合弁企業とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 合弁企業の意味・解説 

合弁事業

(合弁企業 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/20 06:25 UTC 版)

合弁事業(ごうべんじぎょう、英語: Joint Venture)は、複数の異なる組織(国家企業)が共同で事業を興すこと、およびその事業を指す。


  1. ^ a b c d e インド事業拠点設立に際しての留意点 第2回 現地法人設立及びM&A”. 三菱東京UFJ銀行国際業務部. 2018年9月14日閲覧。
  2. ^ “NECの歩み ひと目でわかるNEC” (プレスリリース), 日本電気株式会社, (2016年3月20日), https://jpn.nec.com/profile/corp/history.html 2016年3月20日閲覧。 
  3. ^ “ソニー、ソニー・エリクソンの100%子会社化を完了” (プレスリリース), ソニー株式会社, (2012年2月16日), http://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/201202/12-025/index.html 2012年9月29日閲覧。 
  4. ^ WILLER EXPRESSでは、新制度に先立ち主な運行委託事業者であった6事業者との合弁出資でWILLER EXPRESS東北(南部バス)及び北信越(アリーナ)・ニュープリンス高速バス(ニュープリンス観光)・ベイラインエクスプレス(中日臨海バス)・大阪さやま交通(さやま交通)・日本高速バス(日本観光)の計6社が設立された。WILLER GROUP以外では、武元重機と日本案内通信による合弁出資会社サンシャインエクスプレスなどがある。


「合弁事業」の続きの解説一覧

合弁企業

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/23 08:05 UTC 版)

広州汽車集団」の記事における「合弁企業」の解説

広汽ホンダ広汽本田汽車有限公司) - プジョー撤退後1998年7月日本の本田技研工業合弁会社設立同年10月からアコード(雅閣)のテスト生産開始2007年、 広汽ホンダ出資により広州本田汽車研究開発有限公司 (GHRD) を設立テストコースなど研究開発施設設置広汽トヨタ - 2004年9月トヨタ自動車との合弁で『広州トヨタ自動車有限会社』(Guangzhou Toyota Motor Co., Ltd)を設立広東省広州市において、2006年から合弁工場生産開始。 広汽日野(広汽日野自動車有限会社GAC HINO MOTORS CO.,LTD.) - 2007年11月日野自動車との合弁設立広東省広州市において、2009年から700シリーズ(日本名プロフィア)の生産・販売開始。 広汽フィアット・クライスラー(広汽菲亜特克莱斯勒汽車有限公司GAC Fiat Chrysler Automobiles Co., Ltd.) - 2010年3月イタリアフィアットとの合弁で広汽フィアット設立湖南省長沙市において生産開始2014年フィアットクライスラー合併後は広汽フィアット・クライスラーへ改称表記上で広汽FCAと略称されることもある。 広汽三菱(広汽三菱汽車有限公司) - 日本の三菱自動車三菱商事との合弁企業。2010年10月三菱自動車技術提供していた広汽長豊汽車広州汽車集団出資率を引き上げて買収2012年5月湖南省長沙市生産開始。祺智・祺智EVなど電気自動車生産と販売行っている

※この「合弁企業」の解説は、「広州汽車集団」の解説の一部です。
「合弁企業」を含む「広州汽車集団」の記事については、「広州汽車集団」の概要を参照ください。


合弁企業

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/15 07:32 UTC 版)

ウォルト・ディズニー・カンパニー」の記事における「合弁企業」の解説

外部運営する合弁企業では、ナショナル ジオグラフィック協会とのナショナル ジオグラフィック・パートナーズハースト・コーポレーションとのA+Eネットワークスなどがある。

※この「合弁企業」の解説は、「ウォルト・ディズニー・カンパニー」の解説の一部です。
「合弁企業」を含む「ウォルト・ディズニー・カンパニー」の記事については、「ウォルト・ディズニー・カンパニー」の概要を参照ください。


合弁企業

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/28 19:30 UTC 版)

東風汽車集団」の記事における「合弁企業」の解説

神龍汽車 - フランスPSA・プジョーシトロエンとの合弁鄭州日産汽車 - 日産自動車との合弁東風汽車有限公司 - 日産自動車との合弁東風本田汽車 - 本田技研工業との合弁東風悦達起亜汽車 - 起亜自動車との合弁東風裕隆汽車 - 裕隆汽車との合弁2011年第3四半期より、ラクスジェン(納智捷)ブランドSUV生産開始東風汽車 - ルノー诺)との合弁2013年12月設立2016年よりカジャーコレオス生産開始した東風商用車 - ABボルボとの合弁東沃汽車合弁解消済) - ボルボグループ(沃尔沃集团)UDトラックスとの合弁だった。現在は当社の完全子会社となり東風能迪汽車改称

※この「合弁企業」の解説は、「東風汽車集団」の解説の一部です。
「合弁企業」を含む「東風汽車集団」の記事については、「東風汽車集団」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「合弁企業」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「合弁企業」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「合弁企業」の関連用語

合弁企業のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



合弁企業のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2023 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの合弁事業 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの広州汽車集団 (改訂履歴)、ウォルト・ディズニー・カンパニー (改訂履歴)、東風汽車集団 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS