持株会社とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > 会社 > 持株会社の意味・解説 

もち かぶがいしゃ -ぐわい- [5] 【持(ち)株会社】


持株会社

【英】:Holding Company

読み方】:モチカブガイシャ

他の会社株式所有することによって事業支配管理する目的設立された会社

他の会社支配管理のほかに持株会社自体事業を行っているかどうか事業持株会社純粋持株会社とに分類される。ホールディングカンパニーともいう。

持株会社

読み方もちかぶがいしゃ

他の会社株式を持つことによって
他社支配することを目的にした会社

企業集団形成したときの一番上に来る会社のことである。
簡単に言えば親会社


持株会社

別名:ホールディングカンパニー
【英】holding company

株式所有することにより傘下企業事業活動支配し、グループ全体戦略経営計画立案などにたずさわる会社のことを指す。業態業種異にする事業会社束ねるために活用する、あるいはM&A等において旧事会社ブランド維持旧事会社競争力維持のための事業統合の形として持株会社を設立し、経営統合させる場合もある。
・他の企業支配主たる目的とし、特に生産活動などの事業を行わないものは純粋持株会社呼び、かつての財閥本社はその典型だった。
独占禁止法改正したことによって、平成10年12月より持株会社が許可されるようになった


持株会社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/01/06 07:15 UTC 版)

持株会社(もちかぶがいしゃ)とは、他の株式会社を支配する目的で、その会社の株式を保有する会社を指す。ホールディングカンパニー(Holding=保持、保有)とも呼ぶ。




[ヘルプ]
  1. ^ 伊藤靖史他『会社法』有斐閣、2009年、368頁
  2. ^ マルハニチロホールディングス、セガサミーホールディングスなど。
  3. ^ 伊豆急ホールディングスで実施。「東急グループ企業 採用ページ」より
  4. ^ 明治ホールディングスJXホールディングスなど
  5. ^ エディオンKADOKAWAマルハニチロなど
  6. ^ 事業は東日本電信電話西日本電信電話NTTコミュニケーションズNTTドコモなどへ移管。
  7. ^ テレビ事業はTBSテレビへ、ラジオ事業はTBSラジオ&コミュニケーションズへ移管。
  8. ^ イオンリテール光洋マックスバリュ長野等の地域法人・イオントップバリュなどの専門企業・コックス等の専門店担当会社へ移管。
  9. ^ サントリーホールディングス子会社のダイナックサントリー食品インターナショナルのような例外はある。
  10. ^ 日本ビクターケンウッド、J&Kカーエレクトロニクス。







持株会社と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

持株会社に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「持株会社」の関連用語

持株会社のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

香椿

婚約

立体交差

武甲山伏流水

動物注意

マレーアンタエウス

日野リエッセ

蘭嶼豚





持株会社のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
株式会社ストライク株式会社ストライク
Copyright Strike Co., Ltd. All rights reserved.
株式会社シクミカ株式会社シクミカ
Copyright (C) 2018 株式会社シクミカ. All Rights Reserved.
人事コンサルティングのアクティブ アンド カンパニー人事コンサルティングのアクティブ アンド カンパニー
Copyright© 2018 Active and Company Ltd. All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの持株会社 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS