フリー乗降制とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > フリー乗降制の意味・解説 

フリー乗降制

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/05/31 02:59 UTC 版)

フリー乗降制(フリーじょうこうせい)とは、バス停留所以外でも路線上の任意の位置でバスに乗降できる制度。自由乗降制とも呼ばれており、対象区間をフリー乗降区間自由乗降区間と称する。また、フリー乗降制を行っているバスのことを「フリーバス」と呼ぶ事業者もある[1]




  1. ^ 北陸鉄道株式会社. “フリーバスについて”. 2015年12月15日閲覧。
  2. ^ 始発停留所を起点に21時以降最終まで実施。
  3. ^ 久米南口 - 南白橿間において9時30分から15時30分の間と20時以降最終まで実施。


「フリー乗降制」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「フリー乗降制」の関連用語

フリー乗降制のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



フリー乗降制のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのフリー乗降制 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS