岩井志麻子とは?

岩井 志麻子

岩井志麻子の画像 岩井志麻子の画像
芸名岩井 志麻子
芸名フリガナいわい しまこ
性別女性
生年月日1964/12/5
星座いて座
干支辰年
出身岡山県
URLhttp://horipro.co.jp/talent/SC105/
プロフィール岡山県出身作家として活動高校在学中の1982年、第3回小説ジュニア短編小説新人賞に佳作入選少女小説家経て1999年ぼっけえ、きょうてえ』が選考委員絶賛を受けて日本ホラー小説大賞受賞。その他、主な作品に『岡山女』(第124直木賞候補)、『自由戀愛』(第9回 島清恋愛文学賞受賞)などがある。半生赤裸々に語るトークや「エロくて変なオバチャン」を自称する強烈キャラクター注目を集める
代表作品1東京MX5時に夢中!
代表作品2DVD『岩井志麻子の歌舞伎町猥談
代表作品3雑誌サイゾー
職種文化人

» タレントデータバンクはこちら
他のタレント一覧
岡山県出身のタレント  神楽坂恵  桃瀬美咲  日笠麗奈  岩井志麻子  有森裕子  馬越幸子

岩井志麻子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/13 10:22 UTC 版)

岩井 志麻子(いわい しまこ、1964年12月5日 - )は、日本の作家タレントAV監督。身長160cm。血液型はA型。2009年6月よりホリプロ所属。『5時に夢中!』(東京MXテレビ)の木曜レギュラーコメンテーターを務める。自称・岡山の黒アワビ。




  1. ^ 西原理恵子、岩井志麻子ら“熟女キャッツアイ”がジュリア・ロバーツに対抗心
  2. ^ 例えば、「媚薬イベント」で岩井志麻子が暴走エロトーク!など
  3. ^ 岩井志麻子、新しい彼氏も韓国人 夫の失踪説は「大げさ」”. シネマトゥデイ (2014年11月14日). 2015年7月15日閲覧。
  4. ^ TVでた蔵 2013年11月26日放送 解決!ナイナイアンサー”. ワイヤーアクション (2013年11月26日). 2015年7月15日閲覧。
  5. ^ 伊勢崎馨 (2015年1月1日). “安倍首相のちんこちっちゃい! 岩井志麻子が韓国人の愛人相手に衝撃発言!”. exciteニュース. 2015年7月15日閲覧。
  6. ^ 週刊女性5月28日号(2013年)
  7. ^ 関西テレビ 「ヘイト発言」放送 民族差別・女性蔑視編集せず 毎日新聞 2019年6月18日
  8. ^ 関西テレビ、岩井志麻子氏の「ヘイト発言」放送、番組で謝罪「真摯に反省」 毎日新聞 2019年6月22日
  9. ^ 岩井志麻子氏が“AV監督”として大奮闘 東スポWeb
  10. ^ ひかりTV 4K オリジナルドラマ 伝染る物語 ~KADOKAWA 怪談実話~”. ひかりTV. 2017年1月14日閲覧。
  11. ^ “ハリケンジャー塩谷瞬&ゴーゴーファイブ原田篤も出演! 河崎実監督『シャノワールの復讐』完成” (日本語). マイナビニュース. https://news.mynavi.jp/article/20180925-697559/ 2018年11月11日閲覧。 
  12. ^ “こじはるラストシングルMV解禁 まさかのプロレスに「最後だしいいかな”. 東スポWEB (東京スポーツ新聞社). (2017年2月20日). http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/653721/ 2017年2月20日閲覧。 


「岩井志麻子」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「岩井志麻子」の関連用語

岩井志麻子のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



岩井志麻子のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
タレントデータバンクタレントデータバンク
Copyright © 2019 Talent Databank Co.,ltd. All Rights Reserved.
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの岩井志麻子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS