登坂淳一とは?

登坂淳一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/10 15:04 UTC 版)

登坂 淳一(とさか じゅんいち、1971年[3]6月10日[4] - )は、日本フリーアナウンサーYouTuberTikTokerホリプロ所属。元NHKアナウンサー[5][6]


注釈

  1. ^ 2018年4月から昼・夕方・夜のニュース番組のブランドを「プライムニュース」に統一するため[5]。登坂が担当する予定だったのは『みんなのニュース』後継に相当する時間帯。
  2. ^ 東京発の全国放送パートでも、17日午前3時過ぎからの全国の開票状況を報じる部分の中で、札幌局のスタジオから北海道の全12小選挙区と比例代表北海道ブロックの開票状況を伝えた。[要出典]
  3. ^ 東京発の全国放送パートでも、15日午前3時過ぎからの全国の開票状況を報じる部分の中で、大阪局のスタジオから近畿2府4県の全47小選挙区と比例代表近畿ブロックの開票状況を伝えた。[要出典]

出典

  1. ^ a b 登坂淳一(トサカ ジュンイチ) | ホリプロオフィシャルサイト”. ホリプロ. 2018年4月12日閲覧。
  2. ^ a b 日本タレント名鑑 登坂淳一”. VIPタイムズ社. 2021年5月9日閲覧。
  3. ^ a b c d e [みんなの質問箱]NHK昼のニュース担当の登坂淳一アナウンサーについてほか, 読売新聞東京夕刊2006.10.26, 17頁
  4. ^ a b BKアナウンサー 登坂淳一
  5. ^ a b c NHKの麿、登坂淳一アナ フジ「プライムニュース」メインキャスターに転身 - デイリースポーツ 2018年1月16日
  6. ^ a b “麿”登坂アナ、NHK退社しホリプロ入り…4月からフジ「プライムニュース」でキャスター - スポーツ報知 2018年1月16日
  7. ^ らん@BELIEVER [@chamogao1] (2018年7月23日). "貴重な写真キタ #麿 #有吉ゼミ" (ツイート). Twitterより2021年4月28日閲覧
  8. ^ 日本テレビ「有吉ゼミ」2018年7月23日放送分
  9. ^ a b c d e f g h i j k l 自分のWikipediaどうなってる?元NHKアナウンサー本人が正しく訂正してみた!【登坂淳一】”. YouTube. 登坂淳一の活字三昧 (2021年1月15日). 2021年1月25日閲覧。
  10. ^ “元NHK登坂アナが結婚!菅野美穂似の30代一般女性と”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2019年3月16日). https://www.sanspo.com/geino/news/20190316/mrg19031605020002-n1.html 2019年3月16日閲覧。 
  11. ^ “登坂淳一アナ、50歳目前でパパに 開設ブログのタイトル「恥ずかしいな笑」”. マイナビニュース (マイナビ). (2021年4月8日). https://news.mynavi.jp/article/20210408-1867295/ 2021年4月28日閲覧。 
  12. ^ 50才でパパになった登坂淳一さんが語る「不妊治療のプレッシャーと本音 」【後編】”. ママスタセレクト. 株式会社インタースペース (2021年4月8日). 2021年4月28日閲覧。
  13. ^ “登坂淳一アナがパパに 夫人が第1子出産 PCR検査受け出産立ち会う”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2021年4月28日). https://hochi.news/articles/20210428-OHT1T51029.html 2021年4月28日閲覧。 
  14. ^ 「ネットワークニュース北海道」2011年8月30日放送分
  15. ^ a b 連載(21)NHKの顔が北海道でも人気に/登坂淳一アナ northstyle 2010年5月18日
  16. ^ この3カ月間急に老け込んだ登坂アナ - 中央日報・2007年8月10日
  17. ^ NHK広報局 [@NHK_PR] (2011年3月16日). "まろ…" (ツイート). Twitterより2021年4月28日閲覧
  18. ^ NHK大阪放送局 [@nhk_osaka_JOBK] (2014年9月8日). "登坂麿アナがマッサンのHPでコーナー? ボイスマンでさえ、持ってへんのに、そんなあほなことがあるかいなぁ~ どれどれ・・・・ あっっっ! (@@; ほんまや・・・・ ⇒t.co/YZo4CAGGyr #マッサン" (ツイート). Twitterより2021年4月28日閲覧
  19. ^ NHKニュースの登坂アナ 札幌転勤でアイドル扱い J-CASTニュース 2010年3月24日
  20. ^ 北海道新聞 2010年3月13日
  21. ^ 癒やされる「マロ」の声って!? NHK、あのアナ復活 - zakzak 2011年3月17日閲覧
  22. ^ 白髪増えた麿さま NHK登坂アナ応援終了で札幌復帰 J-CASTニュース 2011年4月5日
  23. ^ NHK北海道 ドラマ「SMILE DAYS」 - PRODUCTION NOTE アーカイブ 2012年10月6日 - ウェイバックマシン 2012年6月28日閲覧
  24. ^ NHK北海道 ドラマ「SMILE DAYS」 - CAST アーカイブ 2012年10月5日 - ウェイバックマシン 2012年6月28日閲覧
  25. ^ NHK北海道 いっしょにつくろう未来[リンク切れ] - 2012年7月15日閲覧
  26. ^ NHK大阪放送局 [@nhk_osaka_JOBK] (2014年3月6日). "つぎは、「かんさい熱線」 金 午後7:30~ (再)月 午前11:05~ 4月から登坂淳一アナが担当。時には自ら現場に向かい、スタジオゲストに疑問をぶつけていく・・ 「闘うキャスター」" (ツイート). Twitterより2021年4月28日閲覧
  27. ^ NHK札幌「麿」こと登坂アナ、大阪局に 北海道ファン「札幌から去る…」と大ショック (J-CASTニュース) 2014年3月7日
  28. ^ a b わが心の大阪メロディー|2014/12/16(火)放送”. TVでた蔵. ワイヤーアクション. 2015年2月13日閲覧。
  29. ^ a b 「マッサン」ファンミーティング|2015/02/08(日)放送”. TVでた蔵. ワイヤーアクション. 2015年2月13日閲覧。
  30. ^ 登坂淳一アナが退職、フリーに フジのニュース番組司会内定? NHKの“麿””. 産経ニュース. 産経デジタル (2018年1月11日). 2021年4月28日閲覧。
  31. ^ 元NHK・登坂アナ、フジテレビ新ニュース番組の出演辞退 スポーツ報知 2018年1月26日発行、同日閲覧。
  32. ^ 登坂淳一アナ MXのスポーツ新番組でキャスター 稲村亜美とタッグ”. スポニチアネックス (2019年3月18日). 2019年3月18日閲覧。
  33. ^ 登坂淳一の活字三昧 - YouTubeチャンネル
  34. ^ 元NHKアナウンサーYouTube始めます【登坂淳一の活字三昧】 - YouTube
  35. ^ 登坂淳一「期待しないで!」大相撲実況に初挑戦で視聴者騒然「声は一流だけど…」「麿さま大丈夫?」不安の声 【ABEMA TIMES】” (日本語). ABEMA TIMES(2021年5月14日). 2021年5月15日閲覧。
  36. ^ 元NHK登坂淳一アナ相撲実況初挑戦 知識不足も熟練技術で乗りきった - 大相撲 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com(2021年5月14日). 2021年5月15日閲覧。
  37. ^ 「すごいレベルアップ」登坂淳一アナ、2度目の大相撲実況で進化 視聴者「成長がいちじるしい」 【ABEMA TIMES】” (日本語). ABEMA TIMES(2021年5月18日). 2021年5月17日閲覧。
  38. ^ 「私は全く噛まない」登坂淳一アナ、“若隆景”の発音に自信 視聴者「さすがプロ」 【ABEMA TIMES】” (日本語). ABEMA TIMES(2021年7月8日). 2021年7月10日閲覧。
  39. ^ “登坂淳一『必殺仕事人』で時代劇初挑戦 オファーに「冗談かと」”. マイナビニュース (マイナビ). (2020年6月25日). https://news.mynavi.jp/article/20200625-1065707/ 2020年6月25日閲覧。 


「登坂淳一」の続きの解説一覧




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「登坂淳一」の関連用語

登坂淳一のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



登坂淳一のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの登坂淳一 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS