持株会社とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > 会社 > 持株会社の意味・解説 

もちかぶ‐がいしゃ〔‐グワイシヤ〕【持(ち)株会社】


持株会社

読み方もちかぶがいしゃ

他の会社株式を持つことによって
他社支配することを目的にした会社

企業集団形成したときの一番上に来る会社のことである。
簡単に言えば親会社


持株会社

別名:ホールディングカンパニー
【英】holding company

株式所有することにより傘下企業事業活動支配しグループ全体の戦略経営計画立案などにたずさわる会社のことを指す。業態業種異にする事業会社束ねるために活用する、あるいはM&A等において旧事業会社ブランド維持旧事業会社競争力維持のための事業統合の形として持株会社を設立し経営統合させる場合もある。
・他の企業支配主たる目的とし、特に生産活動などの事業行わないものは純粋持株会社呼び、かつての財閥本社はその典型だった。
独占禁止法改正したことによって、平成10年12月より持株会社が許可されるようになった


持株会社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/10/01 01:44 UTC 版)

持株会社(もちかぶがいしゃ)とは、他の株式会社を支配する目的で、その会社の株式を保有する会社を指す。ホールディングカンパニー英語: holding company[注 1]とも呼ぶ。他の株式会社の株式を多数保有することによって、その会社の事業活動の指針を決めることを事業としている会社であるとされる[1]


注釈

  1. ^ 「ホールディング」とは保持、保有を意味する。
  2. ^ JFEホールディングスを"JFE HD"と略す例: [7]
  3. ^ 明治ホールディングスENEOSホールディングスなど。
  4. ^ エディオンKADOKAWAマルハニチロなど。
  5. ^ データ通信事業をエヌ・ティ・ティ・データ通信株式会社(現:NTTデータグループ)、自動車電話・携帯電話・ポケットベル等の事業をエヌ・ティ・ティ移動通信網株式会社(現:株式会社NTTドコモ)、県内通信事業を完全子会社の東日本電信電話株式会社及び西日本電信電話株式会社、県間通信事業等を完全子会社のエヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社に、それぞれ譲渡。
  6. ^ ウオッチ事業をセイコーウオッチ株式会社[12]に譲渡。
  7. ^ グループ経営管理事業を除く一切の事業を日本テレビ放送網株式会社に譲渡。
  8. ^ テレビ事業はTBSテレビへ、ラジオ事業はTBSラジオ&コミュニケーションズへ移管。
  9. ^ テレビ放送事業を株式会社フジテレビジョンへ譲渡。
  10. ^ イオンリテール光洋マックスバリュ長野等の地域法人・イオントップバリュなどの専門企業・コックス等の専門店担当会社へ移管。

出典

  1. ^ a b 發知敏雄、大谷隼夫、箱田順哉『持株会社の実務第7版』東洋経済新報社、2015年、2頁。 
  2. ^ 証券用語解説集 持株会社(もちかぶがいしゃ) 野村證券、2022年11月4日閲覧。
  3. ^ 伊藤靖史他『会社法』有斐閣、2009年、368頁
  4. ^ 持株会社化の論点(1) 企業価値評価・算定のプルータス・コンサルティング公式サイト
  5. ^ ホールディングス【holdings】の意味 goo国語辞書、2019年10月1日閲覧。
  6. ^ セブン&アイ・ホールディングスHP左上に「HLDGS」の表記”. セブン&アイ・ホールディングス. 2020年5月31日閲覧。
  7. ^ [JFE HD]システム基盤のセキュリティも高め、技術情報を守る”. 株式会社日経BP. 2019年10月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年9月29日閲覧。
  8. ^ グループ の意味 goo辞書、2019年10月1日閲覧。
  9. ^ ほん‐しゃ【本社】の意味 goo辞書、2019年9月29日閲覧。
  10. ^ a b 持株会社化 大和総研
  11. ^ a b c d e f 發知敏雄、大谷隼夫、箱田順哉『持株会社の実務第7版』東洋経済新報社、2015年、151-152頁。 
  12. ^ セイコーウオッチ株式会社



持株会社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/06 22:54 UTC 版)

ルフトハンザドイツ航空」の記事における「持株会社」の解説

エアロ・ロジック英語版)- ドイツ貨物航空会社DHLとの合弁企業ルクスエア - ルクセンブルク航空会社株式の14.44%を保有している。 サンエクスプレス - トルコアンタルヤ本社を置く航空会社株式50%を保有

※この「持株会社」の解説は、「ルフトハンザドイツ航空」の解説の一部です。
「持株会社」を含む「ルフトハンザドイツ航空」の記事については、「ルフトハンザドイツ航空」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「持株会社」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「持株会社」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



持株会社と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「持株会社」の関連用語

持株会社のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



持株会社のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
株式会社ストライク株式会社ストライク
Copyright Strike Co., Ltd. All rights reserved.
株式会社シクミカ株式会社シクミカ
Copyright (C) 2024 株式会社シクミカ. All Rights Reserved.
人事コンサルティングのアクティブ アンド カンパニー人事コンサルティングのアクティブ アンド カンパニー
Copyright© 2024 Active and Company Ltd. All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの持株会社 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのルフトハンザドイツ航空 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS