星急速に衰えていった。5月上旬には見かけの等級で5.46等の明るさになった5月8日には彗星明るさは7等まで落ちた。これは人間の目観察できる限界明るさである。5月29日には8.55等まで低下したアラン・ローラン彗星は、様々な周波数電波用いた彗星検出試みた初めての彗星である。しかし、これらの試み成功しなかった。無線帯域電波による彗星検出成功は、1973年コホーテク彗星 (C/1973 E1) まで待たなければならなかった。 アラン・ローラン彗星1957年4月24日に、BBC長寿番組であるThe Sky at Night英語版)の最初期話題対象となった天文学者であるカール・セーガン彼の著書であるCosmos80ページ次の逸話紹介している。1957年シカゴ近く天文台勤務していた時に酔っ払った男から「ぼやけたものを見た」という電話受けたセーガンはそれはアラン・ローラン彗星だと男に言った。男は「彗星とは何だ」と尋ねセーガンは「1マイルほどの雪だるまだ」と答えた。男は長い沈黙のあと、「本物天文学者話させてくれ!」と言った

※この「観察」の解説は、「アラン・ローラン彗星」の解説の一部です。
「観察」を含む「アラン・ローラン彗星」の記事については、「アラン・ローラン彗星」の概要を参照ください。


観察

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/30 22:30 UTC 版)

地球照」の記事における「観察」の解説

肉眼での確認容易な期間は、新月を挟む、月齢27から3(三日月前後の、月の輪郭が小さな時である。これは、月から見る地球が“満地球”に近い状態で地球からの反射光多くなるとともに月の光っている面積小さいので眩しくないためである地球照淡い光なので、空気澄んでいて周囲がい場所観察するとよい。 日本では冬期観察しやすく、天体観測意識しない一般の人でも目にする機会増える。これは冬は乾燥して空気澄んでいることや、冬の夕方の黄道地平線なす角大きく三日月が高い位置に見えるめである逆に夏期多湿空気透明度下がることや、夕方三日月の地平高度が低いため観察しにくくなる新月時には月から地球を見ると“満地球になって反射光最大になるが、新月地球から見て太陽と同じ方向にあって夜間に観察できないので、地球照見ることできない。ただし、皆既日食時に限っては、太陽面を隠す月面全面地球照見える。 半月より大きい月(上弦満月下弦になると肉眼では地球照観察するのが難しくなる。これは月の光っている部分面積増えて眩しくなること、月から見ると地球大きく欠けた形(“半地球”より小さい状態)となって反射光が減るためである。それでも望遠鏡使って倍率上げて光っている部分視野外に追い出せば、観察できるまた、露出時間長くして撮影すれば写る。

※この「観察」の解説は、「地球照」の解説の一部です。
「観察」を含む「地球照」の記事については、「地球照」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「観察」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

観察

出典:『Wiktionary』 (2021/11/12 15:29 UTC 版)

発音

名詞

(かんさつ)

  1. 物事状態注意して見ること
  2. 物事見て得た結果判断

翻訳

動詞

活用


「観察」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



観察のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2022 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2022 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの観察 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの財務諸表監査 (改訂履歴)、地獄谷野猿公苑 (改訂履歴)、貝殻 (改訂履歴)、ブロッケン現象 (改訂履歴)、ノープリウス (改訂履歴)、キュビエ器官 (改訂履歴)、OODAループ (改訂履歴)、メジロ (改訂履歴)、2020年ナゴルノ・カラバフ紛争 (改訂履歴)、浸透探傷試験 (改訂履歴)、集束イオンビーム (改訂履歴)、アラン・ローラン彗星 (改訂履歴)、地球照 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの観察 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS