江川達也とは?

江川 達也

江川達也の画像 江川達也の画像
芸名江川 達也
芸名フリガナえがわ たつや
性別男性
生年月日1961/3/8
星座うお座
干支丑年
出身地愛知県
URLhttps://www.horipro.co.jp/egawatatsuya/
デビュー年1984
プロフィール愛知教育大学数学科応用数学専攻卒業卒業後、中学数学講師という経歴をもつ。本宮プロダクションアシスタント経て1984年BE FREE!』で漫画家デビュー。以降、『まじかる☆タルるートくん』『東京大学物語』など数々人気漫画生み出すまた、数多くバラエティ・情報番組出演活躍する。主な出演番組に、テレビ朝日タモリ倶楽部』『スーパーモーニング』(月曜コメンテーター)など。映画『東京大学物語』(2006年)では監督務めた。
デビュー作漫画BE FREE!
代表作品1年19881992
代表作品1漫画まじかる タルるートくん』(全21巻)
代表作品2年1992
代表作品2東京大学物語』(全34巻)
代表作品3年2001
代表作品3源氏物語』(全7巻)
職種文化人

» タレントデータバンクはこちら

江川達也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/31 06:01 UTC 版)

江川 達也(えがわ たつや、1961年3月8日[1] - )は、日本漫画家テレビタレント




  1. ^ a b c d e f g 『漫画家人名事典』日外アソシエーツ、2003年2月25日、68頁。ISBN 4-8169-1760-8
  2. ^ 東京五輪開催反対 江川達也の大胆改革案 - 日刊スポーツ TOKYO五輪ピックアップ、2016年2月19日
  3. ^ 松浦達也; 共同著作者 (2008年5月26日). “メルセデス以外あり得ない!”. Daily EDGE著名人・有名人のカーライフ. 2009年4月7日閲覧。
  4. ^ a b c 『“全身漫画”家』
  5. ^ 『サイゾー』2003年3月号 江川式勉強法(欄外のコメントより)
  6. ^ 美術手帖「マンガテクニック」季刊03号、p.24
  7. ^ 『甦るノルシュテインの世界』
  8. ^ ほとんどのコマに背景が描かれておらず、白紙の上に描かれた人物や建物もラフに近く、下書き同然の乱雑な作画であった。またストーリー構成も映画版とはまったく異なる。
  9. ^ 実際は青年向け漫画家として商業誌デビュー済みだったまいとしろう。彼は取材内容をロケ当日まで一切知らされず、江川に憧れるどころか江川の作品をほとんど知らなかったにも関わらず、やらせ演技を強要された。江川本人がやらせと承知で出演依頼を受けたかどうかは不明。
  10. ^ A×A ダブルエー 公式ブログ
  11. ^ 週刊ヤングジャンプ』2009年39号452頁
  12. ^ a b 『漫画家人名事典』325頁
  13. ^ 絶望に効くクスリ』Vol.1
  14. ^ 『漫画家人名事典』240頁
  15. ^ オースーパージャンプ』(スーパージャンプ2009年8月25日増刊)242頁「いとう耐の解耐新語」
  16. ^ 『キネ旬ムック―マンガ研究本シリーズ 』(マガジンマガジンVol.2(2001年)江川達也)115頁
  17. ^ 砂倉の単行本『ファンタスティックファニーズ』奥付の作者のメッセージより
  18. ^ 鬼才現る:我ながらひどいと思います――人気主婦ブロガー「まんしゅうきつこ」さんの正体 (1/2)


「江川達也」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「江川達也」の関連用語

江川達也のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



江川達也のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
タレントデータバンクタレントデータバンク
Copyright © 2021 Talent Databank Co.,ltd. All Rights Reserved.
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの江川達也 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS