軽便鉄道とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 交通 > 鉄道 > 鉄道 > 軽便鉄道の意味・解説 

けいべん‐てつどう〔‐テツダウ〕【軽便鉄道】

読み方:けいべんてつどう

線路の幅が狭く機関車車両小型の小規模鉄道軽便

「夜の―の、小さな黄いろの電灯のならんだ車室に」〈賢治銀河鉄道の夜


軽便鉄道

作者志賀直哉

収載図書鉄道愛 日本篇
出版社晶文社
刊行年月2005.6


軽便鉄道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/06 05:30 UTC 版)

軽便鉄道(けいべんてつどう)とは、一般的な鉄道よりも規格が簡便で、安価に建設された鉄道である。


注釈

  1. ^ 最後まで残ったのは尾小屋鉄道

出典

  1. ^ 事業者や準拠する法規の違いなどから、国鉄線や軌道法に基づいた軌道線、一部路線のみが軽便鉄道に該当する鉄道会社の場合の該当する路線については、「軽便鉄道」ではなく「軽便線」などと呼び分ける場合もある。
  2. ^ ポール・ドコービル の可搬式軌道システムに由来し、陸軍鉄道連隊でも採用された。
  3. ^ 日本では1067mmや1435mm軌間の路線は社会通念上の「軽便鉄道」に含まれない場合が多い。
  4. ^ もっともこの釜石鉱山鉄道は、線路規格も京浜間や阪神間の官設鉄道と比較しても遜色が無く、導入した蒸気機関車も1872年の新橋 - 横浜間開業時に用意された機関車よりも牽引力が大きく動軸重も重いものであり、現在の日本における「軽便鉄道」の様相とは異なるものであった。
  5. ^ 南海電気鉄道の前身。路線は現在の南海本線の一部。
  6. ^ 国鉄との直通運転を前提とし、将来は国有化する方針であったため。
  7. ^ 国鉄線と接続しない独立路線であり、かつ創業者がドコービルのシステムに感銘を受けたのが、採用の理由であったという。
  8. ^ 原田勝正青木栄一『日本の鉄道』、三省堂、1973年、148頁
  9. ^ 安保彰夫『RM LIBRARY89 西大寺鉄道』株式会社ネコ・パブリッシング、2007年、ISBN 978-4-7770-5189-2、P11-12。
  10. ^ 軌間の1067mmへの変更および電化区間の非電化への変更を実施。
  11. ^ 軌間の1435mm化と架線電圧の直流750Vから直流1500Vへの昇圧を実施。


「軽便鉄道」の続きの解説一覧

軽便鉄道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/17 16:41 UTC 版)

スカイピアあだたら」の記事における「軽便鉄道」の解説

施設内に1周1,330m、軌間762mmの軽便鉄道路線敷設されており、1987年昭和62年)に製造され協三工業製の10tB形蒸気機関車「B621014」が4両の客車牽引するSL列車スカイピアあだたら号」が運行されていた。機関車燃料重油専燃である。機関車客車間に炭水車似た形の電源車連結している。電源車発電用ディーゼルエンジン搭載し客車電力供給する当路線には踏切4カ所トンネル(12m)1カ所実際は道路との立体交差)、鉄橋(24m)1カ所があった。 SL列車グリーンピア二本松開園と同時に「あだたら」号として運行開始していたが、グリーンピア二本松閉鎖に伴い、一旦運行停止されスカイピアあだたらとして再開した後に運行再開されていた。2008年平成20年)の二本松市議会3月定例会にてSL列車運行の廃止議決され同年3月までで廃止となった運行休止後は「高原駅隣接車庫保管されていた。 2010年平成22年7月より、「スカイピアあだたら号」が「高原駅ホーム展示されている。なお、先頭の客車のみが乗降可能である

※この「軽便鉄道」の解説は、「スカイピアあだたら」の解説の一部です。
「軽便鉄道」を含む「スカイピアあだたら」の記事については、「スカイピアあだたら」の概要を参照ください。


軽便鉄道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/08 07:36 UTC 版)

天空の城ラピュタ」の記事における「軽便鉄道」の解説

スラッグ渓谷を走る軽便鉄道(鉱山鉄道)。蒸気機関蒸気機関車内部にあり、機関車蒸気動車短くたようなフォルムである。貨車無蓋車)を3両連結している。

※この「軽便鉄道」の解説は、「天空の城ラピュタ」の解説の一部です。
「軽便鉄道」を含む「天空の城ラピュタ」の記事については、「天空の城ラピュタ」の概要を参照ください。


軽便鉄道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/15 09:24 UTC 版)

上市駅」の記事における「軽便鉄道」の解説

1913年大正2年6月25日 - 立山軽便鉄道の滑川駅 - 五百石駅間の開通と同時に当駅開業軌間762mm、動力蒸気1917年大正6年6月25日 - 立山軽便鉄道が立山鉄道社名変更1931年昭和6年3月20日 - 富山電気鉄道立山鉄道合併

※この「軽便鉄道」の解説は、「上市駅」の解説の一部です。
「軽便鉄道」を含む「上市駅」の記事については、「上市駅」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「軽便鉄道」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

軽便鉄道

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 13:57 UTC 版)

名詞

軽便 鉄道けいべんてつどう

  1. 軌間狭く小型機関車車両用いる鉄道

発音(?)

け↗ーべんて↘つどー

「軽便鉄道」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



軽便鉄道と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「軽便鉄道」の関連用語

軽便鉄道のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



軽便鉄道のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの軽便鉄道 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのスカイピアあだたら (改訂履歴)、天空の城ラピュタ (改訂履歴)、上市駅 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの軽便鉄道 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS