法規とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > > 法令 > 法規 > 法規の意味・解説 

ほう‐き〔ハフ‐〕【法規】

読み方:ほうき

法律規則。特に、その中で国民の権利義務にかかわるもの。「―に照らす」「交通―」


法規

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/25 01:34 UTC 版)

法規(ほうき)とは、広義においては法規範一般のことや一般的・抽象的法規範のことを指したり、単に法令と同義で使われることもあるが、狭義(又は本来的な意味)では、国民権利を制限し又は国民に義務を課す内容の法規範のことをいう。


  1. ^ 建築法規』 - コトバンク
  2. ^ 土木法規 - 国立国会図書館デジタルコレクション
  3. ^ 絵とき 土木法規早わかり 、1996年、間 風太郎 (著), 建設技術教育研究所 (編集) オーム社
  4. ^ 土木法規と日常生活の関連性に関する調査・研究
  5. ^ 例えば、建築法規 (建築職業訓練教材研究会編)、「建築法規」はどんな科目?工業377 建築法規 実教出版高等学校教科書


「法規」の続きの解説一覧

法規

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/01 18:55 UTC 版)

炭酸飲料」の記事における「法規」の解説

日本では炭酸飲料品質表示基準」(平成12年12月19日農林水産省告示第1682号)によって、「炭酸飲料」について、飲用適した二酸化炭素圧入したもの、及び、これに甘味料酸味料、フレーバリング等を加えたものと定義している(果実飲料酒類医薬品除かれる)。

※この「法規」の解説は、「炭酸飲料」の解説の一部です。
「法規」を含む「炭酸飲料」の記事については、「炭酸飲料」の概要を参照ください。


法規

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/14 03:24 UTC 版)

監察医」の記事における「法規」の解説

死体解剖保存法定義され伝染病中毒または災害により死亡した疑いある死体、その他死因明らかでない死体異状死体一部)について、検案、または検案によっても死因判明しない場合には解剖を行うことでその死因明らかにし、また公衆衛生の向上を図っている。 犯罪疑いある死体を解剖する司法解剖は、刑事訴訟法に基づいて行われ監察医本来の業務ではなく一般に司法解剖は、裁判所大学法医学教室嘱託して行われる(ただし、東京都監察医務院では、例外的に司法解剖行っている)。

※この「法規」の解説は、「監察医」の解説の一部です。
「法規」を含む「監察医」の記事については、「監察医」の概要を参照ください。


法規

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/07/06 04:17 UTC 版)

検察官・公証人特別任用等審査会」の記事における「法規」の解説

国家行政組織法第8条に基づき法務省組織令第59条・第61条および検察官・公証人特別任用等審査会令の規定により法務省設置される審議会等

※この「法規」の解説は、「検察官・公証人特別任用等審査会」の解説の一部です。
「法規」を含む「検察官・公証人特別任用等審査会」の記事については、「検察官・公証人特別任用等審査会」の概要を参照ください。


法規

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/07 06:29 UTC 版)

衛視」の記事における「法規」の解説

日本の国会における「衛視」とは、衆参両議院議院事務局置かれる国会職員一種である。議院事務局長である事務総長により、衆議院・参議院参事中から命ぜられ、国会法114条により付与される内部警察権執行など、各議院紀律保持のための警務従事する設置の根拠法である議院事務局法上では事務総長参事中から衛視長」「衛視副長」「衛視」を命ずるとあるように、衛視呼称警務職務とする参事のうち最も初歩的な事務つかさどる最下級階級の名称である。一方それとともに、「衛視長等まで含めた警務を行うすべての参事を指す場合にも「衛視」の語は用いられる

※この「法規」の解説は、「衛視」の解説の一部です。
「法規」を含む「衛視」の記事については、「衛視」の概要を参照ください。


法規

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/21 15:32 UTC 版)

押し屋」の記事における「法規」の解説

鉄道営業法第26条は、「鉄道係員旅客ヲ強ヒテ定員ヲ超エ車中乗込マシメタルトキハ三十円以下ノ罰金又ハ科料ニ処ス」と規定する第183回国会安倍内閣示した見解によれば、この規定は2013年現在でも効力有する。ただし、罰金等臨時措置法第2条第1項により、「三十円以下ノ罰金」は「二万円以下ノ罰金」と読み替える。 同内閣見解によれば同法第26条は、「鉄道係員利用者意思に反して強制的に当該利用者定員を超えている車両乗車させる行為に対して罰則適用することを定めているものである」。したがって、押し屋が、超満員車両に乗り込む意思のない利用者強制的に押し込んだ場合鉄道営業法違反などの問題生ず可能性がある

※この「法規」の解説は、「押し屋」の解説の一部です。
「法規」を含む「押し屋」の記事については、「押し屋」の概要を参照ください。


法規

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/03 22:37 UTC 版)

検視」の記事における「法規」の解説

刑事訴訟法229条によって、変死者または変死の疑いのある死体変死体異状死体の場合、検察官検視を行う。また、同条2項によって検察事務官または司法警察員にこれを代行させることができる(司法警察員が行検視代行検視という)。 検視規則5条では、必ず医師立ち会い求め死体検分しなければならないとなっている。

※この「法規」の解説は、「検視」の解説の一部です。
「法規」を含む「検視」の記事については、「検視」の概要を参照ください。


法規

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/09 14:10 UTC 版)

軽トラック」の記事における「法規」の解説

軽トラック及び軽自動車は、地面からの高さが2.0 mを超えてはならない道路運送車両法定められているが、赤帽用など、幌付きで高さが2.0 mを超え個体見ることがある。これに関しては、例えば、ねじにより取り付けられる幌などは「自動車部品装着した場合構造等変更検査等における取扱いについて(依命通達)」(平成7年11月16日付け運輸省自動車交通局長通達自技第234号・自整第262号)(PDF P23-29)に規定される簡易的取付による指定外部品”の扱いになり、幌は地面から3.8mまでの高さで設置可能である。よって幌の高さが2.0 mを超えても問題はない。だだし、軽トラック載せる荷物の高さは、道路交通法で2.5mまでに制限されるため、注意が必要である(例えば幌付き全高3.8mの軽トラックでも、荷物の高さが地面から2.5m以上になった状態で走行する道路交通法違反となる)

※この「法規」の解説は、「軽トラック」の解説の一部です。
「法規」を含む「軽トラック」の記事については、「軽トラック」の概要を参照ください。


法規

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/16 19:58 UTC 版)

中国人民銀行」の記事における「法規」の解説

中華人民共和国中国人民銀行法」によって規定され設置されている。8章53条から構成され1995年3月第八全国人民代表大会採択された。その後2003年12月第十全国人民代表大会一部改正されている

※この「法規」の解説は、「中国人民銀行」の解説の一部です。
「法規」を含む「中国人民銀行」の記事については、「中国人民銀行」の概要を参照ください。


法規

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/19 04:38 UTC 版)

スクールバス」の記事における「法規」の解説

道路交通法第七十一条二の三にて、乗降中の通学通園バス車両等で通過する際には、徐行義務付けられている。 道路運送車両の保安基準第十八条9にて、小中学校幼稚園保育所特別支援学校などの送迎専従される乗車定員11人以上のバスには、車体前後左右標識表示義務付けられている。 また、幼児専用車に関しては、定員関らず下の保安基準定められている。 補助席禁止第二十二条6) シートベルト免除第二十二条の三) 通路設置第二十三条2) 立席禁止第二十四条左側面に幼児向け乗降口第二十四条2、第二十四条6) 非常口設置第二十六条消火器設置第四十七条

※この「法規」の解説は、「スクールバス」の解説の一部です。
「法規」を含む「スクールバス」の記事については、「スクールバス」の概要を参照ください。


法規

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/14 06:23 UTC 版)

市民科学」の記事における「法規」の解説

2015年3月ワイオミング州新法(州上院法案12および80)を成立させ、合衆国政府科学プログラムの一環として調査行っている場合であっても不法侵入に関する法が適用されることを明確にした。法制化きっかけは、民間環境団体水質調査のために私有地無断侵入したという訴訟問題であった法律に関するニュースサイト『コートハウス・ニュース・サービス』はこの件をワイオミング市民科学非合法化」という見出しで伝えた

※この「法規」の解説は、「市民科学」の解説の一部です。
「法規」を含む「市民科学」の記事については、「市民科学」の概要を参照ください。


法規

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/30 10:16 UTC 版)

省エネルギー」の記事における「法規」の解説

エネルギーの使用の合理化等に関する法律により、各種措置定められている。 エネルギー使用合理化判断基準: 各種手法適用方法示されている。 エネルギー管理指定工場 : 一定以上のエネルギー使用する工場・事業所の行うべきことが定められている。 エネルギー管理士エネルギー管理員 : エネルギー管理指定工場でのエネルギー管理を行う資格

※この「法規」の解説は、「省エネルギー」の解説の一部です。
「法規」を含む「省エネルギー」の記事については、「省エネルギー」の概要を参照ください。


法規

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/24 03:33 UTC 版)

オートバイ」の記事における「法規」の解説

普通自動車免許を取得する際、追加講習を受けることで小型自動二輪車当の免許同時に取得できる国もある。

※この「法規」の解説は、「オートバイ」の解説の一部です。
「法規」を含む「オートバイ」の記事については、「オートバイ」の概要を参照ください。


法規

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/05 00:58 UTC 版)

モペッド」の記事における「法規」の解説

原動機付自転車」も参照 日本では登場初期においては軽車両扱い運転免許不要であったが、1960年昭和35年)の道路交通法施行以降は16歳以上を対象とする免許制となっている。 ヨーロッパで近年まで許可証取得または車両登録のみで運転でき、運転免許必要ない国が多かったことから日本よりも普及し、他カテゴリオートバイと比べて欧州メーカー製品割合が高い。なお2013年1月19日より、全てのEU加盟国で「Moped」(設計上の最高速度25 km/h45 km/h下のオートバイ)の運転にはAM運転免許が必要となった日本の公道運用するためには、国土交通省定め道路運送車両車両保安基準に基づき、以下の部品装備することが義務づけられている前照灯ヘッドランプ警音器ホーン後部反射器赤色番号灯(ナンバープレートランプ) 後写鏡リアビューミラー速度計スピードメーター尾灯制動灯(テールランプおよびブレーキランプ方向指示器ターンシグナルランプこのうち速度計尾灯制動灯、方向指示器については、構造により平地での最高速度20 km/h未満となる車両について義務とはならない。ただし道路交通法により、方向指示器制動灯を装備していない車両であっても手信号で合図を行うことが義務づけられているまた、エンジン始動せずにペダルでこいで運転する場合でも「原付運転する扱い」になるのでヘルメット着用などが義務づけられ、車道走行しなければいけない。

※この「法規」の解説は、「モペッド」の解説の一部です。
「法規」を含む「モペッド」の記事については、「モペッド」の概要を参照ください。


法規

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/06 14:45 UTC 版)

行政解剖」の記事における「法規」の解説

狭義行政解剖は、死体解剖保存法8条に基づき都道府県知事設置する監察医が行死体解剖を指す。この場合死体解剖保存法7条3号同法2条1項3号規定により遺族承諾は必要とされない監察医置かれるのは、「監察医を置くべき地域定め政令昭和24年12月9日政令385号)」により、東京23区大阪市横浜市名古屋市及び神戸市となっている。 広義の行政解剖は、死体解剖保存法2条1項に基づき行われる死体解剖の内、司法解剖病理解剖除いたものを言うが、法律上は、病理解剖広義の行政解剖間に明確な線引きはない。解剖を行うのが監察医限らない点が狭義行政解剖異なる。広義の行政解剖のうち、(1)狭義行政解剖(2)食品衛生法592項規定による解剖(3)検疫法132項後段規定該当する解剖以外は、死体解剖保存法7条により遺族承諾必要である(ただし、遺族所在不明な場合などでは例外がある)。監察医置いていない地域では、県警察本部が「行政解剖実施要綱」を定めているケースが多い。 関連法規には食品衛生法検疫法等がある。

※この「法規」の解説は、「行政解剖」の解説の一部です。
「法規」を含む「行政解剖」の記事については、「行政解剖」の概要を参照ください。


法規

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/07 04:56 UTC 版)

保健師」の記事における「法規」の解説

保助看法2条規定され、「保健師とは厚生労働大臣免許を受けて保健師の名称を用いて保健指導従事することを業とする者」と明記されている。

※この「法規」の解説は、「保健師」の解説の一部です。
「法規」を含む「保健師」の記事については、「保健師」の概要を参照ください。


法規

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/11 08:12 UTC 版)

会計検査院」の記事における「法規」の解説

設置は以下の法規に基づいている。

※この「法規」の解説は、「会計検査院」の解説の一部です。
「法規」を含む「会計検査院」の記事については、「会計検査院」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「法規」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

法規

出典:『Wiktionary』 (2021/08/03 05:32 UTC 版)

名詞

ほうき

  1. 憲法法律命令規則、特に国民権利義務に関する法規範のこと。

発音(?)

ほ↘ーき

翻訳

関連語


「法規」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



法規と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「法規」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



法規のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの法規 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの炭酸飲料 (改訂履歴)、監察医 (改訂履歴)、検察官・公証人特別任用等審査会 (改訂履歴)、衛視 (改訂履歴)、押し屋 (改訂履歴)、検視 (改訂履歴)、軽トラック (改訂履歴)、中国人民銀行 (改訂履歴)、スクールバス (改訂履歴)、市民科学 (改訂履歴)、省エネルギー (改訂履歴)、オートバイ (改訂履歴)、モペッド (改訂履歴)、行政解剖 (改訂履歴)、保健師 (改訂履歴)、会計検査院 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの法規 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS