浜田光夫とは?

浜田 光夫

浜田光夫の画像 浜田光夫の画像
芸名浜田 光夫
芸名フリガナはまだ みつお
性別男性
生年月日1943/10/1
星座てんびん座
干支未年
身長168 cm
URLhttp://www.art-promotion.jp/prof_male16_hamada.html
デビュー年1960
プロフィール1943年10月1日生まれ東京都出身俳優1960年映画『ガラスの中少女』でデビュー。主な出演作は、映画『キューポラのある街』『非行少女』『愛と死をみつめて』など他多数。趣味・特技は、ゴルフ
デビュー作映画『ガラスの中少女
代表作品1年1962
代表作品1映画『キューポラのある街
代表作品2年1963
代表作品2映画『非行少女
代表作品3年1964
代表作品3映画『愛と死をみつめて
職種俳優女優タレント
好きなスポーツゴルフ
趣味・特技ゴルフ

» タレントデータバンクはこちら
他のタレント一覧
その他の出身のタレント  岡部磨知    三宅ひとみ  浜田光夫  幸島奈緒  豊川優紀

浜田光夫

以下の映画浜田光夫関連しています。
 
松竹映配
 


浜田光夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/26 00:44 UTC 版)

浜田 光夫(はまだ みつお、1943年10月1日[2][3][4][5] - )は、日本の俳優。本名、浜田 斌(はまだ あきら)[4][5]




注釈

  1. ^ 『君は恋人』には石原裕次郎小林旭浅丘ルリ子宍戸錠ら当時の日活スターが総出で友情出演し、加えて坂本九舟木一夫荒木一郎ザ・スパイダースら当時の人気歌手/タレントも多数出演して浜田の復帰を祝った。当時の日活は、いわゆる“オールスターもの”をいくつか製作しているが、当時の映画興行は新作二本立てが標準の形であり、通常、ひとつの作品に全てのスターを集結させることは困難であったが、この作品では当時日活に在籍していたスターが全員顔を揃え、大作並みの規模となった(同時上映は、赤木圭一郎が生前最後に出演し、未完成となっていた作品のフィルムを再構成した中編『赤木圭一郎は生きている 激流に生きる男』)。
  2. ^ これが浜田のトレードマークとなっているが、近年はカラーの入っていないレンズの眼鏡も使用している。
  3. ^ 浜田によれば、落語の「小言幸兵衛」をヒントにしたとのこと。義のキャラクターについて、佐々木は確たるものが掴めず、当初は「天下の二枚目」で行く方針だったが、浜田の提案で「先がひらけた」と後に語っている[28]
  4. ^ a b 唄:田代みどり。
  5. ^ a b 田代みどりとデュエット。
  6. ^ 日活映画「舞妓の上京」主題歌。
  7. ^ 日活映画「白い雲と少女」主題歌。
  8. ^ 日活映画「白い雲と少女」挿入歌。
  9. ^ a b c 唄:高橋英樹。
  10. ^ テイチク三十周年記念作品。
  11. ^ a b c d e 三条江梨子とデュエット。
  12. ^ 2004年、国仲涼子がカバー。
  13. ^ 唄:沢リリ子。
  14. ^ 高橋英樹とデュエット。
  15. ^ 沢リリ子とデュエット。
  16. ^ 笹森礼子、高橋英樹とデュエット。
  17. ^ a b 唄:笹森礼子
  18. ^ 日活映画「美しい暦」主題歌
  19. ^ a b 唄:三条江梨子。
  20. ^ 日活映画「成熟する季節」主題歌。
  21. ^ a b 唄:山内賢。
  22. ^ 北海道稚内市宗谷岬をテーマとしたご当地ソング
  23. ^ 浅丘ルリ子とデュエット。
  24. ^ 山内賢とデュエット。
  25. ^ 日活映画「流れる雲」主題歌。
  26. ^ 唄:浅丘ルリ子。
  27. ^ 唄:三波春夫。
  28. ^ 北海道利尻島礼文島をテーマにしたご当地ソングとして有名。
  29. ^ ザ・スパイダースと。
  30. ^ 唄:高石かつ枝。
  31. ^ 日活映画「君は恋人」主題歌。
  32. ^ 日活映画「君は恋人」挿入歌。
  33. ^ 市川暎子とデュエット
  34. ^ 北原由紀とデュエット。
  35. ^ 唄:北原由紀。
  36. ^ 芸能生活30周年記念盤。
  37. ^ 芸能生活50周年記念盤。
  38. ^ 愛川ゆかりとデュエット。

出典

  1. ^ a b 浜田 光夫”. 日本タレント名鑑. VIPタイムズ社. 2018年9月22日閲覧。
  2. ^ a b c 『日本タレント名鑑2004』VIPタイムズ社、2004年、300頁。
  3. ^ a b c d e f 『日本映画人名事典』男優編<下巻>、キネマ旬報社、1996年、444-445頁。ISBN 978-4873761893
  4. ^ a b c 青春 浜田光夫 2012, p. 16
  5. ^ a b c d e f g h i j k 石橋春海 2014, pp. 82-85, 「宣弘社作品のヒーローたちInterview 浜田光夫」
  6. ^ a b 青春 浜田光夫 2012, p. 27
  7. ^ a b 青春 浜田光夫 2012, p. 66
  8. ^ アートプロモーション”. ナロー. 2019年10月25日閲覧。
  9. ^ 青春 浜田光夫 2012, pp. 17-18.
  10. ^ a b 青春 浜田光夫 2012, pp. 180-181
  11. ^ 青春 浜田光夫 2012, pp. 21-22.
  12. ^ a b 青春 浜田光夫 2012, pp. 111-112
  13. ^ 青春 浜田光夫 2012, pp. 22-23.
  14. ^ 青春 浜田光夫 2012, pp. 23-26.
  15. ^ 青春 浜田光夫 2012, pp. 27-28.
  16. ^ 青春 浜田光夫 2012, p. 46.
  17. ^ a b 浜田光夫 初めて明かす「アルコール依存症で死の危機に…」”. 女性自身 (2012年9月19日). 2021年2月15日閲覧。
  18. ^ 青春 浜田光夫 2012, pp. 79-81.
  19. ^ 青春 浜田光夫 2012, p. 99.
  20. ^ a b 青春 浜田光夫 2012, pp. 122-124
  21. ^ a b 青春 浜田光夫 2012, pp. 125
  22. ^ a b 青春 浜田光夫 2012, pp. 132
  23. ^ 青春 浜田光夫 2012, p. 148
  24. ^ 青春 浜田光夫 2012, pp. 139-140.
  25. ^ 青春 浜田光夫 2012, pp. 144.
  26. ^ 青春 浜田光夫 2012, p. 172.
  27. ^ 青春 浜田光夫 2012, p. 198.
  28. ^ アイアンキングとその周辺に関する対話 浜田光夫×佐々木守」『キャラクター魂 Vol.5』辰巳出版〈タツミムック〉、2000年、31頁。ISBN 4-88641-470-2
  29. ^ “山田涼介、『日本映画批評家大賞』新人賞受賞 浅野忠信の激励に感謝”. ORICON STYLE. (2016年5月26日). http://www.oricon.co.jp/news/2072329/full/ 2016年5月27日閲覧。 
  30. ^ 『TVスター名鑑2005』東京ニュース通信社、2004年、272頁。ISBN 978-4924566354
  31. ^ 青春 浜田光夫 2012, pp. 146-148.
  32. ^ 青春 浜田光夫 2012, p. 70.
  33. ^ 青春 浜田光夫 2012, p. 37.
  34. ^ 吉永小百合 浜田光夫の50年”. 三田智恵子 Topic Watch (2012年11月9日). 2013年10月30日閲覧。
  35. ^ “14日に婚姻届!柄本長男と奥田次女が“2世婚””. スポニチ Sponichi Annex. (2012年3月17日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2012/03/17/kiji/K20120317002843650.html 2016年10月23日閲覧。 


「浜田光夫」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「浜田光夫」の関連用語

浜田光夫のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



浜田光夫のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
タレントデータバンクタレントデータバンク
Copyright © 2021 Talent Databank Co.,ltd. All Rights Reserved.
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの浜田光夫 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS