ドアカットとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 建物・施設 > 施設 > > 鉄道駅 > ドアカットの意味・解説 

ドアカット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/09/18 21:19 UTC 版)

ドアカット(和製英語: door + cut)は、鉄道駅において列車の一部のドアを開けず、限られた車両またはドアからのみ乗降させる措置のこと。ドア非扱い扉非扱いともいう。JR部内では一般的に、ドア締切扱いと呼んでいる。


  1. ^ 道路と鉄道の立体交差化”. 名古屋市 (2012年7月23日). 2015年9月27日閲覧。
  2. ^ 一般国道302号及び都市計画道路守山本通線と名古屋鉄道瀬戸線との立体交差事業”. 名古屋市 (2014年4月4日). 2015年9月27日閲覧。
  3. ^ 下りは名古屋駅で後方3両(1編成)を切り放し、6両で運転


「ドアカット」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ドアカット」の関連用語

ドアカットのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ドアカットのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのドアカット (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS