追憶とは? わかりやすく解説

つい‐おく【追憶】

読み方:ついおく

[名](スル)過ぎ去ったことに思いをはせること。過去をしのぶこと。追想。「―にふける」「少年時代を―する」

[補説] 作品名別項。→追憶


ついおく【追憶】


ノヴァーク:追憶(記憶) ヘ短調

英語表記/番号出版情報
ノヴァーク:追憶(記憶ヘ短調Vzpominky (Memoriesin F minor Op.6作曲年1894年  出版年1896年  初版出版地/出版社Simrock 

追憶

作者宮唯雄

収載図書追憶
出版社りん書房
刊行年月1994.3


追憶

作者石川好

収載図書奈穂子質屋
出版社風媒社
刊行年月2005.5


追憶

作者杉浦未央

収載図書どこかにある誰か想い
出版社文芸社
刊行年月2005.12


追憶

作者半澤律子

収載図書最後の夜に
出版社日本文学館
刊行年月2005.12
シリーズ名ノベル倶楽部


追憶

作者鵜川正博

収載図書みおつくし物語
出版社新風舎
刊行年月2007.3
シリーズ名新風舎文庫


追憶―冬の蛍

作者平塚

収載図書湯河原文学賞アンソロジー
出版社祥伝社
刊行年月2007.2


追憶


追憶

作者キャロリンG.ハート

収載図書EQMM90年代ベスト・ミステリー 夜汽車はバビロンへ
出版社扶桑社
刊行年月2000.9
シリーズ名扶桑社ミステリー


追憶

作者殿理央

収載図書美貌の魔都 月徳貴人 下巻
出版社新書館
刊行年月2002.9
シリーズ名新書館ウィングス文庫


追憶

作者佐藤晴彦

収載図書追憶
出版社文芸社
刊行年月2003.3


追憶

作者平野啓一郎

収載図書高瀬川
出版社講談社
刊行年月2003.3

収載図書高瀬川
出版社講談社
刊行年月2006.10
シリーズ名講談社文庫


追憶

作者島崎藤村

収載図書島崎藤村短編集 第3巻 食後
出版社郷土出版社
刊行年月2003.4


追憶

作者宮本百合子

収載図書宮本百合子全集33習作2
出版社新日本出版社
刊行年月2004.1


追憶

作者中山昭子

収載図書三三壮途の歌
出版社同時代
刊行年月2005.3


追憶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/25 07:43 UTC 版)

追憶(ついおく)とは過ぎた時間に思いをはせること。ノスタルジア




「追憶」の続きの解説一覧

追憶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 13:46 UTC 版)

あんさんぶるスターズ!」の記事における「追憶」解説

過去編のこと。タイトル「追憶」から始まイベントストーリー全てDDD前の1年間の出来事回想する形となる。3年生2年生2年生1年生1年生学外見学者として登場する留年している場合この限りではない)。「マリオネットの糸の先」「集い三人魔法使いエレメント)」「春待ち出会いの夜(ロケットスタート)」「モノクロチェックメイト」「それぞれのクロスロード」「流星篝火メテオインパクト)」の6つがある。3年生中心に過去学院の様子を知ることができ、なぜ天祥院がドリフェス制度導入したか・それにより天才達がどうなったか・なぜTrickstar革命志したか、を垣間見ることができる。追憶におけるプロデュースコースのイベントストーリー出てくるキャラクター視点となるため、転校生に対する対応と友人に対する対応の差を知ることができるの醍醐味一つ。追憶以外でも、時系列が「過去」のストーリー挿入されることはある。担当ライター日日日

※この「追憶」の解説は、「あんさんぶるスターズ!」の解説の一部です。
「追憶」を含む「あんさんぶるスターズ!」の記事については、「あんさんぶるスターズ!」の概要を参照ください。


追憶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/06/09 05:22 UTC 版)

PASIO〜パッシオ」の記事における「追憶」解説

スターダストレビューカバー弦楽器中心にアレンジされバラードを島谷は上品かつ艶やか歌いこなしている。

※この「追憶」の解説は、「PASIO〜パッシオ」の解説の一部です。
「追憶」を含む「PASIO〜パッシオ」の記事については、「PASIO〜パッシオ」の概要を参照ください。


追憶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/04 16:53 UTC 版)

ハンス・アルブレヒト・フォン・バーフース」の記事における「追憶」解説

1889年ドイツ皇帝ヴィルヘルム2世1813年創設されていた連隊に「バーフース伯」の栄誉名(ドイツ語版)を授けた。同連隊第一次世界大戦後解隊されるまで、この名を帯びている。 朕はバーフース元帥伯爵記憶これによって称揚し我が軍において常に生き生きと保つべく、第17「バーフース伯」歩兵連隊ヴェストファーレン第4連隊)の名を授くものなり。朕が同連隊にこの栄誉与えよう考えたのは、同連隊前身である東プロイセン第4歩兵連隊が、かつてのバーフース連隊残存兵力部隊糾合ていたからである。朕はこの連隊新しい名称に常に名誉を与え正当な根拠に基づ勇気忠誠名声末代まで保ち続けることを確信す。-ベルリン1889年1月27日署名ヴィルヘルム 1894年には、ベルリン=ヴェディンク区(英語版)の「トルコ戦争辻」にある通り彼の名を冠し、「バーフース通り」と呼ばれるようになった。また「シューニンクとバーフースのように憎み合う」という言葉が、この二人士官諍いを今に伝えている。デトレフ・フォン・リーリエンクローン短編小説、『アンスパッハ=バイロイト竜騎兵連隊古参軍曹』(Der alte Wachtmeister vom Dragonerregiment Anspach-Bayreuth)では、「バーフース伯」が最後に少しだけ登場するフォンターネの『イェニー・トライベル夫人英語版)』ではバーフースについて次のような話が語られる。 バーフース中将は(中略ボン攻囲戦の間、ある軍法会議議長となっていたが、その時ある若い士官有罪判決が下ることになっていた。(中略有罪宣告される者は、要するにあまり英雄的とは言えい行為に及んだのであり、誰もが有罪判決銃殺刑賛成していた。ただ老いたバーフースのみは、それについて何も知ることを望まず、こう言った。「諸君大目に見ようではないか私は30回もの遭遇戦参加したが、こう言わずにはいられない。他と同じ日は一日たりとなく、人もその心もそれぞれ違うのだから、勇気などなおのことだ。私とて、何度も怖気づいたできる限り情けをかけてやらなくては。それは、誰もが必要とするかも知れないのだからな。」-テオドーア・フォンターネ:『イェニー・トライベル夫人』、ベルリン1892年 アルベルト・エーミール・ブラッハフォーゲル(ドイツ語版)は1869年歴史小説、『バーフース伯爵家』(Die Grafen Barfus)を著しハンス・アルブレヒト・フォン・バーフースその家族の生涯1689年から1740年まで描写している。彼はバーフースを勇敢、謙虚で模範的な軍人として描きヘラクレスのような風貌忠実な愛国者としているものの、同時に邪悪で良心欠け飽くことを知らず権力欲駆られ不機嫌冷酷高圧的狡猾貪欲で無慈悲な人物として描いている。ブラッハフォーゲルはシューニンクとバーフースの争い叙述しているが、前者不幸な英雄、そして復讐駆られたバーフースの犠牲者として描写したダンケルマンも、小説の中で彼に屈する他なかった。そして死の床でようやく、バーフースは彼の息子たち仇の子供たち和解させることができたのであった

※この「追憶」の解説は、「ハンス・アルブレヒト・フォン・バーフース」の解説の一部です。
「追憶」を含む「ハンス・アルブレヒト・フォン・バーフース」の記事については、「ハンス・アルブレヒト・フォン・バーフース」の概要を参照ください。


追憶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/04 16:43 UTC 版)

フリードリヒ・ヴィルヘルム・フォン・ザイトリッツ」の記事における「追憶」解説

アンナ・ルイーザ・カルシュ(英語版)は『ザイトリッツ中将へ』(An den General-Lieutnant von Seydlitz)と題する詩を献呈した。テオドール・フォンターネ三つの詩、『薄墨毛馬に乗るザイトリッツ氏』(Herr Seydlitz auf dem Falben)、『ザイトリッツとオワヴァの市長』(Seydlitz und der Bürgermeister von Ohlau)および『そしてカルカー、それは刺激なり』(Und Calcar, das ist Sporn)を捧げている。アントン・マイヤーとエッカート・フォン・ナーゾー (de:Eckart von Naso) は彼に小説献じた文献を参照のこと)。

※この「追憶」の解説は、「フリードリヒ・ヴィルヘルム・フォン・ザイトリッツ」の解説の一部です。
「追憶」を含む「フリードリヒ・ヴィルヘルム・フォン・ザイトリッツ」の記事については、「フリードリヒ・ヴィルヘルム・フォン・ザイトリッツ」の概要を参照ください。


追憶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/10 14:06 UTC 版)

ヘルベルト・フォン・カラヤン」の記事における「追憶」解説

ザルツブルクの旧ジークムント広場 (Sigmundsplatz) がヘルベルト・フォン・カラヤン広場 (Herbert-von-Karajan-Platz) と改称され1996年9月19日ウィーン国立歌劇場の脇の広場ヘルベルト・フォン・カラヤン広場命名された。 ベルリン・ティアガルテン地区、フィルハーモニーホールの面するマタイキルヒ通りMatthäikirchstraße)はヘルベルト・フォン・カラヤン通り(Herbert-von-Karajan-Straße)に改称された。 ザルツブルク空港で、ターミナル一つが、カラヤン飛行機好きにちなみ「ヘルベルト・フォン・カラヤン・ジェネラル・アビエーション・ターミナル」と命名された。 1991年6月13日当時オーストリア500シリング記念硬貨発売された。銀貨で、35万枚発行表面には肖像自筆署名刻まれ裏面ザルツブルク祝祭大劇場外観描いている。 釧路日本人によって発見され太陽系小惑星が、2007年9月26日、「カラヤン」と命名された。 1999年7月16日カラヤン10年目命日に、ベルリン・フィル後任クラウディオ・アバドザルツブルク大聖堂モーツァルトレクイエム演奏し故人偲ぶ機会を持った

※この「追憶」の解説は、「ヘルベルト・フォン・カラヤン」の解説の一部です。
「追憶」を含む「ヘルベルト・フォン・カラヤン」の記事については、「ヘルベルト・フォン・カラヤン」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「追憶」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「追憶」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「追憶」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



追憶のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
社団法人全日本ピアノ指導者協会社団法人全日本ピアノ指導者協会
Copyright 1996-2023 PianoTeachers' National Association of Japan
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの追憶 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのあんさんぶるスターズ! (改訂履歴)、PASIO〜パッシオ (改訂履歴)、ハンス・アルブレヒト・フォン・バーフース (改訂履歴)、フリードリヒ・ヴィルヘルム・フォン・ザイトリッツ (改訂履歴)、ヘルベルト・フォン・カラヤン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS