京浜急行電鉄とは?

Weblioカテゴリー/辞書と一致するものが見つかりました。


京浜急行電鉄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/10 15:29 UTC 版)

京浜急行電鉄株式会社(けいひんきゅうこうでんてつ、: Keikyu Corporation)は、東京都港区に本社を置く大手私鉄である。略称は「京急(けいきゅう)」。




注釈

  1. ^ 東京都交通局の管理駅(都営地下鉄浅草線との共同使用駅)であるため。
  2. ^ 2005年から2017年10月まで。その間、乗務員は登用試験の合格者が電鉄本体に転籍、教習を経て業務に就いていた。
  3. ^ 「京浜急行電鉄株式会社」の直訳。
  4. ^ 同じく関東の大手私鉄東京急行電鉄(略称:東急)もかつて公式通称は「東京急行」だったが、現在は「東急電鉄」となっている。
  5. ^ 京急蒲田、京急川崎、京急新子安、京急鶴見、京急富岡、京急田浦、京急大津、京急久里浜、京急長沢、京急安浦(現・県立大学)が該当。
  6. ^ 『京浜電気鉄道株式会社沿革』にも本社ノ事業ノ一段落ヲ告ゲタルモノと記述『京浜電気鉄道株式会社沿革』
  7. ^ 東邦電力系。現在の東京電力とは別。
  8. ^ 割引用manaca、障がい者用nimoca、割引用はやかけんは相互利用対象外。
  9. ^ 従来の誘導無線式列車無線(IR無線)との併用。
  10. ^ CTC久里浜線大師線のみ導入。また、近接駅により遠隔操作される駅もある。
  11. ^ 2014年に横浜金沢プロパティーズへ商号変更後、2016年に東京急行電鉄に吸収合併され解散した。
  12. ^ 京阪電気鉄道の場合は逆に白地から黒地白抜き文字表示に変更している。
  13. ^ ただし、京急線に他事業者のボルスタレス台車装備車が入線したことはあり、2013年11月から2014年1月にかけて同方式の台車を装備する東京都交通局E5000形電気機関車が終電後の深夜に京急ファインテック久里浜事業所まで自力走行で入線している。
  14. ^ 三崎エリア全体の施設・店舗の混雑や交通規制に伴うバスの運行中断・経路変更などを考慮しての措置。
  15. ^ 中学生以下は記念艦「三笠」の入場料が無料であるため。
  16. ^ 2018年4月7日深夜(翌8日未明)の土曜深夜(日曜未明)から新規。

出典

  1. ^ 単元株式数の変更,株式併合および定款の一部変更に関するお知らせ 2017年5月22日
  2. ^ 三浦半島に訪日客呼べ/京急創立120周年、新収益源に/「ドル箱路線」競合激化 知名度向上に種まき『日経産業新聞』2018年3月8日(食品・日用品・サービス面)。
  3. ^ 首都圏私鉄「脱自前」の波 京急と日本旅行、観光で提携『日本経済新聞』朝刊2018年5月17日(企業1面)2018年6月4日閲覧。
  4. ^ グループ事業のご案内京浜急行電鉄 企業・IR情報(2018年3月16日閲覧)
  5. ^ 京急、沿線の空き家対策、独居高齢者宅を将来転貸日本経済新聞』朝刊2017年10月12日(東京面)
  6. ^ 京急や湘南信金、空き家対策で連携 顧客網など活用『日本経済新聞』朝刊2018年3月14日(首都圏経済面)
  7. ^ 京急電鉄、本社を横浜MM21に新設へ 東京から移転 - 日本経済新聞、2016年3月29日
  8. ^ みなとみらい21 中央地区56-1 街区における事業予定者への決定に関するお知らせ (PDF) - 京浜急行電鉄、2016年3月28日
  9. ^ a b 英文会社名の変更に関するお知らせ (PDF)”. IRニュース. 京浜急行電鉄 (2010年10月19日). 2013年6月4日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年1月13日閲覧。
  10. ^ a b 京浜急行電鉄株式会社社史編集班(編) 『京浜急行八十年史』 京浜急行電鉄、1980年、292-293頁。
  11. ^ a b 京浜急行電鉄株式会社 総務部 (2016年2月). “京急電鉄の「紋章」と「ロゴ・スローガン」について (PDF)”. SUBWAY 日本地下鉄協会報 第208号. 日本地下鉄協会. pp. 46-47. 2018年10月6日閲覧。
  12. ^ 京急グループ会社要覧 2018-2019”. 京浜急行電鉄. p. 87. 2018年10月6日閲覧。
  13. ^ 『京浜電気鉄道株式会社沿革』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  14. ^ 「黎明期の京浜電車」寺島京一、鉄道ファン1967年1月・67号
  15. ^ 『京浜電気鉄道株式会社沿革』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  16. ^ 『京浜電気鉄道株式会社沿革』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  17. ^ 『京浜電気鉄道株式会社沿革』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  18. ^ 『京浜電気鉄道株式会社沿革』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  19. ^ “京急が12月20日 前倒し導入”. 交通新聞 (交通新聞社): p. 3. (2000年11月2日) 
  20. ^ a b “当社久里浜線延伸区間[三崎口〜油壺(仮称)間]の免許一旦取下げについて” (プレスリリース), 京浜急行電鉄, (2005年10月7日), オリジナル2005年12月12日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20051212235606/http://www.keikyu.co.jp/press/2005/20051007.html 2016年3月19日閲覧。 
  21. ^ セブン-イレブン・ジャパンと京浜急行電鉄株式会社 駅売店のセブン-イレブン展開で業務提携”. 報道発表資料. 京浜急行電鉄 (2009年9月30日). 2010年1月11日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年6月22日閲覧。
  22. ^ 台湾鉄路管理局と京急電鉄が友好鉄道協定を締結 (PDF)”. ニュースリリース. 京浜急行電鉄 (2015年2月18日). 2015年4月5日閲覧。
  23. ^ 鉄道ピクトリアル』2017年8月号 (No.935) p238 - p239、電気車研究会
  24. ^ a b c d 森口誠之『鉄道未成線を歩く〈私鉄編〉』JTB、2001年、pp.73-78,185
  25. ^ 棚卸資産評価損および減損損失の計上に関するお知らせ (PDF)”. 京浜急行電鉄 (2016年3月16日). 2016年3月16日閲覧。
  26. ^ 森口誠之『鉄道未成線を歩く〈私鉄編〉』JTB、2001年、p.185
  27. ^ 京浜急行電鉄株式会社 - 日本民営鉄道協会、2016年7月25日閲覧
  28. ^ 京急グループ会社要覧2015-2016 (PDF) 2016年12月12日閲覧・2014年度の乗降人員
  29. ^ 京急グループ会社要覧2014-2015 (PDF) 2016年12月12日閲覧・2013年度の乗降人員
  30. ^ 京急電鉄による電車を利用した新たな沿線活性化の取り組み「貸切イベント列車」の販売を開始します” (2017年9月25日). 2017年12月23日閲覧。
  31. ^ 野月貴弘 「気になる貫通構造 新1000形1800番台」 「鉄道ファン」 2016年10月(通巻666)号 102頁 - 105頁。
  32. ^ 「京浜急行電鉄新1000形16次車」「鉄道ピクトリアル」2017年2月(通巻928)号 93頁。
  33. ^ 新1000形!約11年ぶりに新造車を全面塗装!赤と白で“京急らしさ”復活! (PDF)”. 京急電鉄 (2017年11月29日). 2017年12月15日閲覧。
  34. ^ (フォーカス台湾)京急カラーの特別塗装車両が出発進行 台湾鉄道
  35. ^ (繁体字中国語)(自由時報)披京濱紅色電車塗裝 台鐵阿福號奔馳北台
  36. ^ (京急ニュースリリース)台鉄×京急 友好鉄道協定締結企画 台鉄で京急の赤いラッピング列車が運行します
  37. ^ a b 道平隆「京急のスピードアップと2灯明滅信号」、『鉄道と電気技術』8巻4号、一般社団法人日本鉄道電気技術協会、1997年4月、61-63頁。ISSN 0915-9231
  38. ^ 鉄道ピクトリアル』2017年8月号 (No.935) p58 - p61、電気車研究会
  39. ^ 京浜急行線の連続立体交差事業と関連する街路事業 - 大田区
  40. ^ 事業区間の全線高架化 - 大田区
  41. ^ 『鉄道ピクトリアル』2017年8月号 (No.935) p192 - p197、電気車研究会
  42. ^ 【羽田空港アクセスガイド】おトクなきっぷ
  43. ^ 全国17空港に設置“けいきゅん”型自動券売機できっぷを買うとマイルが貯まる「京急ANAのマイルきっぷ」新発売(京急グループのお知らせ) - 京浜急行電鉄(2016年3月14日付、2016年4月30日閲覧)
  44. ^ 京急羽田・ちか鉄共通パス - 京浜急行電鉄
  45. ^ 「京急&東京スカイツリー周辺散策フリーきっぷ」の発売終了について(京急グループのお知らせ) - 京浜急行電鉄(2014年2月25日付、2014年7月12日閲覧)
  46. ^ 3月26日(月)から【西武鉄道×京急電鉄】相互ラッピング電車を運行! - 京浜急行電鉄、2012年3月21日
  47. ^ 大阪モノレール1000系に京急のラッピング”. railf.jp(鉄道ファン). 交友社 (2017年10月14日). 2018年4月26日閲覧。
  48. ^ 2月8日(木)沖縄「ゆいレール」に「京急ラッピング車両」が登場!”. 京浜急行電鉄 (2018年1月22日). 2018年3月30日閲覧。
  49. ^ a b 2月10日(土)から京急カラーの車両が九州を走ります!”. 京浜急行電鉄 (2018年2月9日). 2018年4月22日閲覧。
  50. ^ naganyan_netの2018年2月22日のツイート2018年4月23日閲覧。
  51. ^ 鹿児島市交9504号車が京急2100形カラーに”. railf.jp(鉄道ファン). 交友社 (2018年2月21日). 2018年4月23日閲覧。
  52. ^ 4月16日(月)から高松琴平電気鉄道「京急ラッピング車両」運行開始!”. 京浜急行電鉄 (2018年4月10日). 2018年4月22日閲覧。
  53. ^ 4月23日(月)から「京急電鉄の車両が広島電鉄に登場!?」”. 京浜急行電鉄 (2018年4月20日). 2018年4月22日閲覧。
  54. ^ 京急初の“萌えキャラ”で「京急検定」アピール - オリコンキャリア(2009年3月13日付、2012年7月22日閲覧)
  55. ^ 萌えキャラ“ドレミたん”がクールに変身! - Walker Plus(東京ウォーカー、2009年5月31日付、2012年7月22日閲覧)
  56. ^ 大好評につき問題等一新!!京急検定 最終回を実施(報道発表資料) - 京浜急行電鉄(2009年7月28日付)[リンク切れ]
  57. ^ 『けいきゅう♪ドレミたん』マグカップ付プラン(朝食付)(トップページ内「人気のプランをご紹介」) - 京急EXイン浅草橋駅前(2012年7月22日閲覧)
  58. ^ 京急電鉄のマスコットキャラクター誕生!! 「開業1周年記念祭」の詳細発表(ニュースリリース) - 京浜急行電鉄(2011年10月14日付、2012年7月22日閲覧)
  59. ^ 京急電車マスコットキャラクターの名前が「けいきゅん」に決まりました(京急グループのお知らせ) - 京浜急行電鉄(2011年12月15日付、2012年7月22日閲覧)
  60. ^ カラオケルームに京急電鉄の車両を再現!車掌マイクで乗務員になりきり!「京急電鉄カラオケルーム」が、7月20日にJOYSOUND品川港南口店にオープン!(京浜急行電鉄プレスリリース、2017年10月5日閲覧)
  61. ^ 駅名看板を「京急かぁまたたたたーっ駅」などに特別装飾します(京浜急行電鉄プレスリリース、2018年7月19日閲覧)
  62. ^ ベンチャー企業への出資枠を新設します 京急電鉄はオープンイノベーションを推進します京浜急行電鉄ニュースリリース(2018年3月20日)2018年6月4日閲覧。
  63. ^ 「ベンチャー出資枠 新設/京急、総額1億円 沿線の魅力向上に」日経産業新聞』2018年5月8日(住建・不動産面)2018年6月4日閲覧。







固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「京浜急行電鉄」の関連用語

1
96% |||||

2
96% |||||

3
96% |||||

4
96% |||||

5
96% |||||

6
96% |||||

7
96% |||||

8
96% |||||

9
96% |||||

10
96% |||||

京浜急行電鉄のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



京浜急行電鉄のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの京浜急行電鉄 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS