ツアーバスとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > ツアーバスの意味・解説 

ツアーバス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/04 13:48 UTC 版)

ツアーバスとは、日本において旅行代理店貸切バスを借り上げて人員の輸送を行う募集型企画旅行商品、又はその目的で用いられる貸切バスをいう。


注釈

  1. ^ 道路運送法第21条では、一般貸切旅客自動車運送事業者が乗合旅客の運送を行えるのは災害時など特別な場合に限られることを定めている。
  2. ^ 旅行業法第12条の6では、旅行代理店の営業所外での取引行為を行う者に所定の外務員証の携行及び、取引時の掲示を義務づけている。外務員証については全国旅行業協会では正会員向けに統一外務員証を作成し[1]、日本旅行業協会では外務員証の用紙(ひな形)を頒布している[2]が、国土交通省令で定める様式であれば必ずしもこれらを用いる必要はない。
  3. ^ 「企画旅行」の体裁を満たすため、使い捨ておしぼり歯ブラシなどの小物が配布される場合がある。
  4. ^ 一例として、楽天トラベルでは高速ツアーバスと高速路線バスを総合して「高速バス予約」として紹介しているほか、日経トレンディでも2011年9月号掲載記事「出張も旅行も“安くて贅沢”が常識!? 「超豪華高速バス」の正体を探る!」で、弘南バスの「津軽号」(高速路線バス)と共に海部観光イルカ交通のツアーバスも含めて「(広義の)高速バス」として扱う事例などが見られる。
  5. ^ 高速道路の通行料金区分は、高速バスは乗合バス(路線バス)のため大型車、ツアーバスは募集型企画旅行に属する貸切バスのため特大車の区分となる。
  6. ^ 主にツアーバス事業者に対して「ツアーバス(募集型企画旅行)」であることを表示させていた。乗合バスについても「高速乗合バス(路線バス)」であることを表示していた事業者も多かったが、明記していない事業者もあった。
  7. ^ 実際には企画・催行していた旅行会社自ら乗合バス事業の許可を得てバスを保有し運行するのではなく、委託先の貸切バス事業者に乗合バス事業の許可を取得させるか(旅行会社のグループ会社の場合が多い)、合弁で運行を行う乗合バス事業者を設立した上で、企画・催行していた旅行会社は、委託先事業者が運行する路線バスとなった座席を引き続き販売し、乗車時の案内を行う形態に移行したケースがほとんどである。
  8. ^ 月刊『近鉄』(2017年現在、近畿日本鉄道の駅等で配布されている『近鉄ニュース』の前身)1967年1月号(第239号、近畿日本鉄道発行)、23頁によると、近畿日本鉄道が運行する大阪 - 鹿児島間は26時間を要し、名古屋近鉄バスが運行する名古屋 - 鹿児島間は所要時間の表記がないが、名神高速道路が開通していた当時の状況から、29時間程度を要していたとみられる。
  9. ^ 西鉄高速バス大分バスの「日豊海岸 くろしお号」、中国ジェイアールバス防長交通の「宇部・山口・広島 - 東京線」など。
  10. ^ 往復参加の場合に限りドリンク券を提供
  11. ^ 路線バスの場合、乗客がいなくても運行する義務があり、いわゆる「空気輸送」となってしまうこともある。
  12. ^ 実際の運行は道北観光バス・銀嶺バスが担当した。
  13. ^ 1953年に条文追加[11]。その後の道路運送法改正により、21条バスがこれに相当する。
  14. ^ 佐賀県武雄市が主導するハウステンボス・武雄「周遊ツアーバス」など
  15. ^ 山口県観光連盟が主導する「おいでませ山口号」など
  16. ^ サンデン交通は下関 - 東京間の「ふくふく東京号」運行終了後、オリオンツアーから下関 - 東京便の運行を受託。その後は多客期に自社運行ツアーバス「サンデンライナー」を催行した。また、南部バスはシリウス号の共同運行から撤退後、WILLER TRAVELとの提携により同線に充当していた車両を用いて八戸 - 東京便のツアーバスの運行を受託していた。
  17. ^ ただし、ツアーで利用する貸切バスは、当該事業者の営業所がツアーの集合場所又は解散場所のいずれかになければならない(営業区域制限)。
  18. ^ ツアー代金そのものは自由料金であるが、貸切バスの運賃は地方運輸局による公示運賃である(上限・下限の範囲内でのみ運賃設定の自由が認められている)。また、ツアー料金の変動についても旅行業公正取引協議会による自主管理ルール「募集型企画旅行の表示に関する公正競争規約」により管理されている。
  19. ^ 現金納付またはクレジットカード決済(窓口決済、ウェブサイト決済)、コンビニ端末決済の方法がある。
  20. ^ ツアーバスにおいて実際に「回数券」を販売したところ、資金決済法に抵触するとして観光庁より注意を受けた事例がある[42]
  21. ^ a b 予約・申し込み時のウェブサイト画面やEメール(ツアーバスの場合は予約完了画面・確認通知、高速バスの場合はWeb乗車票・電子メール乗車票)を携帯電話に表示させるか、自ら印刷して持参する。
  22. ^ 旅行業法に基づく措置で、書面の交付または電磁的方法による伝達措置[45]が求められている
  23. ^ 標準旅行業約款による
  24. ^ 一般乗合旅客自動車運送事業標準運送約款による
  25. ^ 日本旅行業協会のボンド保証保証会員の場合は、ボンド保証制度による弁済も行われる。
  26. ^ [1] 岩手県北バスウィンディ号終了に伴って代替の八盛号が発着地に新たに停車する例
  27. ^ [2]ももっちライナー営業終了時の案内(インターネットアーカイブ
  28. ^ オリオンツアーは自社系列のバス事業者「オー・ティー・ビー」を設立。日本ユース旅行及びロイヤルホリデーは主な運行委託先であるエポック観光が中心となり「ジャムジャムエクスプレス」、「ロイヤルバス」をそれぞれ立ち上げた。この他にも、日本案内通信は武元重機との合弁会社「サンシャインエクスプレス」を設立している。

出典

  1. ^ 全国旅行業協会. “カード型「全旅協統一外務員証」の作成について”. 2012年9月3日閲覧。
  2. ^ 日本旅行業協会. “申込書兼販売物リスト (PDF)”. 2012年9月6日閲覧。
  3. ^ a b 過労運転防止に係る緊急対策について (PDF)”. 2012年9月20日閲覧。
  4. ^ 国土交通省、観光庁 (2012年6月29日), “「高速バス表示ガイドライン」の策定” (プレスリリース), 国土交通省, http://www.mlit.go.jp/jidosha/jidosha_tk2_000009.html 2012年8月29日閲覧。 
  5. ^ 中央交通トラベルクラブ. “会社概要・沿革”. 2012年9月10日閲覧。
  6. ^ a b 西日本鉄道. “西鉄について・沿革・昭和31年~昭和40年”. 2012年9月11日閲覧。
  7. ^ 岩原スキー場. “岩原スキー場 81年の歴史”. 2012年9月10日閲覧。
  8. ^ a b 鈴木 1989, p. 183.
  9. ^ 鈴木 1989, p. 183-184.
  10. ^ a b c d e 鈴木 1989, p. 184.
  11. ^ 昭和28年法律第168号 道路運送法の一部を改正する法律
  12. ^ a b 制度変遷, p. 7.
  13. ^ a b c 制度変遷, p. 8.
  14. ^ “ユニバーサル・スタジオ・ジャパンへの直通バス「ベイドリームライナー」運行” (プレスリリース), 近畿日本ツーリスト, (2001年2月15日), オリジナル2007年3月14日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20070314085205/http://www.knt.co.jp/kouhou/news/01/01_05.htm 2013年5月3日閲覧。 
  15. ^ オリオンツアー公式サイトよくある質問Q&A(2009年11月7日のアーカイブ)のA8-1に記述あり
  16. ^ 沿革”. WILLER TRAVEL. 2013年5月3日閲覧。
  17. ^ a b 国土交通省自動車交通局旅客課新輸送サービス対策室長,旅客運送適正化推進室長 (2005年7月28日). “ツアーバスに関する当面の対応方針について (PDF)”. 2013年4月5日閲覧。
  18. ^ a b 国土交通委員会調査室 山越伸浩「高速ツアーバス問題について― 関越道高速ツアーバス事故と高速ツアーバスのあり方の見直し― (PDF) 」 、『立法と調査』(332)、参議院事務局企画調整室 pp. 73-90
  19. ^ “第180回国会衆議院国土交通委員会議録第7号”. (2012-5-18). http://www.shugiin.go.jp/index.nsf/html/index_kaigiroku.htm 2013年4月1日閲覧。 
  20. ^ “[新路線拡大]高速ツアーバスブランド『WILLER EXPRESS』7月1日より全国30路線74便運行開始。” (プレスリリース), WILLER TRAVEL, (2006年6月22日), http://www.willer.co.jp/news/press/detail.php?id=1 2012年9月6日閲覧。 
  21. ^ 「高速ツアーバス、安全対策強化へ 業界団体を設立」日本経済新聞 2008年10月2日
  22. ^ “株式会社ロータリーエアーサービスに対する「債権者破産申立て」について” (PDF) (プレスリリース), スカイマーク株式会社, (2013年3月14日), http://www.skymark.co.jp/ja/company/press/130314_press.pdf 2013年4月3日閲覧。 
  23. ^ 弘南バスは、ノクターン号など、元々からの高速路線バスも運行している。
  24. ^ 平戸 ロマン号 - 平戸観光バスです!、2011年3月8日
  25. ^ 山鹿・平山温泉と福岡を結ぶ会員制直行バス「よへほ号」 - くまの素
  26. ^ 全日本交通運輸産業労働組合協議会 新宿西口周辺ツアーバス実態調査
  27. ^ WILLER TRAVEL (2010年3月19日), “WILLER バスターミナル新宿西口」を4月5日から開設スマートチェックインを導入” (プレスリリース), http://travel.willer.co.jp/press/detail.php?id=54 2012年8月31日閲覧。 
  28. ^ WILLER TRAVEL (2011年3月5日), “高速ツアーバス「WILLER EXPRESS」が大阪にバスターミナルを4月5日に開設” (プレスリリース), http://travel.willer.co.jp/press/detail.php?id=83 2012年8月31日閲覧。 
  29. ^ WILLER TRAVEL (2012年7月25日), “浜松町バスターミナルに「WILLER INFORMATION」を開設” (プレスリリース), http://travel.willer.co.jp/press/detail.php?id=83 2012年8月31日閲覧。 
  30. ^ 国土交通省東北運輸局「高速バス・ツアーバスの利用実態調査の結果について」平成20年3月31日
  31. ^ ガソリン高が追い風 高速ツアーバス需要上昇 - 産経新聞2008年7月15日
  32. ^ 国土交通省自動車交通局旅客課新輸送サービス対策室. 貸切バスに関する安全等対策検討会 (Report). http://www.mlit.go.jp/jidosha/jidosha_tk1_000009.html 2013年4月5日閲覧。. 
  33. ^ 貸切バスに関する安全等対策検討会報告~貸切バスの安全の確保・質の向上に向けて~
  34. ^ 国土交通省自動車交通局安全政策課長,自動車交通局旅客課長 (2007年12月14日). “貸切バスにおける交代運転者の座席の確保等の安全確保の徹底 (PDF)”. 2013年4月5日閲覧。
  35. ^ 制度変遷, p. 10.
  36. ^ 国土交通省自動車交通局安全政策課 (2008年6月2日), “旅客自動車運送事業運輸規則等の一部を改正する省令の公布について” (プレスリリース), http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha03_hh_000007.html 2012年8月22日閲覧。 
  37. ^ “貸切バスの乗務距離に基づく交替運転者の配置指針を試行的に定めました!” (プレスリリース), 国土交通省自動車交通局, (2008年6月27日), http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha02_hh_000002.html 2012年5月6日閲覧。 
  38. ^ 「安さ売り物」と「設備豪華」 深夜高速バスも「二極化」進む J-CASTニュース、2008年12月17日
  39. ^ 週刊東洋経済 2010, p. 54-55.
  40. ^ JRバスグループ (2012年7月19日). “高速乗合バス(路線バス)と高速ツアーバスの違いについて”. 高速バス・夜行バスのJRバス
  41. ^ 発車オ〜ライネット高速バスネット楽バスなど
  42. ^ 注意書(平成23年6月6日付け観観産第97号の1) (PDF)株式会社ロータリーエアーサービス向け) - 国土交通省観光庁観光産業課
  43. ^ 回数券の発売例(伊予鉄バス「オレンジライナーえひめ号」)
  44. ^ 定期券の発売例(広島交通他「フラワーライナー」)
  45. ^ インターネットを利用した旅行取引に関するガイドライン (PDF)”. p. 36 (2008年1月). 2012年8月23日閲覧。
  46. ^ 両備グループ 代表メッセージ 規制緩和の功罪が分かる、中鉄バスと岡山電気軌道との共同運行秘話と提言より。
  47. ^ 小嶋光信、2012、『日本一のローカル線をつくる たま駅長に学ぶ公共交通再生』、学芸出版社
  48. ^ 制度変遷, p. 9.
  49. ^ 国土交通省自動車交通局旅客課新輸送サービス対策室長 (2006年6月30日). “ツアーバスに関する取扱いについて (PDF)”. 2013年4月5日閲覧。
  50. ^ 国土交通省総合政策局旅行振興課長 (2006-6-30) (PDF). 「ツアーバス」に関わる募集型企画旅行の適正化について (Report). 全国旅行業協会. http://www.anta.or.jp/law/pdf/tourbus_tekiseika_h180630.pdf 2013年4月1日閲覧。. 
  51. ^ 総務省 (2010-9-10) (PDF). 貸切バスの安全確保対策に関する行政評価・監視 結果報告書 (Report). http://www.soumu.go.jp/main_content/000080885.pdf 2013年4月6日閲覧。. 
  52. ^ 貸切バスの安全確保対策に関する行政評価・監視結果報告書・アンケート編 (PDF) - 総務省行政評価局2010年9月10日公表資料
  53. ^ “貸切バスの安全確保対策に関する行政評価・監視結果に基づく勧告” (プレスリリース), 総務省行政評価局, (2010年9月10日), http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/34390_1.html 2012年4月12日閲覧。 
  54. ^ 国土交通省自動車局旅客課. “バス事業のあり方検討会(旧)”. 2013年4月6日閲覧。
  55. ^ 国土交通省自動車局旅客課 (2012年4月2日), “「バス事業のあり方検討会」報告書の公表について” (プレスリリース), http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha03_hh_000116.html 2013年4月6日閲覧。 
  56. ^ 「バス事業のあり方検討会」最終報告について (PDF) - 国土交通省自動車局旅客課
  57. ^ 国土交通省自動車局安全政策課 (2012年4月29日), “「高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会」の設置について” (プレスリリース), http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha02_hh_000086.html 2012年8月23日閲覧。 
  58. ^ “高速ツアーバス等の過労運転防止のための交替運転者の配置基準等の策定について” (プレスリリース), 国土交通省自動車局, (2012年7月18日), http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha02_hh_000097.html 2012年8月18日閲覧。 
  59. ^ 高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会 (2013年4月2日). “「高速ツアーバス等の過労運転防止のための検討会」報告書 (PDF)”. 2013年4月6日閲覧。
  60. ^ a b 国土交通省自動車局安全政策課 (2012-7-18). 関越道における高速ツアーバス事故を受けた緊急重点監査の結果概要等について (Report). http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha02_hh_000099.html 2012年8月22日閲覧。. 
  61. ^ “高速ツアーバスに対する一斉点検の結果について” (プレスリリース), (2012年9月5日), http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha02_hh_000109.html 2012年9月19日閲覧。 
  62. ^ “高速ツアーバスを運行する貸切バス事業場に対する監督指導実施状況” (プレスリリース), 厚生労働省労働基準局監督課, (2012年7月18日), http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000002fisr.html 2013年4月1日閲覧。 
  63. ^ バス事業のあり方検討会 (2013-4-2) (PDF). 「バス事業のあり方検討会」報告書 (Report). http://www.mlit.go.jp/common/000993615.pdf 2013年4月6日閲覧。. 
  64. ^ 国土交通省自動車局 (2013年4月2日) ("PDF). 高速・貸切バスの安全・安心回復プラン (Report). http://www.mlit.go.jp/common/000993596.pdf 2013年4月1日閲覧。. 
  65. ^ バス新制度 走行距離制限、日帰りツアーにも影響静岡新聞社・静岡放送アットエス、2013年8月4日
  66. ^ “新高速乗合バスについて” (プレスリリース), 国土交通省自動車局, (2012年7月30日), http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha03_hh_000123.html 2012年8月18日閲覧。 
  67. ^ “高速バス、31日から新制度 ツアーバスも規制厳しく 国交省”. MSN産経ニュース (産経新聞). (2012年7月30日). http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120730/plc12073018460009-n1.htm 2012年8月18日閲覧。 
  68. ^ 高速バスの管理の受委託について (PDF) - 平成24年7月31日付け国土交通省自動車局通達(国自安第55号・国自旅第236号・国自整第78号)
  69. ^ 「新高速乗合バス」について(別紙資料) - 国土交通省自動車局2012年7月30日 (PDF)
  70. ^ “「高速ツアーバス等の高速乗合バスへの移行のための高速バス停留所調整ガイドライン」の策定について” (プレスリリース), 国土交通省自動車局旅客課, (2012年11月30日), http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha03_hh_000131.html 2013年4月1日閲覧。 
  71. ^ “第1回新宿駅周辺高速バス停留所調整協議会の開催について” ("PDF) (プレスリリース), 関東運輸局自動車交通部旅客第1課, (2013年2月27日), http://wwwtb.mlit.go.jp/kanto/press/date/1302/j1_p130227.pdf 2013年4月1日閲覧。 
  72. ^ “第1回東京駅八重洲口周辺高速バス停留所調整協議会の開催について” ("PDF) (プレスリリース), 関東運輸局自動車交通部旅客第1課, (2013年3月21日), http://wwwtb.mlit.go.jp/kanto/press/date/1303/j1_p130321.pdf 2013年4月1日閲覧。 
  73. ^ a b 高速ツアーバス連絡協議会 (2012年9月25日) (PDF). 高速ツアーバス連絡協議会 業態転換について (Report). 第2回 関東地方高速ツアーバス安全対策会議. 関東運輸局. pp. 45-49. http://wwwtb.mlit.go.jp/kanto/kikaku_kankou/tourbus/date/2/sidai.pdf 2013年4月1日閲覧。. 
  74. ^ “さわやか信州号2013の運行について” (プレスリリース), アルピコ交通, (2013年4月1日), http://sawayaka.alpico.co.jp/info/130301.php 2013年5月4日閲覧。 
  75. ^ 京王電鉄バス (2012年12月12日), “特別割引「年末2回回数券」を販売します!” (PDF) (プレスリリース), http://www.keio.co.jp/news/backnumber/news_release2012/nr121212_kofu.pdf 2013年4月7日閲覧。 
  76. ^ 7月31日夜からの新高速乗合バスの運行開始について(国土交通省、2013年7月30日)
  77. ^ 高速ツアーバス、7割撤退…8月から規制強化で(読売新聞、2013年7月31日)
  78. ^ 太田大臣会見要旨(国土交通省、2013年7月30日)






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ツアーバス」の関連用語

ツアーバスのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ツアーバスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのツアーバス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS