ホリプロコムとは?

ホリプロコム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/05 02:15 UTC 版)

株式会社ホリプロコムHoriPro com)は、東京都目黒区下目黒にある芸能プロダクション




  1. ^ a b 株式会社ホリプロコム 第26期決算公告
  2. ^ これに該当するのは坂道コロンブス、号泣、江戸むらさき、ビーム、ダブルブッキング、プロペラZ、魚でFの7組と2011年以前にデビューしたお笑いジェンヌである。
  3. ^ この枠に入るのはホリプロ本社残留組とX-GUN、バナナマン、スピードワゴンの旧M2カンパニー組、島田秀平、ホリ、江戸むらさき、ザ・たっち、磁石、ななめ45°、ダブルブッキング、クワバタオハラ、たんぽぽである。
  4. ^ 磯山の芸人休業により2018年4月より活動休止、野村が一人で活動中。
  5. ^ ホリプロコムものまね軍団 (@manetube_24) - Twitter
  6. ^ 現在は落語家の三遊亭とむとして活動。
  7. ^ a b c 現在はいずれもノーリーズンに所属。
  8. ^ 松本は解散後は落語家の春風亭昇也として活動。
  9. ^ サンミュージックプロダクションへ移籍。
  10. ^ a b いずれもよしもとクリエイティブ・エージェンシーへ移籍。
  11. ^ ソニー・ミュージックアーティスツへ移籍、2020年1月解散。
  12. ^ 2011年解散後、2016年に再結成しフリーで活動後、東村プロダクションに移籍し、ワチュワナドゥに改名。
  13. ^ 自ら、(株)あっぷるファクトリーエンターテイメントを設立して活動。
  14. ^ 橋本(現・昆布ちゃん)はサンミュージックプロダクションへ移籍した後、フリーに。
  15. ^ 斉藤とそんぐば〜どの鈴木は、それぞれのコンビの解散後「ペコ」というコンビを組んでいた。また悉知はプライムに移籍の上元ブリッジマウンテンの橋本和樹と共に「ドロップバギー」というコンビを組んでいる。
  16. ^ 2016年解散後、2018年に「新オレンジサンセット」として再結成しフリーで活動。
  17. ^ みほはPRESENCEに移籍。
  18. ^ 2018年12月限りで解散。
  19. ^ 2020年1月31日限りで解散。
  20. ^ 2018年12月限りで解散。
  21. ^ ライジング・アップに移籍。
  22. ^ 2017年9月で解散。
  23. ^ 2019年12月限りで解散。
  24. ^ 2019年8月31日限りで解散。
  25. ^ 2019年11月限りで解散。
  26. ^ 2018年11月限りで解散。
  27. ^ 2019年9月限りで解散。
  28. ^ 2018年4月解散。
  29. ^ 2018年7月解散。
  30. ^ 2015年5月までは「ロシアン生まれ」のコンビ名で大阪吉本に所属していた(5upよしもと在籍時のプロフィールページ)。2018年10月解散。
  31. ^ 2019年4月解散。
  32. ^ 2019年4月退所。
  33. ^ 2016年10月解散。
  34. ^ 2019年8月解散。
  35. ^ 2016年10月解散。
  36. ^ 2019年9月解散。
  37. ^ 2017年1月解散。
  38. ^ 2017年12月解散。
  39. ^ 2019年4月解散。おおのはHARUKAZEとのコンビ「ネバーギブアップ」を結成し、2020年にライジング・アップに移籍。
  40. ^ 2020年3月解散。


「ホリプロコム」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ホリプロコム」の関連用語

ホリプロコムのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ホリプロコムのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのホリプロコム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS