完全子会社とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ビジネス > 経営 > 子会社 > 完全子会社の意味・解説 

かんぜん‐こがいしゃ〔クワンゼンこグワイシヤ〕【完全子会社】

読み方:かんぜんこがいしゃ

発行済株式総数他の会社保有されている会社をいう。→完全親会社


完全子会社

読み方かんぜんこがいしゃ

完全子会社とは、ある株式会社において、その発行済株式総数のすべてを他の株式会社所有されている場合である。

有限会社相互会社あるいは個人等に所有される場合は完全子会社とはいわないまた、所有する側の株式会社は必ず1社であると決められている。


子会社

(完全子会社 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/11 06:47 UTC 版)

子会社(こがいしゃ、英:subsidiary)とは、財務及び営業又は事業の方針を決定する機関株主総会その他)を他の会社親会社)によって支配されている会社である。ただし、「親会社」や「子会社」の定義は国により異なり、制定法上の定義の目的についても必ずしも親会社の株主保護や子会社の少数株主・債権者保護という目的で定義づけが図られているわけではない[1]


  1. ^ a b c d e f g 企業結合法制に関する調査研究報告書 法務省
  2. ^ 住友電装・協立ハイパーツ事件(宮城県労委 平19.6.12命令)-労働判例・通巻 940・発行年月日2007年10月1日


「子会社」の続きの解説一覧

完全子会社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/04 00:19 UTC 版)

global bridge HOLDINGS」の記事における「完全子会社」の解説

AIAI CHILD CARE株式会社 - 「あい・あい保育園」、「にじ」の運営。 AIAI LIFE CARE株式会社 - 「AIAI HOUSE」の運営株式会社social solutions - 保育業務支援システム「チャイルドケアシステム」などの開発株式会社東京ライフケア東京都台東区にて認可保育園運営

※この「完全子会社」の解説は、「global bridge HOLDINGS」の解説の一部です。
「完全子会社」を含む「global bridge HOLDINGS」の記事については、「global bridge HOLDINGS」の概要を参照ください。


完全子会社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/24 07:33 UTC 版)

ケイミュー」の記事における「完全子会社」の解説

ケイミュービューセラ株式会社(旧・クボタビューセラ株式会社) - 岐阜県加茂郡所在する焼成着色珪砂(カラーサンド)製造・販売の子会社 ケイミューホームテック株式会社 - 東京都中央区所在する住宅外装施工太陽光発電システム事業住宅建材スクール事業の子会社2011年7月ケイミュー東京外装株式会社旧・東京ナショナル外装株式会社)とケイミュー住建株式会社統合

※この「完全子会社」の解説は、「ケイミュー」の解説の一部です。
「完全子会社」を含む「ケイミュー」の記事については、「ケイミュー」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「完全子会社」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「完全子会社」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



完全子会社と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

完全子会社のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



完全子会社のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
株式会社シクミカ株式会社シクミカ
Copyright (C) 2022 株式会社シクミカ. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの子会社 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのglobal bridge HOLDINGS (改訂履歴)、ケイミュー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS