相乗りとは? わかりやすく解説

相乗り

読み方:あいのり

(1)自動車などで、本来は同乗者でない者どうしが同じ便に乗り込むこと。
(2)地方自治体の首長選挙で、対立する複数政党が、同じ立候補者支持すること。

あい‐のり〔あひ‐〕【相乗り】

読み方:あいのり

[名](スル)

本来は別々に利用する人たちが、一つ乗り物同乗すること。「タクシーの—」

他で進めている事業加わること。また、共同で行うこと。「—広告

国政対立する与野党が、地方首長選挙などで同じ候補者を支持すること。

「相乗り」に似た言葉

相乗り

作者立花種久

収載図書不明の時間
出版社パロル舎
刊行年月2002.7


相乗り

作者エド・マクベイン

収載図書逃げ
出版社早川書房
刊行年月2002.10
シリーズ名ハヤカワ・ポケット・ミステリ


相乗り

作者勝目梓

収載図書赤い縄
出版社徳間書店
刊行年月2007.4
シリーズ名徳間文庫


相乗り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/13 06:07 UTC 版)

相乗り(あいのり、: Carpoolカープール)とは、一台の乗り物に複数人数が一緒に乗り合わせることをいう。通常は、近所の人など、他人同士が一台の乗り物に乗ることを指し、家族や同居人などが一台の乗り物に乗る場合や、路線バスなど、業として(運賃を徴収して)複数の人間を輸送する場合は含まない。また、相乗りといった場合、通常は自家用の四輪自動車に同乗することをイメージするが、東南アジアではバイク(特にスーパーカブ等の原動機付自転車)の相乗りも一般的に行われている。




「相乗り」の続きの解説一覧

相乗り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 18:27 UTC 版)

鵲橋 (探査機)」の記事における「相乗り」の解説

鵲橋打ち上げではハルビン工業大学開発した小型探査機2機が相乗りしていた。

※この「相乗り」の解説は、「鵲橋 (探査機)」の解説の一部です。
「相乗り」を含む「鵲橋 (探査機)」の記事については、「鵲橋 (探査機)」の概要を参照ください。


相乗り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/09 01:50 UTC 版)

はやぶさ2」の記事における「相乗り」の解説

JAXAでは打ち上げ相乗りする小型ペイロード公募し審査結果下記の3機が選定された。 PROCYON東京大学JAXA)高さ63 cm、幅55 cm奥行き55 cm重さ65 kg超小型探査機である。複雑な宇宙探査小型機どれだけ可能かを検証する超小型イオンエンジン「I-COUPS」を使って小惑星探査行い小惑星から数十kmという接近距離から高速でフライバイしながら撮影を行う計画であった。しかし、イオン・スラスター生じた問題が解決できず、目標としていた小惑星 2000 DP107(英語版) の接近観測フライバイ)を断念したことが報道された。 ARTSAT2-DESPATCH(多摩美術大学)各寸法50 cm重さ30 kg東京大学との共同開発太陽電池搭載せず、一次電池のみで電力供給する3Dプリンタ使い出力された、宇宙機そのものが「深宇宙芸術作品」であり、地球脱出軌道投入することで「深宇宙彫刻」となる。また搭載センサーから、独自開発されたアルゴリズム用いて宇宙空間で詩を生成しCWビーコンとして地球送信する。そして世界アマチュア無線家協力仰ぎ送信され微弱電波世界中でキャッチしSNSなど共有するテレメトリ共同受信協調ダイバシティ通信実験)を行うことを計画した2014年12月14日海外アマチュア無線家地球からの距離470 kmビーコン受信成功した2015年1月3日運用終了したしんえん2九州工業大学直径50 cm14面体形状をした重さ17 kg超小型宇宙機である。太陽楕円形周回して38 kmの距離でデータ通信実験を行う。2014年12月9日に、地球からの距離230 km電波受信成功したとの報告オランダからあった。

※この「相乗り」の解説は、「はやぶさ2」の解説の一部です。
「相乗り」を含む「はやぶさ2」の記事については、「はやぶさ2」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「相乗り」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

相乗り

出典:『Wiktionary』 (2021/08/21 01:07 UTC 版)

和語の漢字表記

あいのり

  1. あいのり 参照

「相乗り」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

相乗りのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



相乗りのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの相乗り (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの鵲橋 (探査機) (改訂履歴)、はやぶさ2 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの相乗り (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS