木村了とは?

木村 了

木村了の画像 木村了の画像
芸名木村 了
芸名フリガナきむら りょう
性別男性
生年月日1988/9/23
干支辰年
血液型A
出身東京都
身長172 cm
URLhttps://www.horipro.co.jp/kimuraryo/
ブログURLhttps://lineblog.me/kimura_ryo/
デビュー年2002
靴のサイズ27.5 cm
プロフィール東京都出身2002年ジュノンスーパーボーイコンテスト」で審査員特別賞受賞俳優タレントとしてテレビドラマバラエティー番組などに出演主な出演作は、フジテレビウォーターボーイズ2』『のだめカンタービレ』『花ざかりの君たちへ イケメンパラダイス』『間違われちゃった男』、テレビ朝日パズル』、TBS特急田中3号』、映画『赤い糸』『東京島』『横たわる彼女』『帝一の國』、CM明光義塾』、舞台赤と黒』『薄桜鬼』『MOJO』『髑髏城の七人Season月』、ミュージカル花より男子』『TARO URASHIMA』など。
デビュー作ジュノンスーパーボーイコンテスト特別賞受賞
代表作品1年2016
代表作品1舞台『學歌劇帝一の國」-血戦ラストダンス-』主演
代表作品2年2017
代表作品2映画『帝一の國
代表作品3年2017
代表作品3舞台髑髏城の七人Season月』
職種タレント俳優女優
好きなスポーツバスケット/サッカー
資格・免許スポーツ空手2段
趣味・特技バスケット/サッカー/空手

» タレントデータバンクはこちら

木村了

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/18 14:17 UTC 版)

木村 了(きむら りょう、1988年9月23日 - )は、日本俳優である。




注釈

  1. ^ フジテレビ系数局で順次放送。
  2. ^ 映画『キャッチ ア ウェーブ』とのコラボレーション。
  3. ^ 大杉漣とダブル主演。

出典

  1. ^ “奥菜恵が木村了と結婚「家族4人で明るい家庭を築いていけたら」”. ORICON STYLE (株式会社oricon ME). (2016年3月13日). http://www.oricon.co.jp/news/2068416/full/ 2016年3月13日閲覧。 
  2. ^ “木村了:「麒麟がくる」で13年ぶり大河 信長の弟・織田信勝役「どのくらい印象を残せるのか…」”. MANTANWEB(まんたんウェブ) (株式会社MANTAN). (2020年3月15日). https://mantan-web.jp/article/20200314dog00m200039000c.html 2020年10月4日閲覧。 
  3. ^ “麒麟がくる:生唾ごっくんで恐怖表現 “信勝”木村了が信長との対峙語る「その目に宿っていたのは悲しみ」”. MANTANWEB(まんたんウェブ) (株式会社MANTAN). (2020年5月18日). https://mantan-web.jp/article/20200518dog00m200018000c.html 2020年10月4日閲覧。 
  4. ^ “竜星涼&木村了らも参加! 高畑充希はロングヘアをバッサリ 「メゾン・ド・ポリス」”. シネマカフェ (株式会社イード). (2018年11月26日). https://s.cinemacafe.net/article/2018/11/26/59202.html 2020年10月4日閲覧。 
  5. ^ “溝端淳平主演『仮面同窓会』追加キャスト決定 ヒロインに瀧本美織「私にとって初めての挑戦」」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年4月18日). https://www.oricon.co.jp/news/2133839/full/ 2019年4月18日閲覧。 
  6. ^ “『同期のサクラ』第5話ゲストに矢島健一&木村了 新田真剣佑と確執持つ父と兄役”. ORICON NEWS (オリコン株式会社). (2019年10月30日). https://www.oricon.co.jp/news/2147634/ 2019年11月15日閲覧。 
  7. ^ “二代目・尾上松也主演で『課長バカ一代』が実写ドラマ化! 木村了、永尾まりやや歌舞伎界の重鎮たちも登場”. SPICE(スパイス) (イープラス). (2019年11月11日). http://spice.eplus.jp/articles/261083/amp 2019年11月15日閲覧。 
  8. ^ “沢村一樹、劇場版で新仮面ライダー役「ブレイクできるかも」”. ORICON STYLE (オリコン). (2016年6月8日). http://www.oricon.co.jp/news/2073010/full/ 2016年6月8日閲覧。 
  9. ^ “映画「帝一の國」堂山圭吾役に木村了「僕はなった!海帝高校生徒会長に!」”. ステージナタリー (ナターシャ). (2017年1月6日). https://natalie.mu/stage/news/215933 2020年10月7日閲覧。 
  10. ^ “高良健吾、中島貞夫監督新作で極限の殺陣を披露! 共演は多部未華子&木村了”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2018年8月21日). https://eiga.com/news/20180821/1/ 2018年8月21日閲覧。 
  11. ^ “岡田准一主演「ザ・ファブル」に木村了、井之脇海、光石研ら出演、キャラ写真も公開”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2019年2月14日). https://natalie.mu/eiga/news/319913 2020年10月7日閲覧。 
  12. ^ “同居夫婦がオンライン喧嘩…木村了×佐津川愛美、きいた×唯月ふうかのリモートドラマ”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2020年6月1日). https://natalie.mu/eiga/news/381337 2020年10月4日閲覧。 
  13. ^ 「木村了×佐津川愛美 編」”. YouTube. 2020年10月4日閲覧。
  14. ^ 近代能楽集「綾の鼓」「弱法師」出演 木村了インタビュー”. 新国立劇場 (2008年8月20日). 2020年10月10日閲覧。
  15. ^ “木村了ら若手俳優がメインで贈る現代版「赤と黒」が開幕”. チケットぴあ (ぴあ株式会社). (2009年10月2日). https://md-news.pia.jp/pia/news.do?newsCd=200910020002 2020年10月10日閲覧。 
  16. ^ “ホリプロが“イケメン俳優集団”結成! 川村陽介、木村了ら浴衣姿で粋に登場”. ORICON STYLE (株式会社oricon ME). (2010年7月21日). https://www.oricon.co.jp/news/78350/ 2020年10月10日閲覧。 
  17. ^ 舞台『朱雀家の滅亡』出演、俳優・木村了インタビュー “変わりゆく姿もさらすのが仕事””. webDICE (2011年9月28日). 2020年10月10日閲覧。
  18. ^ “『青の祓魔師』が舞台化 木村了&戸谷公人が双子の兄弟役”. ORICON STYLE (株式会社oricon ME). (2012年3月2日). https://www.oricon.co.jp/news/2007865/ 2020年10月11日閲覧。 
  19. ^ “舞台「ライチ☆光クラブ」ゼラとタミヤは木村了&中尾明慶”. コミックナタリー (ナターシャ). (2012年7月20日). https://natalie.mu/comic/news/73262 2020年10月14日閲覧。 
  20. ^ “舞台「ライチ☆光クラブ」渋谷で再演、兎丸ファンクラブも”. コミックナタリー (ナターシャ). (2013年9月26日). https://natalie.mu/comic/news/100193 2020年10月14日閲覧。 
  21. ^ “初演から半世紀を経てなお迫りくる、別役実の衝撃作『象』上演”. チケットぴあ (ぴあ株式会社). (2013年6月26日). https://ticket-news.pia.jp/pia/news.do?newsCd=201306260004 2020年10月17日閲覧。 
  22. ^ “森田剛が放つ悪のエネルギーに圧倒!『鉈切り丸』大阪公演をレポート”. チケットぴあ (ぴあ株式会社). (2013年10月25日). https://ticket-news.pia.jp/pia/news.do?newsCd=201310220014 2020年10月17日閲覧。 
  23. ^ “古屋兎丸原作の舞台「帝一の國」に木村了、入江甚儀ら”. コミックナタリー (ナターシャ). (2014年2月4日). https://natalie.mu/comic/news/109199 2020年10月17日閲覧。 
  24. ^ “「帝一の國」の新作舞台、キャストは第1弾から続投!新1年生も登場”. コミックナタリー (ナターシャ). (2015年2月4日). https://natalie.mu/comic/news/137809 2020年10月17日閲覧。 
  25. ^ “舞台「帝一の國」本日開幕、観客と一緒にマイムマイム!最終章は来年3月上演”. コミックナタリー (ナターシャ). (2015年7月12日). https://natalie.mu/comic/news/153685 2020年10月17日閲覧。 
  26. ^ “舞台「帝一の國」最終章のキャスト発表!羽入慎之助役で原嶋元久が出演”. コミックナタリー (ナターシャ). (2015年12月4日). https://natalie.mu/comic/news/168084 2020年10月17日閲覧。 
  27. ^ “■「ラヴ・レターズ〜2014 24th Anniversary〜」”. シアターリーグ (moon-light). (2014年6月19日). http://www.moon-light.ne.jp/news/2014/06/love-letters2014.html 2020年10月17日閲覧。 
  28. ^ “川口春奈が『生きてるものはいないのか』で舞台初出演、前田司郎による不条理群像劇”. CINRA.NET (株式会社CINRA). (2014年9月13日). https://www.cinra.net/news/20140913-ikiterumonohainainoka 2020年10月17日閲覧。 
  29. ^ “劇団鹿殺し、菜月チョビ帰国後の復活公演は新作『ランドスライドワールド』”. CINRA.NET (株式会社CINRA). (2014年11月6日). https://www.cinra.net/news/20141106-shika564 2020年10月18日閲覧。 
  30. ^ “小出恵介「あらゆる高嶺の花に手を伸ばす」激動の時代を描く『虹とマーブル』開幕”. エンタステージ (株式会社ナノ・アソシエーション). (2015年8月23日). https://enterstage.jp/news/2015/08/003309.html?slideIndex=2 2020年10月18日閲覧。 
  31. ^ “ミュージカル「花より男子」に木村了、SKE48古畑奈和、玉置成実ら出演”. コミックナタリー (ナターシャ). (2015年9月18日). https://natalie.mu/comic/news/160450 2020年10月18日閲覧。 
  32. ^ “戦地に宛てた恋文をもとにした朗読舞台、イッセー尾形ら16人が参加”. ステージナタリー (ナターシャ). (2016年5月6日). https://natalie.mu/stage/news/185557 2020年10月18日閲覧。 
  33. ^ “浦島太郎がミュージカルに!木村了主演「TARO URASHIMA」脚本は池田鉄洋”. ステージナタリー (ナターシャ). (2016年5月1日). http://natalie.mu/stage/news/185708 2016年5月2日閲覧。 
  34. ^ “ピュリツアー賞受賞作「フリック」マキノノゾミ演出で日本初演、木村了ら出演”. ステージナタリー (ナターシャ). (2016年7月14日). http://natalie.mu/stage/news/194382 2016年7月14日閲覧。 
  35. ^ 宮崎秋人&木村了が表現するランナーの孤独と栄光、谷賢一「光より前に」幕開け”. ナターシャ. 2018年11月16日閲覧。
  36. ^ “ネルフェス2014 in 武道館 約8000人が大興奮 人気作品が次々登場”. アニメ!アニメ! (株式会社イード). (2014年11月13日). https://s.animeanime.jp/article/2014/11/13/20839.html?amp=paging 2020年10月17日閲覧。 
  37. ^ “舞台「ライチ☆光クラブ」配役発表、アニメも同キャスト”. コミックナタリー (ナターシャ). (2012年8月31日). https://natalie.mu/comic/news/75688 2020年10月14日閲覧。 


「木村了」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「木村了」の関連用語

木村了のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



木村了のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
タレントデータバンクタレントデータバンク
Copyright © 2020 Talent Databank Co.,ltd. All Rights Reserved.
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの木村了 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS