現場とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 場所 > 現場 > 現場の意味・解説 

げん‐じょう〔‐ヂヤウ〕【現場】

読み方:げんじょう

「げんば(現場)1」に同じ。

今夜こそ—を見届けたぞ」〈啄木葬列

「現場」に似た言葉

げん‐ば【現場】


現場

作者レイチェル・インガルズ

収載図書悲劇の終り
出版社筑摩書房
刊行年月1992.1


現場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/01 07:35 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィキペディアには「現場」という見出しの百科事典記事はありませんタイトルに「現場」を含むページの一覧/「現場」で始まるページの一覧
代わりにウィクショナリーのページ「現場」が役に立つかも知れません。


現場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/25 17:19 UTC 版)

イベントコンパニオン」の記事における「現場」の解説

オーディションに合格すると、広告代理店メーカー数時間から数日間研修を受けてショーイベント会場赴くことになる。数時間終わってしまうイベントなどの場合、台本などを家に持ち帰って自主勉強するのみで、研修ない場合も多い。東京モーターショーなど開催期間10日以上にわたる場合や、開催地遠隔地僻地にある場合近くシティホテルウィークリーマンションなどに宿泊できる場合もある。

※この「現場」の解説は、「イベントコンパニオン」の解説の一部です。
「現場」を含む「イベントコンパニオン」の記事については、「イベントコンパニオン」の概要を参照ください。


現場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/13 07:46 UTC 版)

DOMMUNE」の記事における「現場」の解説

DOMMUNEにおいて、現場は3つ分類されている。 第1の現場は撮影をしているスタジオを指す。人とハグできる距離とも表現される第2の現場は不特定多数視聴者によるそれぞれの視聴環境を指す。 第3の現場はSNSタイムラインを指す。視聴者交流の場でもある配信スイッチングは主に宇川担当し、第1の現場に居合わせつつ、第3の現場に反応し第2の現場を意識しつつ動画と音を送っている。 番組現地観覧については、テレビ局と同様スタジオ収録一般観覧という位置付けである。1部トーク番組に関してステージはなく、観覧客と並列カメラ設置されている。2部DJライブに関して常設DJブースやライブスペースを作り実施される

※この「現場」の解説は、「DOMMUNE」の解説の一部です。
「現場」を含む「DOMMUNE」の記事については、「DOMMUNE」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「現場」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

現場

出典:『Wiktionary』 (2021/08/15 00:59 UTC 版)

この単語漢字
げん
第五学年

第二学年
重箱読み
この単語漢字
げん
第五学年
じょう
第二学年
音読み

名詞

(げんば または げんじょう)

  1. 事件事故起こっ場所
  2. 作業が行われている場所

発音(?)



「現場」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



現場と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

現場のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



現場のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの現場 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのイベントコンパニオン (改訂履歴)、DOMMUNE (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの現場 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS