社内カンパニーとは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > 社内カンパニーの意味・解説 

社内カンパニー

読み方しゃないカンパニー
別名:社内分社

社内カンパニーとは、会社における事業部門に(一個独立した企業のように)権限責任与える「カンパニー制組織」における、独立した権限責任をもつ部門のことである。単にカンパニーとも呼ばれる

カンパニー制組織における社内カンパニーには大きな権限与えられる。その分野集中して迅速に意思決定資源配分を行うことができるようになる。社内カンパニーごとに独立採算求められる


参照リンク
「事業本部制」から「カンパニー制」へ - (Sony History

社内カンパニー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/01 05:14 UTC 版)

社内カンパニー(しゃないカンパニー)とは、企業内において一つの会社のように位置付けて運営される独立採算制の事業部門である。その制度は社内カンパニー制社内分社制度とも言われ、持株会社のような経営管理を内部組織のままで行うための仕組み[1]である。形式的には事業部制(事業カテゴリー制度)に類似しているが、その目的は機能子会社に近く[1]、更に大きな権限委譲が行われる。


  1. ^ a b 武藤, 泰明持株会社経営の実際日本経済新聞出版社、2007年10月1日、日経文庫(日本語)。ISBN 978-4-532-11159-5
  2. ^ 2009年4月に東京放送は純粋持株会社化し商号を東京放送ホールディングスに変更した。
  3. ^ VVCによる開発強化” (日本語). トヨタ自動車. 2013年12月20日閲覧。


「社内カンパニー」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「社内カンパニー」の関連用語

社内カンパニーのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



社内カンパニーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2020 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ社内カンパニーの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの社内カンパニー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS