唯月ふうかとは?

Weblio 辞書 > 人名 > タレントデータベース > 唯月ふうかの意味・解説 

唯月ふうか

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/29 16:35 UTC 版)

唯月 ふうか(ゆづき ふうか、1996年9月8日[1] - )は、日本歌手アイドル女優声優タレント血液型はA型[1]。愛称はふうちゃん。ホリプロ所属[1]。身長は154cm[1]




注釈

  1. ^ 唯月の怪我により、予定されていた大阪公演は公演中止。
  2. ^ 唯月のプレビュー公演初日は5月22日。
  3. ^ 昆夏美、松原凛子とのトリプルキャスト。
  4. ^ 昆夏美、屋比久知奈とのトリプルキャスト。
  5. ^ May'nとのダブルキャスト。
  6. ^ 3月5日から3月10日に予定されていた梅田芸術劇場メインホールでの公演は、新型コロナウイルス感染拡大のため中止された[33]

出典

  1. ^ a b c d e f g 唯月ふうか(ユヅキフウカ) | ホリプロオフィシャルサイト” (日本語). www.horipro.co.jp. 2020年3月7日閲覧。
  2. ^ 日出高等学校芸能コース”. 2016年2月25日閲覧。
  3. ^ a b 〈卒業生・在校生出演情報〉| ミュージカルコース|洗足学園音楽大学”. 2020年3月15日閲覧。
  4. ^ ミュージカル「赤毛のアン TOURS 2012」
  5. ^ セイコーマートCM「さんま蒲焼重」 2012年編(アクターズスタジオネットワーク)アーカイブ
  6. ^ 唯月ふうか | インタビュー | Deview-デビュー”. Deview. 2020年3月8日閲覧。
  7. ^ a b c 「彼女が一番輝いていた」15歳・川上桃子さんに急きょ特別賞”. www.sponichi.co.jp. 2020年3月7日閲覧。
  8. ^ アッコ命名「唯月ふうか」ホリプロ新人”. デイリースポーツ. 2012年9月3日閲覧。
  9. ^ ピーターパン9代目に唯月ふうか抜てき!”. サンケイスポーツ. 2013年1月16日閲覧。
  10. ^ 唯月ふうか | インタビュー | Deview-デビュー”. Deview. 2020年3月7日閲覧。
  11. ^ 唯月ふうかのFFFのF”. FM FUJI (2014年4月4日). 2014年7月12日閲覧。
    唯月ふうかプロフィール”. FM FUJI (2014年4月4日). 2014年7月12日閲覧。
  12. ^ a b “唯月ふうか、けいこ中に左目骨折し入院 『ピーターパン』大阪公演中止”. ORICON STYLE. (2016年8月17日). http://www.oricon.co.jp/news/2076906/full/ 2016年8月17日閲覧。 
  13. ^ “唯月ふうかが退院 舞台『ピーターパン』けいこ中に左目骨折で入院”. ORICON STYLE. (2016年9月2日). http://www.oricon.co.jp/news/2077812/full/ 2016年9月2日閲覧。 
  14. ^ a b 『レ・ミゼラブル』昆夏美・唯月ふうか・松原凜子がエポニーヌ鼎談~可愛く、強く、切なく~ | SPICE - エンタメ特化型情報メディア スパイス”. SPICE(スパイス)|エンタメ特化型情報メディア スパイス. 2020年3月7日閲覧。
  15. ^ a b 「屋根の上のヴァイオリン弾き」開幕、市村正親「世のお父さんを代表して」”. ステージナタリー (2017年12月5日). 2018年7月10日閲覧。
  16. ^ a b 市村正親「屋根の上のヴァイオリン弾き」開幕”. スポーツ報知 (2017年12月5日). 2018年7月10日閲覧。
  17. ^ a b 「舞妓はレディ」唯月ふうか着物姿で歌唱披露「しっかり歌い、踊っていきたい」”. ステージナタリー (2017年12月14日). 2018年7月10日閲覧。
  18. ^ a b 唯月ふうかの存在感で見応え 博多座「舞妓はレディ」”. 西日本新聞 (2018年3月13日). 2018年7月10日閲覧。
  19. ^ Twitter”. mobile.twitter.com. 2020年3月15日閲覧。
  20. ^ “ミュージカル『VIOLET』全公演中止のお知らせ”. (2020年4月8日). https://www.umegei.com/system/information/detail/165 2020年4月20日閲覧。 
  21. ^ “東宝株式会社演劇部 7月東京公演及び全国ツアー公演中止のお知らせ”. (2020年5月15日). https://www.tohostage.com/cancel2020_10.html 2020年6月4日閲覧。 
  22. ^ a b c STARDUST - スターダストプロモーション芸能3部 - 川上桃子のプロフィール”. web.archive.org (2012年3月8日). 2020年3月20日閲覧。
  23. ^ a b c 劇団つきかげ「女海賊ビアンカ」 | 演劇ニュース | シアターリーグ”. www.moon-light.ne.jp. 2020年3月15日閲覧。
  24. ^ Inc, Natasha. “「ガラスの仮面」の劇中劇を舞台化した「女海賊ビアンカ」新キャストで再演” (日本語). コミックナタリー. 2020年3月15日閲覧。
  25. ^ a b c コミックナタリー (2014年9月22日). “デスノート The Musical、リュークら配役発表”. 2014年9月22日閲覧。
  26. ^ “中山優馬×屋良朝幸のミュージカル「クロスハート」、全キャストの配役発表”. ステージナタリー. (2016年9月2日). http://natalie.mu/stage/news/200407 2016年9月5日閲覧。 
  27. ^ 帝国劇場 ミュージカル『レ・ミゼラブル』”. 東宝. 2018年7月21日閲覧。
  28. ^ 井上ひさし×栗山民也「夢の裂け目」段田安則ら全キャスト発表”. ステージナタリー (2017年7月10日). 2018年7月10日閲覧。
  29. ^ 井上ひさしの『夢の裂け目』開幕!演出・栗山民也「今、向き合うべき“記憶についての劇”」”. エンタステージ (2018年6月5日). 2018年7月10日閲覧。
  30. ^ ミュージカル「生きる」ヒロインはミュージカル初出演のMay'n&唯月ふうか”. ステージナタリー (2018年2月25日). 2018年7月10日閲覧。
  31. ^ ミュージカル「生きる」ヒロインはミュージカル初出演のMay'n&唯月ふうか”. スアステージ (2020年1月9日). 2020年1月10日閲覧。
  32. ^ Inc, Natasha. “「天保十二年の~」ビジュアルに高橋一生「この人、誰?と思ってもらえたら」(コメントあり)” (日本語). ステージナタリー. 2020年3月8日閲覧。
  33. ^ お知らせ | 梅田芸術劇場” (英語). www.umegei.com. 2020年3月8日閲覧。
  34. ^ “「四月は君の嘘」ミュージカル化、主演は小関裕太・木村達成&生田絵梨花”. ステージナタリー (ナターシャ). (2020年1月10日). https://natalie.mu/stage/news/350976 2019年10月10日閲覧。 
  35. ^ “ベリーグッドマン&Softly、Webムービー『先生に恋した夏』上映会でミニライブ開催”. Musicman-net. (2016年10月7日). https://www.musicman-net.com/artist/56142 2019年3月21日閲覧。 
  36. ^ 携帯コミックコラボレーション企画
  37. ^ 日本音楽事業者協会 音事協WEBマガジンvol.020(2014年7月号)
  38. ^ 北海道日本ハムファイターズ ファミリーシリーズ 〜さくらまつり〜 埼玉西武戦
  39. ^ 『momo TV Vol.6』〜momoが新曲を踊ってみた〜スタデジch.YouTube・スターダストプロモーション公式チャンネル)にて新曲紹介。
  40. ^ sonymusic MemorieS
  41. ^ UNIVERSAL SPECIAL STORE ガラスの仮面劇場「女海賊ビアンカ」ミュージカル・サウンドトラック


「唯月ふうか」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「唯月ふうか」の関連用語

唯月ふうかのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



唯月ふうかのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
タレントデータバンクタレントデータバンク
Copyright © 2020 Talent Databank Co.,ltd. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの唯月ふうか (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS