鈴木保奈美とは?

鈴木保奈美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/17 00:09 UTC 版)

鈴木 保奈美(すずき ほなみ、1966年8月14日[1] - )は、日本女優。本名、石橋 保奈美(いしばし ほなみ、旧姓:鈴木)。




注釈

  1. ^ かつては、ホリプロに所属していた。
  2. ^ アライバルはもともととんねるずの個人事務所として発足した経緯があり、他の所属者は杉本清しかいなかった。

出典

  1. ^ a b c d e f g h 別冊宝島2551『日本の女優 100人』p.114.
  2. ^ “女優の鈴木保奈美さん、10年ぶりに芸能活動再開!”. スポーツ報知. (2008年12月4日). オリジナルの2009年1月31日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090131191837/http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20081203-OHT1T00289.htm 2014年7月23日閲覧。 
  3. ^ “12年ぶりドラマ出演・鈴木保奈美、「毎日反省ばかり」も“母性表現”には自信”. ORICON NEWS (oricon ME). (2011年1月1日). http://www.oricon.co.jp/news/83471/full/ 2017年10月7日閲覧。 
  4. ^ “鈴木保奈美 「のぼうの城」で11年ぶりに映画出演 “麻呂”風メイクで榮倉の母に”. 映画.com. (2011年2月17日). http://eiga.com/news/20110217/1/ 2017年10月7日閲覧。 
  5. ^ a b “鈴木保奈美:18年ぶり連ドラ主演 バツイチのキャリアウーマンに”. まんたんウェブ (毎日新聞デジタル). (2016年6月29日). http://mantan-web.jp/2016/06/29/20160629dog00m200032000c.html 2016年6月29日閲覧。 
  6. ^ 大魔神・佐々木主浩パーティに集まった清原・イチローと超オーラな人々”. FRIDAY. 講談社 (2014年12月5日). 2017年8月17日閲覧。
  7. ^ 石橋貴明の妻・鈴木保奈美は魔性の女だった!”. exciteニュース. 2017年8月17日閲覧。
  8. ^ サワコの朝 2012年9月29日放送回”. gooテレビ (2012年9月29日). 2017年8月17日閲覧。
  9. ^ 瀧本美織×鈴木保奈美「わたしをみつけて」制作開始!”. NHKドラマ (2015年9月5日). 2015年9月5日閲覧。
  10. ^ 黒木瞳が「嫌な女」で主演! 鈴木保奈美との共演で、新たな相棒物語が生まれる”. INTERNET TVガイド (2015年11月3日). 2015年11月11日閲覧。
  11. ^ 小雪、憧れの鈴木保奈美と初共演「夢の中にいるよう」”. ORICON STYLE (2016年4月23日). 2016年4月23日閲覧。
  12. ^ “「大奥 最終章」で小池栄子と鈴木保奈美がバトル、浜辺美波と岸井ゆきのも参加”. 映画ナタリー. (2019年3月6日). https://natalie.mu/eiga/news/322616 2019年3月9日閲覧。 
  13. ^ “竹中直人&玉鉄で漫画「野武士のグルメ」ドラマ化”. 日刊スポーツ. (2016年12月5日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1747449.html 2016年12月5日閲覧。 


「鈴木保奈美」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「鈴木保奈美」の関連用語

鈴木保奈美のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



鈴木保奈美のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの鈴木保奈美 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS