赤木圭一郎とは?

赤木圭一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/15 09:19 UTC 版)

赤木 圭一郎(あかぎ けいいちろう、1939年昭和14年〉5月8日 - 1961年昭和36年〉2月21日)は、日本映画俳優。本名、赤塚 親弘(あかつか ちかひろ)[1]。愛称はトニー。


  1. ^ a b 関川夏央『昭和が明るかった頃』文藝春秋、2002年、104-105頁。ISBN 978-4163591704
  2. ^ 大下英治「第1章 映画に魅せられて デビュー」『映画女優 吉永小百合』朝日新聞出版、2015年。ISBN 978-4022513359
  3. ^ 西田敏行「第二章 東京さ行って映画俳優になるぞう」『役者人生、泣き笑い』河出書房新社、2016年。ISBN 9784309025063
  4. ^ 水沢佐登留『赤木圭一郎写真集: わたしのトニー』赤木圭一郎を偲ぶ会出版局、1980年。
  5. ^ 『甦るトニー : 赤木圭一郎写真集』日活芸能、1977年。
  6. ^ a b 『日本映画俳優全集:男優編』キネマ旬報社、1979年、7-8頁。
  7. ^ そのジェームズ・ディーンも若くしてこの世を去っている。
  8. ^ 野沢一馬『赤木圭一郎: 「光と影」二十一歳のフィナーレ』成星出版、1997年、[要ページ番号]ISBN 9784916008343
  9. ^ 総監修:舛添要一『検証戦後50年: 文化編』サンドケー出版局、1995年、130頁。ISBN 4914938723
  10. ^ 『昭和二万日の全記録 安保と高度成長』第12巻、講談社、1990年、122頁。
  11. ^ 『文芸所沢』第26号、所沢市教育委員会、2009年、90頁。
  12. ^ 驚きももの木20世紀』より
  13. ^ その後、ストーリーそのものは大幅に変更せず、高橋英樹を代役に立て、出演者を一部交替して撮り直され、1962年に公開された。
  14. ^ 徹子の部屋』出演時などの江木の発言より
  15. ^ 『我が良き友よ 人生は愉快じゃないか』かまやつひろし、1970年6月5日、KKベストセラーズ、47ページ「トニーはもう帰らない」
  16. ^ 『近代映画臨時増刊 赤木圭一郎思い出のアルバム』154頁他より、近代映画社 1966年12月刊


「赤木圭一郎」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「赤木圭一郎」の関連用語

赤木圭一郎のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



赤木圭一郎のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの赤木圭一郎 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS