U.M.U_AWARDとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > U.M.U_AWARDの意味・解説 

U.M.U AWARD

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/10 02:17 UTC 版)

U.M.U AWARD(ユーエムユーアワード)は、2010年(平成22年)より年末に行われている、日本各地のご当地アイドル日本一を決定する大会である[1]。「U.M.U」とはUnder Major Unitidolの略。




  1. ^ U.M.U AWARD 2013、水戸ご当地アイドル(仮)がグランプリ受賞”. Musicman-NET. F.B.Communications Inc. (2013年12月16日). 2017年10月9日閲覧。
  2. ^ ご当地アイドルNo.1に新潟県産ねぎ大好きのNegicco”. ORICON STYLE. 株式会社 オリコン (2010年12月27日). 2010年12月27日閲覧。
  3. ^ 「U.M.U AWARD 2010」ラスト枠予選会 JUMP UP!!〜IDOLプロアマバトルロイヤル〜”. スクランブルエッグon the Web. 株式会社スクランブルエッグ (2011年1月27日). 2016年7月6日閲覧。
  4. ^ 「U.M.U AWARD 2010」決勝大会〜全国アイドルお取り寄せ展〜”. スクランブルエッグon the Web. 株式会社スクランブルエッグ (2011年2月16日). 2016年7月6日閲覧。
  5. ^ 2011年ご当地アイドルNo.1に広島発「まなみのりさ」 Perfumeの後輩3人組”. ORICON STYLE. 株式会社 オリコン (2011年12月27日). 2013年1月20日閲覧。
  6. ^ ご当地アイドルNo.1は道産子アイドル「フルーティー」 - U.M.UAWARD2012”. ORICON STYLE. 株式会社 オリコン (2012年12月26日). 2013年1月20日閲覧。
  7. ^ U.M.U(=ご当地アイドル)たちが大集合!5月3日(木・祝)ラジオ第1で公開ナマ放送『U.M.U ご当地アイドルフェスティバル ジモラブNo.1決定戦』”. NHK-FMブログ (2012年5月1日). 2013年1月20日閲覧。
  8. ^ ご当地アイドルNo.1は茨城・水戸ご当地アイドル(仮)【U.M.U AWARD 2013】”. ORICON STYLE. 株式会社 オリコン (2013年12月13日). 2013年12月13日閲覧。
  9. ^ 乙女の純情、“4度目の正直”ご当地アイドルの頂点に「あきらめなくて良かった」”. ORICON STYLE. 株式会社 オリコン (2014年12月30日). 2014年12月30日閲覧。
  10. ^ U.M.U AWARD 2016”. mate. 株式会社UXF (2016年6月1日). 2016年7月6日閲覧。
  11. ^ ご当地アイドル日本一は福島「アイくるガールズ」 3度目の正直で栄冠”. ORICON STYLE. 株式会社 オリコン (2016年11月28日). 2016年11月28日閲覧。
  12. ^ 「ご当地アイドル No.1」は沖縄のRYUKYUIDOL”. ORICON STYLE. 株式会社 オリコン (2017年11月28日). 2017年11月28日閲覧。
  13. ^ 鹿児島出身アイドル・S☆UTHERN CROSS、今年のご当地アイドル日本一に決定!【ご当地アイドルNO.1決定戦U.M.U アワード2018】”. 株式会社THE CROSS. ACTRES PRESS (2018年11月27日). 2018年11月27日閲覧。





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「U.M.U_AWARD」の関連用語

U.M.U_AWARDのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



U.M.U_AWARDのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのU.M.U AWARD (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS